決済・送金

ビットコインの決済・送金に関する情報を紹介しています。ビットコインはクレジットカードなどのように主要な決済手段になる可能性を秘めています。また、手数料が安いことから送金においても有力な手段です。ビットコインの決済・送金を理解するのにお役立てください。

決済・送金に関連するキーワード

ウォレット デビットカード ビットコインアドレス 電子マネー
>>決済・送金に関連するキーワード一覧

決済・送金のコラム一覧

ビットコイン価格が下落しても、決済・送金ニーズは高まらない

ビットコイン価格が下落しても、決済・送金ニーズは高まらない

ビットコインは価格高騰によって、送金手数料も高騰しています。一部ではもう少し安くならないと、ビットコインの本来の利用法である送金には適さないといった意見がありますが、その論調は正しいのでしょうか?


2018年注目の「ライトニングネットワーク」とは

2018年注目の「ライトニングネットワーク」とは

2018年のビットコイン界隈を賑わせそうなキーワードに「ライトニングネットワーク」があります。一度は聞いたことがある言葉かもしれませんが、よく分からない方も多いでしょう。ライトニングネットワークについて解説します。


ビットコインを決済利用するには何をどうすればいい?

ビットコインを決済利用するには何をどうすればいい?

ビットコイン取引をする方が急増していますが、保有している一部を決済利用したいニーズも高いです。ただ、何をどうすればビットコイン決済を利用できるのかわからないという声は意外に多いため、ビットコイン決済を利用する方法を紹介したいと思います。


ビットコインの送金手数料が高騰。取引所では0.001BTC~0.002BTCが平均に

ビットコインの送金手数料が高騰。取引所では0.001BTC~0.002BTCが平均に

ビットコインの送金手数料が高騰しています。bitFlyerやcoincheck、Zaifなどの大手取引所では、送金手数料を0.001BTC~0.002BTCに引き上げています。原因は取引量増加などによる送金の詰まりです。20万件程が処理されていない状況になっています。


ガイアエクスチェンジ、仮想通貨自動両替機の取扱い開始。BTC、ETH、XRPなど複数通貨対応

ガイアエクスチェンジ、仮想通貨自動両替機の取扱い開始。BTC、ETH、XRPなど複数通貨対応

自動外貨両替機の販売・運用などを行う株式会社ガイアエクスチェンジは、仮想通貨をその場で日本円に両替できる仮想通貨自動両替機の取扱いを2018年3月10日より開始することを発表しました。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など全8種類の仮想通貨に対応します。


バンドルカードが企業向け提携カードの発行を開始

バンドルカードが企業向け提携カードの発行を開始

ビットコインチャージが可能で最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、企業向け提携カードの発行を開始したことを発表しました。


ビットコインの高騰により指摘される送金コスト増の問題

ビットコインの高騰により指摘される送金コスト増の問題

ビットコイン価格は100万円を突破し、高騰を続けています。高騰により指摘され始めているのが、送金コスト増です。例えば国内の仮想通貨取引所であれば、送金手数料として平均0.0005BTCがかかります。レートが100万円だとすると、500円かかることになります。


仮想通貨取引所のウォレットアプリを比較

仮想通貨取引所のウォレットアプリを比較

国内には15社程の仮想通貨取引所がありますが、仮想通貨の売買だけでなく、ウォレットアプリを提供している取引所もあります。ウォレットアプリを提供する取引所ごとの特徴や機能などを比較して紹介します。


ビットコインチャージが可能なVisaカード「バンドルカード」が利用状況を発表

ビットコインチャージが可能なVisaカード「バンドルカード」が利用状況を発表

ビットコインチャージが可能なVisaカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、バンドルカードアプリが25万ダウンロードを突破したことと同時に、発行開始後1年間のユーザーの利用状況を発表しました。


バンドルカード、「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果公開

バンドルカード、「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果公開

ビットコインをチャージできるVisaカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、バンドルカードユーザーの「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果を公開しました。


Syncable、税控除が受けられるビットコイン寄付の仕組みを提供

Syncable、税控除が受けられるビットコイン寄付の仕組みを提供

株式会社STYZ(スタイズ)は、2017年9月29日より、NPO法人を始めとした非営利団体と支援者をつなげるプラットフォームサービス「Syncable」で、ビットコイン決済APIを導入し、ビットコインでの寄付受付を開始しました。税控除を受けられる仕組みを導入しています。


現金は必要ない?ビットコインでの生活は可能か

現金は必要ない?ビットコインでの生活は可能か

ご存知の通り、ビットコイン決済に対応する企業が増加しています。ビットコイン投資家にとって便利な環境になってきていますが、果たしてビットコインだけで生活することは可能なのでしょうか。


バンドルカードの高機能版「バンドルカードリアル+」がリリース。海外でも利用可能

バンドルカードの高機能版「バンドルカードリアル+」がリリース。海外でも利用可能

ビットコインのチャージが可能なVisaプリペイドカードとして有名なバンドルカードが、高機能版「バンドルカードリアル+」をリリースしました。残高上限が100万円にアップされ、海外の実店舗でも使うことができます。


ビットコインの価格上昇は決済利用にはマイナス?

ビットコインの価格上昇は決済利用にはマイナス?

ビットコイン決済に対応する企業が増加しています。最近では、ビックカメラやメガネスーパーなど大手企業の対応も増加しているのが特徴です。ただ、ビットコインは資産運用目的で保有している方が多く、価格上昇するほど手放しにくくなる一面を持っています。


マネパカードが日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに

マネパカードが日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに

株式会社矢野経済研究所の「外貨が使えるプリペイドカードコスト比較調査」において、マネパカードが日本最安でサービス提供しているという結果を獲得しました。マネパカードはマルチカレンシーの海外プリペイドカードですが、Zaifと連携しビットコインでのチャージにも対応しています。


仮想通貨はお金の移動にイノベーションを起こした。

仮想通貨はお金の移動にイノベーションを起こした。

仮想通貨は投資的側面が注目されがちですが、お金の移動にイノベーションを起こした点は見逃せません。これまで高い料金と長い時間がかかっていたお金の移動が数円から一瞬でできるようになりました。


Amazonでビットコインとライトコインが採用される?

Amazonでビットコインとライトコインが採用される?

Amazonに対してビットコインとライトコイン決済導入を求める署名活動が展開されています。まだどうなるかはわかりませんが、5,000人以上の署名が集まっています。仮に採用されれば、ビットコインにとってもプラスですが、ライトコインは決済手段としてあまり普及していないため非常に大きな出来事でしょう。


なぜビットコインなどの仮想通貨は手数料が発生するのか?

なぜビットコインなどの仮想通貨は手数料が発生するのか?

通常銀行などで送金をする際は手数料が発生します。ビットコインなどの仮想通貨も同様ですが、銀行における手数料とは仕組みが異なります。今回はビットコインを例に手数料が発生する理由や仕組みについて紹介します。


仮想通貨とECサイト。相性抜群?

仮想通貨とECサイト。相性抜群?

ECサイトで決済する場合、銀行振込やクレジットカード、電子マネー、代金引換などさまざまな方法があります。中でもクレジットカードはECサイトにおいて圧倒的に使われている決済手段になります。仮想通貨に対応しているECサイトは少ないですが、事業者にメリットが多く普及する可能性があります。


主要なビットコインプリペイドカード5つを比較。使いやすいカードは?

主要なビットコインプリペイドカード5つを比較。使いやすいカードは?

ビットコインをチャージしてVISAやMasterCard加盟店で使用できるのがビットコインプリペイドカードです。非常に便利なカードですが、いくつか種類が存在します。今回は主要なビットコインプリペイドカード5つを比較していきます。