仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

スタートバーン株式会社は、丹青社、BTCompany、タグボート、busunit(バスユニット)、アマトリウムをはじめとする国内数社と共同でブロックチェーンを活用したアート市場活性化プロジェクト「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」のプロジェクトを順次開始します。

目次

  • スタートバーン、ブロックチェーン活用によるアート市場活性化の取り組みを国内数社との提携により開始
  • 「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」構想とメリットについて

スタートバーン、ブロックチェーン活用によるアート市場活性化の取り組みを国内数社との提携により開始

スタートバーン株式会社は、丹青社、BTCompany、タグボート、busunit(バスユニット)、アマトリウムをはじめとする国内数社と共同でブロックチェーンを活用したアート市場活性化プロジェクト「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」のプロジェクトを順次開始します。2019年4月の全世界に向けたWhitepaper公開・MainNet公開に向けて、事業面・技術面でのプロジェクトを各社と取り組んでいきます。

アート市場について

約7.6兆円の巨大市場である世界のアート市場は、大手ギャラリーやオークションハウスを中心に形成されたマーケットであるとも言えます。このマーケットにおいては作品の価値を担保する証明書や来歴管理が重要となりますが、現在も紙やアナログによるやり取りが主流であるが故に、実際の売買においては機会損失なども生じている状況です。

「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」構想とメリットについて

アート・ブロックチェーン・ネットワークは、あらゆる主体が発行した作品証明書や来歴の管理を「スマートコントラクト」によって作品流通時の規約遵守もパブリックチェーン上で実現する情報ネットワークです。アート・ブロックチェーン・ネットワークの構築はスタートバーンによって進めており、2018年9月28日にTESTNET上に公開し、既に証明書の発行・権利の移転が可能な状態になっています。

提携各社の紹介と、アート・ブロックチェーン・ネットワーク上で予定するプロジェクト概要

・株式会社丹青社 
来春より開始の、日本のアート・工芸作品を世界で販売・流通が可能なプラットフォーム 「B-OWND(ビーオウンド)」におけるブロックチェーン技術の活用。
https://www.b-ownd.com

・株式会社BTCompany(ウェブメディア「美術手帖」運営会社)
2019年春に開始予定のギャラリー参加型アートECサービス「OIL by 美術手帖」において、ブロックチェーン証明書の活用に向けた検討と段階的な検証を実施。
https://bijutsutecho.com/

・タグボート
アジア最大級のアートEC通販サイト「@GALLERY TAGBOAT」でのブロックチェーン証明書 サービス展開に向けたサービス・技術両面での協議
http://tagboat.com

・株式会社busunit 
作品の買取とニューパトロンへのアート作品の購入提案(所有権分割購入提案)、作品の展示提案 及び保険サービスを行う「Tokura」上にてブロックチェーン証明書発行を活用する。
http://busunit.jp

・アマトリウム株式会社
美術品のデジタル化及びその作品の流通管理において、スタートバーンが提供するブロックチェーンAPI及びスマートコントラクトによる所有権証明書の活用。
http://amatorium.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧