仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

教育コンサルティング&クラウドサービス事業を行う株式会社サマデイは、ソニー・グローバルエデュケーションとの連携により、2019年2月より、自社が開発するSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」へのブロックチェーン技術の導入実証を開始することとなりました。

目次

  • Feelnoteがブロックチェーン技術を活用したeポートフォリオにソニー・グローバルエデュケーションと連携
  • 内容

Feelnoteがブロックチェーン技術を活用したeポートフォリオにソニー・グローバルエデュケーションと連携

教育コンサルティング&クラウドサービス事業を行う株式会社サマデイは、ソニー・グローバルエデュケーションとの連携により、2019年2月より、自社が開発するSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」へのブロックチェーン技術の導入実証を開始することとなりました。

学習者が学び、活動する場は、学校等の公教育機関に限らず個別化・多様化しています。ところが、これらの経験の真正性を証明することは公教育機関の外においては困難な状況があります。そこで、Feelnoteは、学習者それぞれの固有の活動記録の信用性を保証する教育プラットフォームとして機能するため、ブロックチェーン技術を活用することを決定しました。Feelnoteは、「eポートフォリオ作成システム」として特許を取得しており、現在約70の教育機関(小中高大)が利用しているeポートフォリオサービスです。

背景

個人の学びの場は学校や大学といった既存の教育機関の中に限らず、課外で自主的に行う学習、活動、研究等、より個別的で多様なものとなっています。例えば、インターネットを使った学習プログラムを活用すれば、時間や場所を選ばず自由に学ぶことができ、一人一人の状況や興味・関心に適した学習を推進することが可能となります。ところが、これらの課外における学習・活動の履歴については、公教育機関の試験や評価等を受けることができないため、その内容や成果を個人レベルで証明することは困難です。

これまでは、学校の成績や学校歴や偏差値などが本人の学習履歴を知る手がかりとなってきましたが、これからは、その枠組みを越えて、個々人が個別的に学び、行動した内容そのものを認識でき、評価できるようにする手段が求められます。このことは、学習者の学びの選択肢を大きく広げることにもつながります。

そこで、様々な学びのプロセスの記録を学習者自身の財産としてとりためることのできる「eポートフォリオ」が重要な役割を果たすこととなり、サマデイは学習者中心のeポートフォリオとして、SNS型eポートフォリオ「Feelnote」を開発し2016年よりサービスをスタートしました。Feelnoteは、現在、文部科学省/JASSO「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の高校生・大学生のほか、全国約70校の小中高大の約4万人に利用されています。

そして、このたび、サマデイは、Feelnoteに記録される多様な学習や活動が、確かにその本人の行ったものであることの信用性をいっそう高めるため、ソニー・グローバルエデュケーションとの連携により、新たにFeelnoteにブロックチェーン技術を導入することを決定し、2019年2月よりその実証を行うことなりました。

内容

今回のブロックチェーン実証は、まずはFeelnoteを利用する学校の中の特定の学校の生徒を対象として行われます。その内容は下記の通りです。

1、Feelnoteにユーザーがライフログ(活動記録)を投稿すると、投稿ごとに一意のハッシュ値を、Feelnoteからソニー・グローバルエデュケーションが運営するブロックチェーンに書き込みます。

2、ブロックチェーンに登録されると、その時点で、その本人が確かに投稿した情報であることが保証されます。

3、Feelnoteのユーザーは、Feelnoteの機能によって、これらの保証付ライフログの中から任意の記録を用いて、自身の活動のストーリーをまとめたポートフォリオを作成することができます。

4、作成されたポートフォリオを見る教員や大学・企業等の評価者は、ブロックチェーンにより、その真正性を確認することができます。

これにより、評価者は学習者の活動記録の追跡調査や事実確認を行うことなく、即座に真正性を確かめることができるようになります。それだけでなく、これまではデータの真正性を保証する方法の一つとして、公的機関等が中央集権型でデータ管理を行わざるを得ない状況でしたが、ブロックチェーンの利活用により、個人が一定の信用性を担保された環境下で自身のパーソナルデータを管理することができるようになり、「データポータビリティ」を実現するための取り組みともなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧