仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨損益計算ソフト「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partnersは、「クラウド会計ソフト 会計freee」を提供するfreee株式会社と業務提携し、「Gtax」で計算した結果を「会計freee」と連携させることで確定申告をすべてオンライン上で完結させるサービスの開発に着手しました。

目次

  • 仮想通貨損益計算ソフト「Gtax」が「会計freee」と連携
  • サービス連携の概要

仮想通貨損益計算ソフト「Gtax」が「会計freee」と連携

仮想通貨損益計算ソフト「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partnersは、「クラウド会計ソフト 会計freee」を提供するfreee株式会社と業務提携し、「Gtax」で計算した結果を「会計freee」と連携させることで確定申告をすべてオンライン上で完結させるサービスの開発に着手しました。仮想通貨の確定申告の電子化・自動化を進め、仮想通貨税務におけるユーザー体験を快適にし、ブロックチェーン技術の社会実装を進めていきます。

提携の背景と意義

「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年は、個人投資家の多くにとって初めての確定申告となり、専門的知識が必要とされる確定申告書の作成や税務署への提出を自ら行うためには、膨大な手間と時間がかかっていました。『Gtax』では、仮想通貨損益を計算することができ、計算結果に基づいて確定申告を行うことが可能ですが、確定申告書の作成と申告については、自ら行うか、対応できる税理士を探す必要がありました。そこで、複雑かつ煩雑な仮想通貨による損益計算と専門的知識と労力が必要とされる確定申告書の作成や税務署への提出をシームレスに行うために、確定申告書の作成から電子申告までをクラウドで行うことができるサービス「会計freee」と「Gtax」を連携し、仮想通貨所得の確定申告をすべてWeb上で完結させるサービスの開発に着手しました。

サービス連携の概要

「G-tax」の損益計算ページ上に「会計freee」とのシームレスな連携機能を開発します。これにより、ユーザーは、両サービスを用いて、所得税の確定申告から仮想通貨の損益計算と確定申告書の作成までをオンラインで行うことが可能になります。

具体的には、「Gtax」上で作成した仕訳データについて、「会計freee」へ取込可能な形式でGtaxから出力可能になること、作成した申告書については、仮想通貨に精通した税理士に電子申告をまかせることができる「会計freee × Gtaxプラン(仮称)」を提供すること、マイナンバーカードなどお持ちの方であればfreeeによって、税務署に行くことなくオンライン上で電子申告まで完結させることが可能になるなどのメリットがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧