仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

富士通は一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が行う、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を利用した資金決済システムへのブロックチェーン技術の活用可能性に係る実証実験について、アプリケーション開発ベンダーとして採用されたことを発表しました。

富士通、ブロックチェーン技術を活用した新たな銀行間決済の実証実験を実施

富士通は一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が行う、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を利用した資金決済システムへのブロックチェーン技術の活用可能性に係る実証実験について、アプリケーション開発ベンダーとして採用されたことを発表しました。

本実証実験では、理事銀行の参加のもと、銀行間資金決済専用のデジタル通貨(決済用デジタル通貨)を用い、小口取引を対象とした即時決済(RTGS)方式による、経済効率の高い新たな銀行間資金決済の仕組みに係る機能検証を行うとともに、ブロックチェーン技術の有用性について確認します。

富士通は、本実証実験のICT基盤である新銀行間決済プラットフォームをブロックチェーンによって構築・提供を行うとともに、2017年度にメガバンク3行と開発を行ったP2P送金プラットフォームを活用し、銀行間資金決済のトリガーとなる他行宛送金取引を発生させることで、本実証実験のサポートを実施します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧