仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

TISインテックグループのTIS株式会社は、「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」(以下「カードコンソーシアム」)が開始する分散台帳技術(DLT)を活用した不正に関する情報の共有についての実証実験(PoC)に、開発パートナーとして参画することを発表します。

目次

  • TIS、「カード業界コンソーシアム」の分散台帳技術(DLT)を活用した不正に関する情報共有の実証実験に参画
  • 「Corda」を活用したPoCの概要
  • 将来展望

TIS、「カード業界コンソーシアム」の分散台帳技術(DLT)を活用した不正に関する情報共有の実証実験に参画

TISインテックグループのTIS株式会社は、「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」(以下「カードコンソーシアム」)が開始する分散台帳技術(DLT)を活用した不正に関する情報の共有についての実証実験(PoC)に、開発パートナーとして参画することを発表します。

今回のPoCは、カード取引における不正に関する情報を、分散台帳技術(DLT)を活用して関係者間でリアルタイムに共有することで、不正被害の拡大防止を目指すものです。PoCにおける分散台帳基盤には、TISが資本・業務提携している米国のエンタープライズ・ブロックチェーン企業である「R3 HoldCo LLC」(R3社)のプラットフォーム「Corda」を採用します。「Corda」を活用した分散台帳基盤の開発はR3社エコシステムのメンバーであるTISが担当し、セキュリティと利便性・拡張性の高い情報共有システムを構築します。

TISでは、「実証実験(POC)への参画」「戦略技術開発会社の設立」「エンジニアの育成」「ブロックチェーンベンダへの資本・業務提携」など、ブロックチェーンに関わる各種施策に取り組んでいます。今回のPoCでも、R3社との資本・業務提携による強みに加え、TISのカード業界における長年の知見を生かし、ブロックチェーン技術の実用化に貢献します。

「Corda」を活用したPoCの概要

「Corda」は、必要な当事者にのみ、必要な情報を共有することが可能という特徴を持つ分散台帳技術(DLT)です。PoCでは、参加するカード会社毎に独立した「Corda」ノードを保有し、各社毎のセキュリティポリシーを実現しながら、ノード間のデータ連携・共有を共通の「Corda」アプリケーションにて実現します。今回のPoCの対象範囲は、参加カード会社間での情報共有にとどめますが、将来的にはカード取扱加盟店や決済代行事業者(PSP)など幅広い当事者への情報共有も想定しており、これらの事業体ごとに適切な範囲・内容で情報を共有することで、不正取引の未然防止により効果を発揮します。

将来展望

分散台帳技術(DLT)は、仮想通貨の基盤技術を起点としつつも、仮想通貨への利用にとどまらず、幅広い用途において、金融機関システムの安定性と柔軟性、効率性を高める可能性を秘めています。カード業界においても、今回の不正に関する情報の共有や不正防止に限らず、本人確認や仮想通貨発行やポイント管理などの様々な用途での活用が見込まれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧