ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


ビットコインの通貨別取引量

ビットコインは日本円や米ドル、ユーロなど各国の法定通貨で取引することができます。画像はビットコインの通貨別取引量のシェアです。12月12日現在、日本円の取引量が最も多く約40%、米ドルが約33%、韓国ウォンが約7%、ユーロが約5%となっています。

日本円の割合が低下し、米ドルが上昇

ビットコイン取引において日本円が占める割合は、10月末には65%を超えていました。しかし、ビットコイン先物が上場するニュースが流れたあたりから徐々に低下し、代わりに米ドルの割合が上昇しています。

画像は10月末時点でのビットコイン取引量のシェアです。日本円は約65%、米ドルは約20%でした。ビットコイン先物取引開始により、アメリカ最大手の仮想通貨取引所であるコインベースの口座開設数が急増しましたが、数字からもアメリカ人のビットコイン取引量が急激に伸びていることがわかります。

アルトコイン取引も米ドルが存在感を発揮

イーサリアムの通貨別取引量

ライトコインの通貨別取引量

リップルの通貨別取引量

アルトコイン取引は韓国ウォンが圧倒的な取引量を占めていましたが、米ドルの存在感が増しています。イーサリアムとライトコインにおいては1位(ビットコイン建てを除く)です。リップルは韓国ウォンの取引量の方が多いですが、差は僅かとなっています。こうした状況を見ると、昨今のアルトコイン価格高騰は米ドルが牽引していると言えるかもしれません。先物取引開始により仮想通貨に関心を持ったアメリカ人がアルトコインを購入している可能性があります。

通貨別の取引量に注目

米ドルでのビットコイン・アルトコイン取引量が増加しています。先物取引開始により、関心を持つ投資家が増えているのでしょう。日本も盛り上がりを見せていますが、アメリカでも同等以上の盛り上がりを見せているのかもしれません。日本円のビットコイン取引量が65%を占めている状況は少し異常でしたので、いい傾向ではないでしょうか。仮想通貨の世界は数ヶ月で状況が一変するので、数ヵ月後にはまた違った結果になっているかもしれません。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin