仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

コインチェックの不正流出事件を受け、仮想通貨取引所のセキュリティに注目が集まる中、クライアント型ウォレットにも注目が集まっています。最近よく耳にする言葉かもしれませんが、取引所に保管するのとどのような違いがあるのでしょうか?

目次

  • クライアント型ウォレットとは
  • クライアント型ウォレットのメリット
  • 自身に合う選択を

クライアント型ウォレットとは

クライアント型ウォレットとは、簡単に言うと秘密鍵を自身で管理するウォレットのことです。スマホやPCにインストールして使用するタイプやTrezorなどのハードウェアタイプなどさまざまな種類があります。

取引所との違いは、簡単に言うと秘密鍵の管理方法です。クライアント型が自身で管理するのに対し、取引所は取引所が代行して秘密鍵を管理しています。

クライアント型ウォレットのメリット

最大のメリットはハッキング対象になりにくいという点です。取引所がなぜ狙われやすいかというと、ユーザーの秘密鍵を集中的に管理しているからです。クライアント型ウォレットの場合は、第三者が秘密鍵を管理していないため、狙われるリスクは低いのです。また、秘密鍵さえあれば、別のウォレットに資産を移すこともできるため、運営会社が破綻などをした場合でも対応ができます。

デメリットは?

自身で管理することをデメリットと感じる場合もあるでしょう。端末やハードウェアの故障や紛失などの際はバックアップキーが必要になりますが、バックアップキー自体を忘れてしまった、メモした用紙をなくしてしまった場合などは復元不可能になります。

自身に合う選択を

クライアント型ウォレットは自身で秘密鍵を管理するため、第三者からのハッキングリスクが軽減できます。ただしデメリットもありますので、自身に合う方を選択するのがいいでしょう。取引所もコインチェック事件以降セキュリティを最優先に動いており、今後万が一の補償なども充実させていく可能性が高いです。

 

日本発のクライアント型ウォレット「Ginco」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧