仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ドイツ財務省は、仮想通貨を決済利用する場合に限り非課税にする方針を発表したとcointelegraphが報道しました。日本やアメリカでは、決済利用する場合においても課税対象となりますが、ドイツの動きは仮想通貨の決済利用が進むきっかけになるのではないでしょうか。

目次

  • ドイツ、仮想通貨を決済利用する場合は非課税に
  • 仮想通貨決済の普及
  • 仮想通貨決済の拡大に期待

ドイツ、仮想通貨を決済利用する場合は非課税に

ドイツ財務省は、仮想通貨を決済利用する場合に限り非課税にする方針を発表したとcointelegraphが報道しました。また、マイニングによる手数料に関しても自発的に支払われるものであることから、非課税となるようです。

Deutschland will keine Besteuerung von Kryptowährungen als Zahlungsmittel

日本とは異なる方針

日本やアメリカは仮想通貨を資産とみなしており、決済利用でも課税対象になります。仮想通貨決済の普及において障害になっていることは間違いなく、非課税枠の検討など含め進んでいくことを期待したいです。

仮想通貨決済の普及

ビットコインを中心とした仮想通貨決済に対応する店舗は増加傾向にあり、消費者も徐々に利用を始めています。日本ではマネパカードやバンドルカードなどビットコインをチャージできるVISAやMasterプリペイドカードも普及しており、ビットコインチャージは一定程度利用されているようです。

相場に影響される?

ビットコインキャッシュ決済に対応しているワイン通販「カーヴ」代表取締役の方のツイートです。1月中旬の仮想通貨相場暴落前と後で利用状況に大きな差があるようです。税金の問題もありますが、決済手段として普及するにはボラティリティも大きな課題であることは間違いありません。

仮想通貨決済の拡大に期待

仮想通貨の扱いは国により異なりますが、決済手段として普及するには税金とボラティリティが課題です。どのようになっていくかわかりませんが、今後トークン経済圏が広がる兆しもあり、実態に合わせて制度も変わっていくのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧