仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。

目次

  • クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始
  • bitFlyerの「fundFlyer」を活用

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。国立大学が行うクラウドファンディングにおいて、仮想通貨での寄附を受け付けることは日本初の取り組みとなります。

プロジェクト概要

・タイトル:「デジタルネイチャー「計算機的多様性」の世界へ」
・実行者名:落合 陽一氏(博士/筑波大准教授)
・目標金額:1500万円(日本円相当額)
※本件への寄附金額は、ビットコイン決済時のレートで日本円転換された金額が合計寄附金額として加算されます。
・募集期間:2018年2月21日(水)~2018年4月27日(金)23時(65日間)
・形式:寄附型 / All or Nothing
・プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/ochyaigogo2
・ビットコイン寄附URL:http://fundflyer.bitflyer.jp/contents/yoichi_ochiai/006/

bitFlyerの「fundFlyer」を活用

ビットコイン決済に関してはbitFlyerが運営する「fundFlyer」を活用します。fundFlyerとは芸術、発明品、ソフトウェア開発、イベント、防災、政治活動など幅広い分野のプロジェクトを実行するのに必要な資金を、従来の「通貨」ではなく、「ビットコイン」で集めます。購入型または寄付型のクラウドファンディングになり、金銭的なリターンではなく、新たな体験やサービス、モノなどプロジェクト毎に異なるリターンを得ることができます。

bitFlyerの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧