仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ソラミツ株式会社とNational Settlement Depository(ロシア連邦証券保管振替機関)は、D3ledgerを共同設立し、ソラミツがオリジナル開発者であるブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」を活用した分散型デジタル証券保管振替プラットフォームを開発し、仮想通貨などの暗号資産のグローバルな預託サービスの試験運用を開始しました。

目次

  • モスクワ証券取引所グループ企業に、ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」が採用
  • ソラミツについて

モスクワ証券取引所グループ企業に、ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」が採用

ソラミツ株式会社とNational Settlement Depository(ロシア連邦証券保管振替機関)は、D3ledgerを共同設立し、ソラミツがオリジナル開発者であるブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」を活用した分散型デジタル証券保管振替プラットフォームを開発し、仮想通貨などの暗号資産のグローバルな預託サービスの試験運用を開始しました。10月16日には、AddCapital Investment Fundが本サービスの試験利用を開始。本サービスのブロックチェーンサーバーは、NSD、KDD(スロベニア証券保管振替機関)、Lykke(スイスの仮想通貨交換所)に設置されています。

D3ledgerは、ソラミツとオープンソースコミュニティによって構築されたHyperledger Iroha(いろは)ブロックチェーンを活用して、セキュアで分散型の預託決済サービスを提供します。 Hyperledger Iroha(いろは)は、分散台帳技術に基づく資産のトークン化を可能にし、高いレベルの信頼とセキュリティを提供します。 D3ledgerのネットワークは、YAC(ソラミツが開発した合意形成アルゴリズムで、1日に2,000,000件以上の保管と決済の処理が可能。)に基づいて構築されています。

D3ledgerの共同設立者である武宮誠氏(ソラミツ共同最高経営責任者)は、「本サービスは、金融機関が資産を預託する上で、分散かつ安全な最良の方法です。今後、世界中の金融機関が暗号資産の取り扱いを拡大することに貢献するでしょう。」と述べています。

岡田隆氏(ソラミツ共同最高経営責任者)は「本サービスは、暗号鍵の信頼性を向上させ、鍵の紛失時でも仮想通貨やトークンなどのデジタル金融資産の所有権を回復する能力をもたらします。」と述べています。

ソラミツについて

ソラミツ株式会社は、オリジナル開発者としてブロックチェーンHyperledger Iroha(いろは)を開発し、2016年10月にHyperledgerプロジェクトに採択されました。現在はオープンソースコミュニティとともにブロックチェーンや関連ソリューションの開発を行っているフィンテックスタートアップ企業です。ソラミツはブロックチェーン技術を活用した、デジタルアイデンティティやデジタル資産を管理するための安全で便利な方法を開発することを目指しています。なお、ソラミツは、Decentralized World Economic System “Sora(XOR)”の開発にも取り組んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧