ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第5弾として、「KYC」のオープンソースを2017年10月18日(水)より公開しました。

目次

  • GMOインターネット、本人確認を簡単・スピーディーに行える「KYC」を公開
  • KYCの仕組みなど
  • さまざまなプログラムが公開されている「GMOブロックチェーンOSS」

GMOインターネット、本人確認を簡単・スピーディーに行える「KYC」を公開


GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第5弾として、「KYC」のオープンソースを2017年10月18日(水)より公開しました。

KYC(Know Your Customer)とは、新規に口座開設する際に銀行側から要求される、顧客本人の身元確認における書類手続きの総称です。今回オープンソースとして公開する「KYC」は、これをブロックチェーン上で実現することで、本人確認にかかる人的・金銭的コストの削減が実現できるプログラムです。

現在「GMOブロックチェーンOSS」では、この仕組みの実用化に向けて、GMOグローバルサイン株式会社と共同で、認証事業者向けのスマートフォンアプリの開発および実証実験の準備を進めています。

KYCの仕組みなど


KYCの仕組みは、アドレスと対になった「鍵」の所有者しか処理できないという、ブロックチェーンの特徴を活かしたものです。利用者が認証事業者によって身元等が認証済みの個人情報を、本人のブロックチェーンアドレス(公開鍵)と関連付けてブロックチェーン上に記録しておくことで、銀行などのサービス登録時に必要となる本人確認を、簡単かつスピーディーに行える仕組みとなっています。

一度認証事業者を通じて本人認証を行っておけば、銀行の口座開設や、クレジットカードの作成、トークン取引所での取引開始といった本人確認が必要なシーンにおいて、利用者が提供を承諾した個人情報と、ブロックチェーン上に記録された情報を照合する形で本人確認が行えるため、これまで書面の送付等による本人確認で負担となっていた作業と金銭的なコストを削減することができます。

なお、ブロックチェーン上には個人情報は保存されず、ハッシュ値だけが記録されるため、ブロックチェーン上から個人情報が漏洩するようなこともありません。

さまざまなプログラムが公開されている「GMOブロックチェーンOSS」

GMOブロックチェーンOSSは、ブロックチェーン技術を活用した新しいサービスの実現・普及を図るべく、実サービス展開が可能なプログラムをオープンソースで公開するプロジェクトです。これまでに医療機関カルテ共有システム、転売抑止チケットなどが発表されており、今回は第5弾となります。今後もさまざまなオープンソースプログラムが公開されていきそうです。

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧