取引所

Coincheck(コインチェック)の情報まとめ。口座開設・入出金・取引方法・手数料などを解説。

市況

ライトコイン(LTC)が高騰。ビットコインへの不安や新規上...

最新の投稿


仮想通貨IOTAとは。時価総額でいきなりトップ10に

仮想通貨IOTAとは。時価総額でいきなりトップ10に

IOTAはIOT(モノのインターネット)に導入することを目的に開発された仮想通貨です。上場後、いきなり時価総額トップ10にランクインし話題になっています。最大の特徴はTangleという技術を使い、送金手数料を無料にしている点です。


ビットコインのシェアは30%台に低下。

ビットコインのシェアは30%台に低下。

ビットコインの仮想通貨全体に占めるシェアは30%台に低下しました。ビットコインも伸びていますが、アルトコインの伸びがビットコインを上回っている状態になります。特にイーサリアムは伸びが顕著で、シェアは30%台になりました。


イーサリアム(ETH)価格が下落。ネットワーク混雑が原因か。

イーサリアム(ETH)価格が下落。ネットワーク混雑が原因か。

イーサリアム(ETH)価格が6月21日~22日にかけて下落しました。原因はネットワークの混雑です。イーサリアムを利用したICOが活発になっていますが、それによりイーサリアムの注文が急増し、ネットワークに支障が生じました。


Zaif(ザイフ)の情報まとめ。口座開設・入出金・取引方法・手数料などを解説。

Zaif(ザイフ)の情報まとめ。口座開設・入出金・取引方法・手数料などを解説。

Zaifは国内大手の仮想通貨取引所です。ビットコイン・NEM・モナコインを扱い、現物取引・信用取引・AirFX・先物取引と幅広いサービスを提供しています。Zaifを利用する上で必要な口座開設・入出金・取引方法・手数料などを紹介します。


仮想通貨とECサイト。相性抜群?

仮想通貨とECサイト。相性抜群?

ECサイトで決済する場合、銀行振込やクレジットカード、電子マネー、代金引換などさまざまな方法があります。中でもクレジットカードはECサイトにおいて圧倒的に使われている決済手段になります。仮想通貨に対応しているECサイトは少ないですが、事業者にメリットが多く普及する可能性があります。


アセットタイプの仮想通貨とは?

アセットタイプの仮想通貨とは?

仮想通貨は大きくカレンシータイプとアセットタイプに分けられます。カレンシータイプはビットコインに代表される、発行者が存在せずアルゴリズムに応じて発行量が増加する仮想通貨です。大半がカレンシータイプになりますが、アセットタイプの仮想通貨も増加傾向にあります。


トレンド系指標「パラボリック」とは。特徴や使い方を紹介。

トレンド系指標「パラボリック」とは。特徴や使い方を紹介。

パラボリックはSARというラインを使ったトレンド系指標です。途転のポイントを見るために使われます。途転とは、買いポジション決済して売りポジションを持つ、売りポジションを決済して買いポジションを持つことを言います。パラボリックの特徴や使い方を紹介します。


ビットコインは非中央集権ではなく中央集権?

ビットコインは非中央集権ではなく中央集権?

ビットコインは非中央集権な仕組みになっています。政府や中央銀行のような通貨を発行する主体が存在せず、銀行のような中央機関に依存することなく台帳を管理できます。しかし、実質的に通貨発行と台帳管理の役割を担うマイナーがグループ化し中央集権化しているという批判もあります。


モナコイン価格が100円に迫る。94円まで高騰。

モナコイン価格が100円に迫る。94円まで高騰。

6月20日にモナコイン(MONA)価格が50円を突破したことを紹介しましたが、21日にも高騰し一時94円を記録しました。100円に迫る勢いを見せています。わずか1日で2倍になっています。


主要なビットコインプリペイドカード5つを比較。使いやすいカードは?

主要なビットコインプリペイドカード5つを比較。使いやすいカードは?

ビットコインをチャージしてVISAやMasterCard加盟店で使用できるのがビットコインプリペイドカードです。非常に便利なカードですが、いくつか種類が存在します。今回は主要なビットコインプリペイドカード5つを比較していきます。


仮想通貨の取引量をチェック。時価総額ランキングとは違う結果に?

仮想通貨の取引量をチェック。時価総額ランキングとは違う結果に?

投資する仮想通貨を選択する際には、さまざま指標や情報を参考にします。例えば時価総額。市場規模の小さい仮想通貨は少額投資ならいいですが、大きな金額の投資は向いていません。そして今回のテーマである取引量も重要です。多ければそれだけ取引が活発ということですし、取引量が急増していれば価格上昇する可能性も高いです。


楽天はビットコイン決済できる?お得な買い物の仕方も。

楽天はビットコイン決済できる?お得な買い物の仕方も。

ビットコイン決済に対応する店舗やECサイトが増えていますが、大手企業による導入は少ないです。楽天はアメリカでビットコイン決済に対応しているものの、日本ではまだ対応していません。ただ、bitFlyerを利用することでお得に利用できる方法があります。


coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始。ハーベスティングに使える。

coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始。ハーベスティングに使える。

coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始しました。NEMはPOI(Proof of Importance)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、保有量や取引量に応じて報酬が受け取れます。coincheckで購入したNEMをハーベスティングに使ってみてもいいでしょう。


bitFlyer(ビットフライヤー)の情報まとめ。口座開設・入出金・取引方法・手数料などを解説。

bitFlyer(ビットフライヤー)の情報まとめ。口座開設・入出金・取引方法・手数料などを解説。

bitFlyerは国内最大手の仮想通貨取引所です。ビットコインとイーサリアムを扱い、現物取引・FX取引・先物取引と幅広いサービスが利用できます。bitFlyerを利用する上で必要な口座開設方法・入出金方法・取引方法・手数料などを紹介します。


株式会社ジェブ、フロアコーティングにビットコイン決済を導入

株式会社ジェブ、フロアコーティングにビットコイン決済を導入

ガラスフロアコーティング「EPCOAT(イーピーコート)」を展開する株式会社ジェブがビットコイン決済の導入を発表しました。フロアコーティング業界において初の対応となるようです。「円預金に余裕はないが、ビットコイン決済できるなら」という、新しいマーケットを創出する狙いがあります。


モナコイン(MONA)価格が高騰。50円を突破し前月高値を更新

モナコイン(MONA)価格が高騰。50円を突破し前月高値を更新

モナコイン(MONA)価格が高騰しています。6月20日に50円を突破し、一時58円まで高騰しました。半減期が迫っていることに加え、ライトコインの高騰に影響を受けている可能性がありそうです。モナコインはライトコインを元に開発されています。


韓国の仮想通貨事情。世界最大級の取引量。

韓国の仮想通貨事情。世界最大級の取引量。

韓国は世界最大級の仮想通貨取引量を誇ります。日本、アメリカ、中国に次ぐ4位につけていることが多いですが、月によっては2位や3位になることもあります。韓国ではビットコインよりもアルトコインの取引量が多い点が特徴です。


暗号通貨とは。仮想通貨との違いは?

暗号通貨とは。仮想通貨との違いは?

ビットコインに代表される仮想通貨は、英語では「CryptoCurrency」と言われ直訳すると「暗号通貨」になります。本来は暗号通貨という名称が正しいですが、日本では仮想通貨が浸透しており、暗号通貨と同義で使われることが多いです。


イーサリアムクラシック(ETC)が上昇傾向。2,500円を突破。

イーサリアムクラシック(ETC)が上昇傾向。2,500円を突破。

イーサリアムクラシックが2017年6月17日~18日にかけて高騰しました。1ETC2,000円前後だった価格は2,600円台を記録し、30%以上の価格上昇となりました。イーサリアムの価格上昇が続いていますが、派生したイーサリアムクラシックにも注目です。


オシレーター系指標の代表格「RSI」の特徴や使い方

オシレーター系指標の代表格「RSI」の特徴や使い方

テクニカル分析には大きく価格の方向性を把握するトレンド系指標と売買タイミングをはかれるオシレーター系指標があります。RSI(Relative Strength Index)はオシレーター系指標の代表的存在で、買われ過ぎ・売られ過ぎの判断に役立ちます。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin