ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコイン取引をする方が急増していますが、保有している一部を決済利用したいニーズも高いです。ただ、何をどうすればビットコイン決済を利用できるのかわからないという声は意外に多いため、ビットコイン決済を利用する方法を紹介したいと思います。

目次

  • まずは取引所へ口座開設
  • 取引所のアプリを使う
  • ビットコインに対応したデビットカードを使う
  • 専用のウォレットを使う方法も

まずは取引所へ口座開設

ビットコイン決済を利用するには、まずビットコインを手に入れる必要があります。ビットコインを購入するには、取引所を利用するしかありません。既に保有している友人などから送金してもらったりマイニングでビットコインを得たりする方法はありますが、レアケースですので省きます。

ビットコインの売買ができる取引所は、国内に15社程あります。取引所によって取り扱う仮想通貨に差はありますが、ビットコインはどの取引所でも売買が可能です。取引所を選ぶ基準はそれぞれですが、手数料・取り扱い仮想通貨・アプリの有無などで選ぶ方が多いです。詳しくは以下の比較ページを参照ください。

取引所のアプリを使う

ビットコイン決済を利用するにあたり最も簡単な方法が、取引所が提供しているアプリを利用する方法です。決済利用できるアプリを提供している取引所としては、bitFlyer、coincheck、BITPointなどが挙げられます。これらの取引所に口座開設し、アプリをインストール後にログインすれば、すぐに利用が開始できます。アプリにQRコードを読み込む決済・送金画面がありますので、お店で表示されるQRコードを読み込み決済するだけです。

ビットコインに対応したデビットカードを使う

バンドルカードやマネパカードなど、国内にもビットコインのチャージに対応したVISAやMasterのデビットカードがあります。ビットコインをチャージすると、その時のレートで日本円に変換されVISAやMaster加盟店で利用できる仕組みです。バンドルカードはcoincheckと連携、マネパカードはZaifと連携しているため、取引所の口座からチャージできる点がメリットです。ビットコイン決済に対応する店舗はまだまだ少ないですが、デビットカードであればかなりの場所で利用が可能です。

coincheckの詳細はこちら

Zaifの詳細はこちら

専用のウォレットを使う方法も

ビットコインに対応したウォレットを使う方法もあります。取引所で購入したビットコインをウォレットに送金すれば利用できるようになります。ウォレットに表示されるビットコインアドレス宛に送金するだけなので簡単ですが、初めての方には難しく送金手数料が発生する点がデメリットと言えるでしょう。特に贔屓のウォレットがなければ、利用している取引所が提供するウォレットを使うのがベターだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧