仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年のビットコイン界隈を賑わせそうなキーワードに「ライトニングネットワーク」があります。一度は聞いたことがある言葉かもしれませんが、よく分からない方も多いでしょう。ライトニングネットワークについて解説します。

目次

  • ビットコインの決済・送金について
  • ライトニングネットワークとは
  • ライトニングネットワークの行方に注目

ビットコインの決済・送金について

ビットコインは決済・送金に10分かかり、手数料は価格の高騰により数千円になっています。ゆえに決済通貨としては実用性がないという意見が多いです。確かにこのままだと決済・送金に向いていないことは明らかであり、銀行の手数料の方が安い状態になっています。このような課題を解決してくれる技術として注目を集めているのが、ライトニングネットワークです。

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークは、簡単にかみ砕くとビットコインの決済・送金を瞬時に完了させ、手数料を超少額あるいは0円にしてくれ、直接繋がりのない2者間での取引を可能にする技術です。ビットコインはブロックチェーンに取引を記録していますが、ライトニングネットワークはオフチェーン(ブロックチェーン外)でも取引を完了させることができます。ライトニングネットワークはレイヤー2ソリューションと言われますが、誤解を恐れずに言えばビットコインブロックチェーンの上にライトニングネットワークという新たな層ができるイメージです。

スケーラビリティ問題は解決?

ライトニングネットワークが完璧になれば、現在課題になっている送金時間や手数料の問題は解決できます。既にビットコインのメインネットでのテストを成功させており、2018年はさまざまな話題が出てくるでしょう。しかし、まだテスト段階であり、どうなるかは何とも言えません。

ビットコインが決済・送金の主流になるわけではない

ライトニングネットワークが実装されたとしても、ビットコインが決済・送金の主流になるかはわかりません。これはまた別の問題もあり切り離して考える必要があるでしょう。現在のボラティリティでは、通貨として使いづらいことは事実です。

ライトニングネットワークの行方に注目

2018年、ライトニングネットワークはビットコイン界隈を賑わせるキーワードになるでしょう。価格に影響を与える可能性もあります。技術的な部分を理解する必要はありませんが、ライトニングネットワークによってビットコインはどう変わるのか、ビットコインの弱点を補っているアルトコインの価値がどうなるのかなどは考えておく必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧