【2017年】仮想通貨ランキング。トップ10の特徴と価格推移

【2017年】仮想通貨ランキング。トップ10の特徴と価格推移

仮想通貨は1,000種類以上ありますが、時価総額によってランキング化されています。coinmarketcapというサイトで確認可能です。トップ10にランクインしている仮想通貨の特徴や価格推移を紹介します。


仮想通貨ランキング

時価総額を基準にした仮想通貨のランキングです。ランキングの傾向として、1位ビットコインと2位イーサリアムは1年以上変わっていません。1位のビットコインは約2兆円、イーサリアムは約4,000億円の時価総額を誇ります。3位~5位は結構変動する傾向があり、リップル、ライトコイン、DASH、Moneroなどが入ってきます。6位~10位も同様です。トップ10内のイーサリアムクラシック、NEM、Augur以外では、ZcashやFactom、Decredなどがランクインすることがあります。

1位と2位は不動、3位~5位は変動こそするものの顔ぶれはほぼ固定されています。6位以下に関しては差があまりなく、ちょっとした価格上昇で変動するため、トップ30位以内にランクインしている仮想通貨であれば、顔を出す可能性が高いです。

上位仮想通貨取引に適した取引所

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨ランキングトップ10の特徴

トップ10にランクインしている仮想通貨を特徴に応じてグループ分けしました。ビットコインは全ての仮想通貨のベースとなっている通貨であり、ライトコインはほぼ同じ特徴を持っています。他の仮想通貨はブロックチェーンによる台帳管理をベースにしながら、さまざまな機能を備えているのが特徴です。

イーサリアム、イーサリアムクラシック、Augur

イーサリアムは取引情報に加えて、契約情報もブロックチェーン上に記録できるスマートコントラクトが特徴です。当然、分岐したイーサリアムクラシックも同じ特徴を持っています。Augurは胴元を介さない未来予測が特徴の仮想通貨ですが、イーサリアムのスマートコントラクトプラットフォームを活用したプロジェクトです。海外のブックメーカーが行っている、いわゆる賭け(未来予測)を中央管理者(胴元)のいない分散型で実現できます。

DASH、Monero

DASHとMoneroは匿名性に特徴のある仮想通貨です。ビットコインはアドレスがオープンになり、どのアドレスからどのアドレスに送金されたかを辿ることができますが、DASHやMoneroは暗号化し追跡不可能な仕組みにしています。また、DASHは4秒、Moneroは2分という高速取引も特徴です。

リップル

リップルは決済・送金のプラットフォームです。リップル内の仮想通貨XRPを使い、さまざまな法定通貨で取引ができます。海外送金は時間とコストがかかりますが、XRPを仲介通貨として使用することでスピードアップとコスト削減ができます。

NEM

NEMはProof of Importanceというアルゴリズムに特徴のある仮想通貨です。ビットコインやイーサリアムで採用されているProof of WorkやProof of Stakeとは異なり、残高・取引回数・取引量などから総合的にスコアリングされ取引の承認を行うようになっています。

MaidSafeCoin

MaidSafeCoinはP2P型のDropboxとも言われています。サーバーを介すことなくP2Pでデータの共有や保存ができます。データだけでなくCPUも共有可能です。

仮想通貨ランキングトップ10の価格推移

トップ10にランクインする仮想通貨は総じて右肩上がりの価格推移となっています。中でも2017年に入り、顕著な上昇を見せている通貨を中心に紹介します。

イーサリアム

イーサリアムは2016年に入り1ETH1,000円台に急騰しました。2016年は1,000円~2,000円で推移し、2017年に5,000円台を記録。5月に1万円を突破すると、6月には4万円台まで高騰しています。2017年7月はビットコインの分岐騒動もあり暴落しましたが、8月末現在は4万円台で推移しています。当初は100円前後だったので、400倍程になっています。

DASH

DASHは2016年に入ってから徐々に上昇を続け、2017年に急騰しました。1DASH1,000円台から12,000円台となっています。その後は少し停滞するものの、5月から上昇基調になり7月には2.3万円台を記録しました。7月は多くの仮想通貨が下落しましたが、DASHは高い価格を維持し、8月には過去最高価格を更新し4万円台で推移しています。

NEM

NEMも2016年から価格上昇し、2017年に急騰した仮想通貨です。2017年当初は1XEM0.4円台でしたが、4月に入り3円台を記録しました。そして5月には一気に30円を突破しています。2017年だけで100倍近い高騰となっており、イーサリアムやDASHよりも顕著な伸びをみせています。7月は価格を落としたものの、8月末現在は35円前後で推移しています。

ランキング上位の仮想通貨売買はcoincheckがおすすめ

ランキング上位の仮想通貨を売買するなら、coincheckがおすすめです。トップ10のうち9種類の仮想通貨を扱っています。扱っていないのはMaidSafeCoinだけです。イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、リップル、NEMは他の取引所で扱っていますが、それ以外の3種類はcoincheckでしか売買できません。

coincheck公式サイト

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

※お取引金額に応じて最大5,000円分がキャッシュバックされるキャンペーン中

その他取引所公式サイト

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨ランキングは定期的にチェックを

仮想通貨ランキングは仮想通貨の人気や将来性を映し出す指標の一つです。定期的にチェックして投資の参考にしてみてください。急にランクインした仮想通貨は何らかの要因があるはずなので、調べると思わぬ発見があるかもしれません。

※5月31日更新 仮想通貨ランキングの追記

5月31日時点での仮想通貨時価総額ランキングです。順位と顔ぶれに結構な変化がありました。まずNEMが急激な価格上昇で7位から4位にアップしました。そしてAugurとMaidSafeCoinがトップ10から外れ、代わりにStratisとBytecoinがランクインしています。どちらも急激な価格上昇が理由です。

※6月30日更新 仮想通貨ランキングの追記

6月30日時点での仮想通貨ランキングです。5月から少し変動がありました。まず、NEMの順位が落ち、ライトコインとイーサリアムクラシックが順位を上げています。そしてStratisとBytecoinが外れ、代わりにIOTAとBitSharesがランクインしています。IOTAは上場後いきなりトップ10入りしており、IOT(モノのインターネット)に導入することを目的に開発された仮想通貨です。ブロックチェーンではなく、Tangleという技術が使われており、手数料無料で送金が可能です。

※7月31日更新 仮想通貨ランキングの追記

7月31日時点での仮想通貨ランキングです。6月とそこまで変動はなく、イーサリアムクラシックの順位が5位から7位に下落し、NEMとDASHが1位ずつ上昇しています。後は6月に10位だったBitSharesとStratisが入れ替わっているだけです。7月はビットコイン以外のアルトコインが総じて時価総額を落とす結果になりました。

※8月31日更新 仮想通貨ランキングの追記

8月31日時点での仮想通貨ランキングです。大きな変化としてはBitcoin Cashが誕生し3位にランクインしている点です。そしてNEOが新たにランクインしています。NEOは中国版イーサリアムと言われる存在で、8月だけで7倍程高騰しています。また、11位~20位にはHshare、OmiseGO、Qtumなど新しい仮想通貨が入ってきています。

※9月30日更新 仮想通貨ランキングの追記

9月30日時点での仮想通貨時価総額ランキングです。8月末と顔ぶれに変化はなく、順位だけが入れ替わっています。9月は中国のICO禁止により主要な仮想通貨の多くが下落しましたが、9月末になり徐々に回復してきている状況です。

※11月5日更新 仮想通貨ランキングの追記

11月5日時点での仮想通貨時価総額ランキングです。ランキングの前に、ビットコイン価格が高騰しており、時価総額が拡大しています。1,200億ドルと9月から2倍近くに拡大しています。これによりビットコインのシェアは6割以上になっています。ランキングを見ると、ビットコインキャッシュがリップルを抜き3位に浮上しました。ビットコイン同様価格高騰を続けています。その他の顔ぶれはあまり変わりませんが、IOTAがトップ10から外れイーサリアムクラシックがランクインしました。

※12月3日更新 仮想通貨ランキングの追記

12月3日時点での仮想通貨時価総額ランキングです。まず触れておくべきは、11月は仮想通貨相場が高騰したことです。11月のランキングと比較するとわかりますが、ほぼ全ての仮想通貨の時価総額が拡大しています。ランキングでは新しく2つの仮想通貨がトップ10に入りました。ビットコインからハードフォークしたビットコインゴールド(7位)とCardano(ADA)です。Cardanoは仮想通貨の貨幣としての機能にスマートコントラクトなどの付加価値を与えたイーサリアムをさらに発展させた仮想通貨を目指しています。

※1月5日更新 2018年の仮想通貨ランキング

2018年の仮想通貨ランキングは以下の記事をご確認ください。

【2018年】仮想通貨ランキング。時価総額トップ10通貨の特徴や価格推移

https://bitcoinlab.jp/articles/1100

仮想通貨は価格と供給量を掛けて時価総額が算出されています。2018年1月現在、仮想通貨の種類は1,400種類を超えており、時価総額のランキングは価値や将来性を判断する一つの基準となっています。2018年最新の仮想通貨ランキングを紹介します。

関連するキーワード


時価総額

関連する投稿


ビットコインの時価総額が2兆円に。企業だとどのくらいの規模?

ビットコインの時価総額が2兆円に。企業だとどのくらいの規模?

時価総額は株価と発行済株式数を掛けて算出します。時価総額の大きさは企業規模の大きさに加え、将来に対する期待も大きいことを意味します。ビットコインの場合は株価という概念がないので、1BTCあたりの価格とビットコインの供給を掛けて算出されます。時価総額は2億円を超え、名だたる大企業と同等の評価を受けています。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で