ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

デビットカードは商品を購入した際に代金が銀行口座から即座に引落されるカードです。VISAやMasterカードなどクレジットカードの国際ブランドが搭載されているので、ほとんどの場所で使用できます。実はビットコインにもデビットカードがあり、ビットコイン決済を導入していない店舗でも使用することが可能です。

目次

  • ビットコイン決済の普及はこれから
  • ビットコインデビットカードとは?
  • おすすめのビットコインデビットカード「バンドルカード」
  • おすすめのビットコインデビットカード「Wirex」
  • ビットコインはVプリカと交換可能
  • ますます便利になるビットコイン決済

ビットコイン決済の普及はこれから

ビットコイン決済に対応する店舗が増えています。その数は約4,000店舗で、飲食店やECサイト、美容サロンなど幅広い業態で利用されています。しかし、まだまだ普及しているとは言えず実感としては使える店舗は一部という印象です。ビットコインで支払いをしたいのにできない現状にもどかしさを感じている人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのがビットコインデビットカードです。

ビットコインデビットカードとは?

デビットカードとは商品を購入した際に代金が銀行口座から即座に引落されるカードのことです。VISAやMasterカードなどクレジットカードの国際ブランドが搭載されているので、クレジットカードが使える場所であれば使用できます。そしてビットコインデビットカードとは、ビットコインをデビットカードにチャージすることでVISAやMasterカード加盟店で使用できるようになるカードになります。チャージした金額以上は使えないので、通常のデビットカードと似たような仕組みです。ビットコインデビットカードを使えば、ビットコイン決済を導入していない店舗でも使えるようになるのです。

おすすめのビットコインデビットカード「バンドルカード」

バンドルカードはVisaに対応したプリペイドカードです。日本語対応していてビットコインデビットカードの中で最も使いやすいと言えます。リアルなカードに加えて、アプリのバーチャルカードもあり、アプリをインストールしてアカウントを登録するだけで使用できます。必要な情報はユーザーID・パスワード・生年月日・電話番号のみです。発行手数料はバーチャルカードで100円、リアルカードで300円です。年会費などは無料です。

おすすめのビットコインデビットカード「Wirex」

Wirexは世界で最も利用されているビットコインデビットカードです。全世界で3000万枚以上の発行枚数を誇っています。VISAとMasterカードに対応しています。ビットコインをチャージして使用しますが、ドルやユーロなど幅広い通貨で保管できるようになっているのが特徴です。価格変動しやすいビットコインを安心して保管できます。Wirexはバンドルカードと違い月額使用料が発生します。といっても月約100円なので、あまり気にはなりません。

ビットコインはVプリカと交換可能

Vプリカはネット専用のVisaプリペイドカードです。Visaに対応しているネットサイトであれば使うことができます。ビットコインデビットカードのようにビットコインをチャージして使用することもできますし、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円のプリペイドカードとビットコインを交換することもできます。交換はビットフライヤーやcoincheckなどの取引所からできるようになっています。

ますます便利になるビットコイン決済

ビットコイン決済は対応している店舗でしか行うことができませんが、ビットコインデビットカードを使えば、非対応の店舗でも使うことができます。VISAやMasterカードに対応していない店舗は稀なので、大抵の店舗で利用できると考えていいでしょう。今後ビットコイン決済に対応する店舗はどんどん増えていくことが予想されますが、現在のクレジットカードのように不便なく利用するには5年はかかるのではないかと思います。ビットコインデビットカードがあれば、ビットコインのみで生活することもできるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧