おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど6種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインの取引手数料マイナス0.01%。ビットコイン、イーサリアム、モナコインなど5種類の仮想通貨と豊富なトークンを取引可能。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

企画一覧

コラム一覧

最新の投稿


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


NEC、世界最速「毎秒10万件超」の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発

NEC、世界最速「毎秒10万件超」の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発

NECおよびNEC欧州研究所は、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発しました。これは、世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能です。


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


カルチュア・コンビニエンス・クラブが仮想通貨に関するアンケート調査を実施。コインチェック不正流出事件後も高い関心。

カルチュア・コンビニエンス・クラブが仮想通貨に関するアンケート調査を実施。コインチェック不正流出事件後も高い関心。

カルチュア・コンビニエンス・クラブが、Tカードを利用している20~69歳の男女1,501名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、「仮想通貨に関するアンケート調査」を実施しました。コインチェックの不正流出事件後に行ったアンケートになります。


【2018年2月15日】ビットコイン価格が100万円台に回復

【2018年2月15日】ビットコイン価格が100万円台に回復

2月15日の仮想通貨相場は、全体的に価格を回復させています。ビットコインは大台の100万円台に回復し、アルトコインも10%前後上昇している種類が多いです。仮想通貨全体の時価総額も50兆円台に回復しました。


安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

仮想通貨投資はハイリスク・ハイリターンと言われますが、投資は仮想通貨以外にもさまざまな種類があります。「アパート経営」は仮想通貨とは真逆。比較的ローリスクで、“ロングリターン”が可能な投資方法として注目を集めています。


仮想通貨と積立投資の相性が良い理由

仮想通貨と積立投資の相性が良い理由

仮想通貨投資といってもさまざまな方法があるわけですが、比較的手堅くローリスクな方法として浸透しているのが「積立投資」です。積立投資とは何なのか、なぜ仮想通貨と積立投資の相性が良いのかなど、解説します。


【2018年2月14日】イーサリアムクラシック(ETC)とライトコイン(LTC)が上昇

【2018年2月14日】イーサリアムクラシック(ETC)とライトコイン(LTC)が上昇

2月14日の仮想通貨相場は昨日とほとんど変化ありませんが、イーサリアムクラシック(ETC)やライトコイン(LTC)など一部の仮想通貨が上昇しています。特にイーサリアムクラシックは3日連続の上昇となっていて、好材料が評価されているようです。


ジブラルタルがICO規制を検討。世界初のICO規制になるか

ジブラルタルがICO規制を検討。世界初のICO規制になるか

イギリスの海外領土であるジブラルタル政府が、ICO規制を検討していることがわかりました。数週間以内に議論に入るようです。中国や韓国などICOを禁止する国はありますが、ICOに特化した規制が導入されれば世界初の出来事となります。


コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

2月13日20時からコインチェックが記者会見を実施しました。会見ではNEMの補償や仮想通貨の出金・売買再開の時期に関する具体的な言及はなかったものの、目途は立っていると発表されました。


コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

2月13日、コインチェックの日本円出金が再開されましたが、金融庁からの業務改善命令に係る報告書も提出したことを発表しました。また、本日20時から同社で記者会見も行われる予定です。


【2018年2月13日】回復傾向の仮想通貨相場だが、大きな変化はなし

【2018年2月13日】回復傾向の仮想通貨相場だが、大きな変化はなし

3連休の仮想通貨相場は先週に引き続き回復傾向だったものの、大きな変化はないと言える状況です。週明け2月13日も小幅な値動きとなっています。ビットコインは100万円を突破しそうなところまで回復しましたが、手前で失速してしまいました。


【最新のビットコイン相場展望】BTC価格はついに100万を割る

【最新のビットコイン相場展望】BTC価格はついに100万を割る

国内取引所コインチェックが外部から不正アクセスされ580億円相当の仮想通貨XEMが流出、その後ドルと連動する仮想通貨テザーを運営するテザー社が担保不十分との嫌疑がかけられ、相場のセンチメントが悪化。BTCは100万円を割った後90万円台まで後退しました。


Zaif、クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止

Zaif、クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止

仮想通貨取引所のZaifは、2018年2月9日(金)17:00よりクレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止しました。クレジットカード会社からの要請があり対応したようです。


DMM Bitcoinのアカウント登録・口座開設方法

DMM Bitcoinのアカウント登録・口座開設方法

DMM BitcoinはDMM.comグループの仮想通貨取引所です。2018年1月からサービスを開始しました。他の取引所にはない、豊富な通貨ペアでのレバレッジ取引が最大の特徴です。DMM Bitcoinのアカウント登録や口座開設方法を解説します。


金融庁登録済みの「仮想通貨交換事業者」一覧と特徴

金融庁登録済みの「仮想通貨交換事業者」一覧と特徴

2017年4月、改正資金決済法が施行され、仮想通貨取引所は金融庁の登録制となりました。ただ、法施行前から営業していた事業者は「みなし業者」として営業することができています。コインチェックの不正流出事件を受けて、改めて登録事業者が注目されており、一覧や特徴を紹介します。