決済・送金

ビットコインの決済・送金に関する情報を紹介しています。ビットコインはクレジットカードなどのように主要な決済手段になる可能性を秘めています。また、手数料が安いことから送金においても有力な手段です。ビットコインの決済・送金を理解するのにお役立てください。

決済・送金に関連するキーワード

ウォレット デビットカード ビットコインアドレス 電子マネー
>>決済・送金に関連するキーワード一覧

決済・送金のコラム一覧

Syncable、税控除が受けられるビットコイン寄付の仕組みを提供

Syncable、税控除が受けられるビットコイン寄付の仕組みを提供

株式会社STYZ(スタイズ)は、2017年9月29日より、NPO法人を始めとした非営利団体と支援者をつなげるプラットフォームサービス「Syncable」で、ビットコイン決済APIを導入し、ビットコインでの寄付受付を開始しました。税控除を受けられる仕組みを導入しています。


現金は必要ない?ビットコインでの生活は可能か

現金は必要ない?ビットコインでの生活は可能か

ご存知の通り、ビットコイン決済に対応する企業が増加しています。ビットコイン投資家にとって便利な環境になってきていますが、果たしてビットコインだけで生活することは可能なのでしょうか。


バンドルカードの高機能版「バンドルカードリアル+」がリリース。海外でも利用可能

バンドルカードの高機能版「バンドルカードリアル+」がリリース。海外でも利用可能

ビットコインのチャージが可能なVisaプリペイドカードとして有名なバンドルカードが、高機能版「バンドルカードリアル+」をリリースしました。残高上限が100万円にアップされ、海外の実店舗でも使うことができます。


ビットコインの価格上昇は決済利用にはマイナス?

ビットコインの価格上昇は決済利用にはマイナス?

ビットコイン決済に対応する企業が増加しています。最近では、ビックカメラやメガネスーパーなど大手企業の対応も増加しているのが特徴です。ただ、ビットコインは資産運用目的で保有している方が多く、価格上昇するほど手放しにくくなる一面を持っています。


マネパカードが日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに

マネパカードが日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに

株式会社矢野経済研究所の「外貨が使えるプリペイドカードコスト比較調査」において、マネパカードが日本最安でサービス提供しているという結果を獲得しました。マネパカードはマルチカレンシーの海外プリペイドカードですが、Zaifと連携しビットコインでのチャージにも対応しています。


仮想通貨はお金の移動にイノベーションを起こした。

仮想通貨はお金の移動にイノベーションを起こした。

仮想通貨は投資的側面が注目されがちですが、お金の移動にイノベーションを起こした点は見逃せません。これまで高い料金と長い時間がかかっていたお金の移動が数円から一瞬でできるようになりました。


Amazonでビットコインとライトコインが採用される?

Amazonでビットコインとライトコインが採用される?

Amazonに対してビットコインとライトコイン決済導入を求める署名活動が展開されています。まだどうなるかはわかりませんが、5,000人以上の署名が集まっています。仮に採用されれば、ビットコインにとってもプラスですが、ライトコインは決済手段としてあまり普及していないため非常に大きな出来事でしょう。


なぜビットコインなどの仮想通貨は手数料が発生するのか?

なぜビットコインなどの仮想通貨は手数料が発生するのか?

通常銀行などで送金をする際は手数料が発生します。ビットコインなどの仮想通貨も同様ですが、銀行における手数料とは仕組みが異なります。今回はビットコインを例に手数料が発生する理由や仕組みについて紹介します。


仮想通貨とECサイト。相性抜群?

仮想通貨とECサイト。相性抜群?

ECサイトで決済する場合、銀行振込やクレジットカード、電子マネー、代金引換などさまざまな方法があります。中でもクレジットカードはECサイトにおいて圧倒的に使われている決済手段になります。仮想通貨に対応しているECサイトは少ないですが、事業者にメリットが多く普及する可能性があります。


主要なビットコインプリペイドカード5つを比較。使いやすいカードは?

主要なビットコインプリペイドカード5つを比較。使いやすいカードは?

ビットコインをチャージしてVISAやMasterCard加盟店で使用できるのがビットコインプリペイドカードです。非常に便利なカードですが、いくつか種類が存在します。今回は主要なビットコインプリペイドカード5つを比較していきます。


楽天はビットコイン決済できる?お得な買い物の仕方も。

楽天はビットコイン決済できる?お得な買い物の仕方も。

ビットコイン決済に対応する店舗やECサイトが増えていますが、大手企業による導入は少ないです。楽天はアメリカでビットコイン決済に対応しているものの、日本ではまだ対応していません。ただ、bitFlyerを利用することでお得に利用できる方法があります。


マネパカードが便利。Zaifと連携し、買い物から海外旅行まで使える。

マネパカードが便利。Zaifと連携し、買い物から海外旅行まで使える。

マネパカードは日本でも海外でも使える6つの通貨に対応したプリペイドカードです。4月からは仮想通貨取引所のZaifと連携を開始し、ビットコインによるチャージ機能も加わりました。つまり、マネパカードならビットコインで買い物から海外旅行まで使えることになります。


ビットコインの海外送金。手数料や時間、利用用途とは?

ビットコインの海外送金。手数料や時間、利用用途とは?

ビットコインは海外送金に便利と言われています。理由は手数料の安さと送金スピードです。銀行を利用すると手数料が数千円かかり、時間も1週間程度かかってしまいます。ビットコインの海外送金における手数料や時間、利用用途を紹介します。


もう外貨両替は必要ない?海外旅行にビットコインという選択。

もう外貨両替は必要ない?海外旅行にビットコインという選択。

海外では日本円を使うことができないので、出発前に銀行で両替したり空港の両替所を利用したりします。ただ、両替時の手数料がネックです。また、帰国時に全て両替できず外貨が余ってしまうこともあります。ビットコインは世界中で使えるので、両替の手数料を気にする必要がありません。


仮想通貨の決済。クレジットカードや電子マネーより使いやすい?

仮想通貨の決済。クレジットカードや電子マネーより使いやすい?

仮想通貨は投資だけでなく、決済手段としても期待されています。キャッシュレス決済の一つに位置づけられますが、クレジットカードや電子マネーよりも便利な決済手段なのでしょうか? 決済までの手順などを紹介しながら、仮想通貨と他のキャッシュレス決済を比較したいと思います。


【バンドルカード】ビットコインのチャージが可能なVisaプリペイドカード

【バンドルカード】ビットコインのチャージが可能なVisaプリペイドカード

ビットコイン決済に対応する店舗は増えていますが、まだまだ使えない店舗の方が多数です。そこで注目されているのがデビットカードになります。バンドルカードはビットコインでチャージ可能なVisaプリペイドカードで、Visa加盟店で利用可能できます。coincheckの口座からチャージすることも可能です。


ビットコインは寄付に向いている?具体的な支援方法はある?

ビットコインは寄付に向いている?具体的な支援方法はある?

ビットコインは手数料が安いため、マイクロペイメント(少額決済)に向いていると言われます。ビジネス的な利用はもちろんですが、注目されている用途として寄付があります。ビットコインは国境もないので、グローバルに少額から寄付をすることができます。


ビットコインで公共料金が支払える。電気代とガス代に使える。

ビットコインで公共料金が支払える。電気代とガス代に使える。

2016年4月から電力自由化、2017年4月からガス自由化が行われ、さまざまな事業者が電力やガス事業に参入しています。電気とガスは商品による差別化が難しいため、セット割引などで違いを作っていますが、ビットコイン支払いに対応することで顧客を獲得する動きもあります。


bitFlyerのbitWire SHOPとは?気軽にビットコイン決済が導入できる。

bitFlyerのbitWire SHOPとは?気軽にビットコイン決済が導入できる。

bitFlyerにはbitWire SHOPという気軽にビットコイン決済が導入できるサービスがあります。ECサイトでも実店舗でも利用可能で、初期費用や月額費用も発生しません。決済手数料は1%とクレジットカードなどに比べ格安になっています。


ビットキャッシュとは?ビットコインと交換できる?

ビットキャッシュとは?ビットコインと交換できる?

ビットキャッシュはサーバー型の電子マネーです。ビットコインと名前が似ていることから、関係あるものと勘違いされることが多いです。ビットキャッシュとビットコインの違い、交換可能かどうかについて紹介します。