仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社セレスの子会社である株式会社マーキュリーは、新たな事業として仮想通貨のマイニング(採掘)事業を開始することを発表しました。プルーフ・オブ・ステイク(POS)によるマイニングを複数の仮想通貨において開始する計画です。

目次

  • セレス子会社のマーキュリー、プルーフ・オブ・ステイク(POS)による仮想通貨マイニングを開始
  • 参入が相次ぐマイニング事業、棲み分けも
  • マイニング事業も日本勢の活躍が期待できそう

セレス子会社のマーキュリー、プルーフ・オブ・ステイク(POS)による仮想通貨マイニングを開始

株式会社セレスの子会社である株式会社マーキュリーは、新たな事業として仮想通貨のマイニング(採掘)事業を開始することを発表しました。当初はビットコインやイーサリアムのようなプルーフ・オブ・ワーク(POW)ではなく、プルーフ・オブ・ステイク(POS)によるマイニングを複数の仮想通貨において開始する計画です。POSでのマイニングは「保有による証明」方式といわれる合意形成アルゴリズムで、フォージング(鋳造)とも言われており、POWに比べて消費電力が少なくて済むなどの利点があります。新事業によりマイニングされた仮想通貨については、マーキュリーが運営予定の仮想通貨取引所に供給していく方針です。

セレスとマーキュリーについて

セレスは東証1部に上場するポイントサイトを中心としたスマートフォン向けメディア事業を展開する企業です。仮想通貨取引所「bitbank.cc」を運営するビットバンク株式会社に出資しており、持分法適用関連会社にあたります。マーキュリーはセレスの子会社として2017年9月に設立され、仮想通貨取引事業参入に向けて準備を行っています。

参入が相次ぐマイニング事業、棲み分けも

仮想通貨のマイニング事業は新規参入が相次いでいます。GMOインターネット、DMM.com、SBIホールディングス、今回のマーキュリーと大手企業の参入が目立っているのが特徴です。一見すると競争が激化しそうですが、各社注力している部分が異なりうまく棲み分けができている側面もあります。GMOインターネットはビットコインマイニング、DMM.comはビットコイン含めた複数のアルトコインマイニング、SBIホールディングスはビットコインキャッシュマイニング、今回のセレスはPOSのコンセンサスアルゴリズムを採用する仮想通貨マイニングといった具合です。

マイニング事業も日本勢の活躍が期待できそう

日本では仮想通貨取引が活発化してきています。ビットコインの取引量は日本円での取引が世界の6割以上を占め、仮想通貨取引大国とも言える状態です。仮想通貨マイニングにおいても大手企業が続々と参入しており、大きな産業になっていきそうです。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧