仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ICOはInitial Coin Offeringの略で、独自の仮想通貨(トークン)を発行し世界中の購入者から資金を調達する手段です。2017年に爆発的な増加を見せ、2018年も数多くのプロジェクトがICOを実施しています。また、最近では「IEO」や「ICCO」なども登場し注目を集めています。

目次

  • ICOについて
  • IEOとは
  • ICCOとは
  • 動向に注目

ICOについて

ICOはInitial Coin Offeringの略で、独自の仮想通貨(トークン)を発行し世界中の購入者から資金を調達する手段です。2017年に爆発的な増加を見せ、2018年も数多くのプロジェクトがICOを実施しています。ICOは既にベンチャーキャピタルを通じて調達する金額を圧倒していますが、詐欺など問題点も抱えています。ICO実施後4ヶ月以内に半数以上のプロジェクトが破綻しているという調査結果もあります。

規制も大きな問題です。基本的にICOに特化した法整備をしている国はなく、証券ではないかといった議論は常にあります。全面禁止にしている国、日本のように事実上禁止にしている国など各国のスタンスもバラバラです。

IEOとは

そうした状況下において注目を集めているのがIEOです。Initial Exchange Offeringの略になります。Exchangeからもわかると思いますが、トークンを発行したいプロジェクトが取引所に委託をしてICOといったイメージです。購入者からすると、上場が保証されている、取引所が審査するので信頼できるプロジェクトと判断できるなどのメリットがあります。特に日本は、仮想通貨が法律で規制されているため、IEOは現実的な選択肢となるかもしれません。しかし、特定の取引所でしか扱えなくなる可能性などデメリットもあります。

ICCOとは

ICCOとはInitial Convertible Coin Offeringの略です。トークンの発行後、トークンを株式と交換できる点が特徴になります。先日、マルタのブロックチェーン企業がビットレックスと提携して世界初のICCOを行うと発表しました。

動向に注目

今後、ICOから派生した資金調達手段が複数出てくるかもしれません。ただ、本質的にはトークンに利用価値がなければなりません。そうしたプロジェクトが増加することを期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧