仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

スマートフォンメディア事業などを行うセレスは、ブロックチェーンのプロダクト・サービス企画、開発、運営を行う株式会社グッドラックスリーと共同で、イーサリアムのブロックチェーンを活用したスマートフォン向けゲーム「くりぷ豚(トン)」を、2018年春にリリースする予定と発表しました。

目次

  • セレス、イーサリアム上で取引可能なブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」をリリース
  • 国内企業もブロックチェーンゲームの開発に乗り出す

セレス、イーサリアム上で取引可能なブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」をリリース

スマートフォンメディア事業などを行うセレスは、ブロックチェーンのプロダクト・サービス企画、開発、運営を行う株式会社グッドラックスリーと共同で、イーサリアムのブロックチェーンを活用したスマートフォン向けゲーム「くりぷ豚(トン)」を、2018年春にリリースする予定と発表しました。

くりぷ豚はユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、ユーザー間での売買したりすることが可能となっています。仮想通貨イーサリアム上のブロックチェーンを使ったオンラインゲームで、登場する「くりぷトン」は、組合せにより3京6,000兆通りにものぼり、高いコレクション性を誇ります。くりぷ豚はスマートフォン(アプリ及びウェブ)にてサービス提供を予定しています。

セレスについて

セレスは東証一部に上場するスマートフォンメディア事業などを中心に展開する企業です。仮想通貨取引所ビットバンクへ出資するなど、仮想通貨・ブロックチェーン分野においても積極的な展開を見せています。また、子会社にあたるマーキュリーは、仮想通貨交換業の登録申請書を提出済みです。

国内企業もブロックチェーンゲームの開発に乗り出す

海外ではCryptoKitties(クリプトキティーズ)に代表されるイーサリアムなどのブロックチェーン上に構築されるゲームが多数存在します。ユーザー数100万人を超えるゲームも多く、今後さらに流行する可能性があります。日本企業もソーシャルゲーム企業などを中心に、この分野への参入が相次いでおり、日本のユーザーがブロックチェーンゲームを当たり前にプレイする日も近いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧