ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコイン決済に対応する店舗やECサイトが増えていますが、大手企業による導入は少ないです。楽天はアメリカでビットコイン決済に対応しているものの、日本ではまだ対応していません。ただ、bitFlyerを利用することでお得に利用できる方法があります。

目次

  • 楽天のビットコイン決済
  • 楽天で商品購入するとビットコインがもらえる?
  • 楽天EdyギフトIDに交換も
  • 楽天をお得に利用してビットコインをもらおう

楽天のビットコイン決済


Gil C / Shutterstock.com

楽天はまだ日本においてビットコイン決済を導入していません。ただ、既に楽天アメリカでは対応しており、ビットコイン決済の企業に出資するなど積極的な姿勢を見せています。今後ドイツやオーストリアの楽天においても導入予定のようです。おそらく日本で導入する日も遠くはないと考えられます。楽天はEコマースを軸に銀行、証券、保険、旅行、インターネットサービスなど幅広い事業を展開し、国内の会員数は約9,000万人を誇ります。ビットコイン決済に対応した際のインパクトは相当なものになるでしょう。

楽天で商品購入するとビットコインがもらえる?

楽天を利用して買い物をしている方は多いと思いますが、ビットコインをもらえるお得な買い物方法があります。国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの「ビットコインをもらう」というキャンペーンを利用する方法です。

bitFlyerにログイン後「ビットコインをもらう」というメニューを選択します。その中の一つに楽天市場のキャンペーンがあり、そのリンクを経由して買い物をすると商品価格の0.6%相当のビットコインが還元されます。高額商品を楽天で購入する場合や、消耗品や日用品などを定期的に購入している場合などは利用することでビットコインが自然に増えていきます。

楽天市場だけでなく、楽天トラベルの利用やレンタカー、楽天GORA(ゴルフ)、楽天デリバリー、楽天銀行の口座開設、楽天Kobo電子書籍ストア、楽天買取、楽天モバイル、楽天ブロードバンドなどさまざまなサービスが対象になっています。これらのサービスを利用する機会がある際はbitFlyerを利用するとお得です。還元率はそれぞれのサービスによって異なります。
bitFlyerの詳細はこちら

楽天EdyギフトIDに交換も


「ビットコインをつかう」というサービスにおいては、ビットコインとEdyギフトIDを交換することもできます。Edyはタッチするだけで支払いが可能な楽天グループのプリペイド型電子マネーです。おそらく利用している方も多いでしょう。また、「ビットコインをつかう」では、Amazonギフト券の交換もできるようになっています。

楽天をお得に利用してビットコインをもらおう

楽天は日本ではビットコイン決済を導入していませんが、bitFlyerから楽天を利用することでビットコインをもらえるキャンペーンが展開されています。買い物するだけでビットコインがもらえるので、ビットコインを増やしたい方にはもってこいのサービスです。運用しているビットコインをギフトIDに交換して買い物に使うこともできます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧