金融庁、仮想通貨のみなし業者3社を行政処分

金融庁、仮想通貨のみなし業者3社を行政処分

4月6日、金融庁は仮想通貨交換業におけるみなし業者であるFSHO、エターナルリンク、LastRootsの3社に対して行政処分を行いました。FSHOは3月にも行政処分を受けていますが、業務改善命令を履行していないことから、業務停止命令が下されました。


金融庁、仮想通貨のみなし業者3社を行政処分

TK Kurikawa / Shutterstock.com

4月6日、金融庁は仮想通貨交換業におけるみなし業者であるFSHO、エターナルリンク、LastRootsの3社に対して行政処分を行いました。FSHOは3月にも行政処分を受けていますが、業務改善命令を履行していないことから、業務停止命令が下されました。エターナルリンクに対しては6月5日までの業務停止命令と業務改善命令が出され、LastRootsには業務改善命令が出されました。

みなし業者の撤退が相次ぐ

みなし業者とは金融庁に登録申請をしている認可待ちの仮想通貨取引所です。16社存在しますが、既にミスターエクスチェンジ、東京ゲートウェイ、ビットステーション、BitExpress、来夢の5社は登録申請を取り下げています。Business Insiderの報道によれば、クラウドファンディングで有名なCAMPFIREも申請の取り下げる意向を明らかにしているようです。金融庁はコインチェックの不正流出事件を受け仮想通貨交換業社の一斉立ち入り検査に入っており、基準を満たすことができず撤退を表明する事業者が増加しています。

“みなし”仮想通貨取引所に淘汰の波 —— CAMPFIREら6社が登録断念

https://www.businessinsider.jp/post-165242

“みなし”仮想通貨取引業者に淘汰の波が押し寄せている。金融庁は2018年4月6日、みなし業者として仮想通貨取引所を運営している16社のうち、6社が申...

落ち着くのは夏頃か

みなし業者の相次ぐ撤退やマネックスによるコインチェック買収など業界再編が進んでいますが、このドタバタはもう少し続きそうです。みなし業者の撤退あるいは登録がはっきりし落ち着くのは夏頃になるのではないでしょうか。

最新の投稿


【2018年4月25日】主要なアルトコインはやや下落。ビットコインは1万ドル手前

【2018年4月25日】主要なアルトコインはやや下落。ビットコインは1万ドル手前

4月25日の仮想通貨相場は、全体的に見ると昨日と大きな変化はありません。ビットコインは数パーセント上昇し105万円前後、アルトコインは主要な種類は下落しているものの、30%以上上昇している種類もあり、全体の時価総額に変化はありません。


テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

Zaif仮想通貨取引所を運営するテックビューロ株式会社、パーソルキャリア株式会社、日本情報通信株式会社は、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験を、2018年3月~4月に実施したことを発表しました。


Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)は、イーサリアムとHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)を使ってブロックチェーンネットワークを構築できるAWS Blockchain Templates(ブロックチェーンテンプレート)をリリースしました。


アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど食品・物流関連企業などで構成されるコンソーシアムは、物流業界において、貿易書類のペーパーレス化および年間数億ドルのコスト削減を図ることができるブロックチェーンソリューションの実証に成功したことを発表しました。


【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

4月24日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しています。先週から基本上昇を続けていて、ビットコインは節目の100万円に回復しました。アルトコインも連日上昇していて、仮想通貨全体の時価総額は45兆円まで回復しています。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で