おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど7種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインの取引手数料マイナス0.01%。ビットコイン、イーサリアム、モナコインなど5種類の仮想通貨と豊富なトークンを取引可能。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

企画一覧

コラム一覧

最新の投稿


bitFlyer(ビットフライヤー)がサーキットブレーカー制度を導入。

bitFlyer(ビットフライヤー)がサーキットブレーカー制度を導入。

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerがサーキットブレーカー制度の導入を発表しました。サーキットブレーカー制度とは、価格が一定以上の変動を起こした場合に強制的に取引を止めるなどの措置をとる制度のことです。bitFlyerでは、基準価格の上下20%以上に達した場合に適用されます。


DASH価格が高騰。2万円台に。

DASH価格が高騰。2万円台に。

DASH価格が6月11日に高騰し、2万円を突破しました。DASHは2017年から高騰し、上昇・下落を繰り返していましたが、ついに大台の2万円にのりました。アルトコインは循環物色が続いており、DASHの高騰もそうした流れによるものと思われます。


仮想通貨取引所のセキュリティ。コールドウォレットとは?

仮想通貨取引所のセキュリティ。コールドウォレットとは?

仮想通貨取引所を利用する上で重要な点がセキュリティです。取引所はハッキング対象として狙われることが多く、対策が求められてきました。コールドウォレットは全ての取引所が導入しており、インターネットから切り離されたオフライン状態で保管されているウォレットのことです。


仮想通貨「DigiByte(デジバイト/DGB)」とは。価格が高騰中。

仮想通貨「DigiByte(デジバイト/DGB)」とは。価格が高騰中。

DigiByte(デジバイト)は2014年に公開された仮想通貨です。通貨単位はDGBと表記されます。世界的に有名なゲームであるマインクラフトでDigiByteが採掘できるようになるというニュースから価格が高騰し、注目を集めています。DigiByteの特徴を紹介します。


ビットコインの時価総額は5兆円に。任天堂やキヤノンと同水準。

ビットコインの時価総額は5兆円に。任天堂やキヤノンと同水準。

ビットコインの時価総額が5兆円を突破しました。単純な比較はできませんが、企業で見ると任天堂やキヤノンと同水準となり、国内のランキングで10位前後です。このまま順調に伸びれば、時価総額トップのトヨタ自動車(約19兆円)を超える日も案外近いかもしれません。


エボラブルアジアがBITPointと提携し、仮想通貨両替サービスを開始

エボラブルアジアがBITPointと提携し、仮想通貨両替サービスを開始

エボラブルアジアがBITPointと提携し、仮想通貨両替サービスを開始すると発表しました。子会社であるAirTrip Exchangeの店舗やエボラブルアジアグループの契約施設1400施設、日本国内のホテル・旅館にて、ビットコインなどの仮想通貨から日本円への両替が可能となります。2017年夏からサービスが開始されます。


イーサリアム価格が3万円を突破。時価総額もビットコインの50%以上に。

イーサリアム価格が3万円を突破。時価総額もビットコインの50%以上に。

イーサリアム(ETH)価格が6月10日、3万円を突破しました。5月末に仮想通貨暴落の影響を受けましたが、すぐにピーク時の価格を回復。そして大台の3万円を突破しました。1万円を突破したのが5月初旬だったので、わずか1ヶ月で3倍に高騰しています。


ビットコインの海外送金。手数料や時間、利用用途とは?

ビットコインの海外送金。手数料や時間、利用用途とは?

ビットコインは海外送金に便利と言われています。理由は手数料の安さと送金スピードです。銀行を利用すると手数料が数千円かかり、時間も1週間程度かかってしまいます。ビットコインの海外送金における手数料や時間、利用用途を紹介します。


デュアルタップが不動産仲介事業でビットコイン決済を開始。

デュアルタップが不動産仲介事業でビットコイン決済を開始。

不動産開発、賃貸、分譲などを行う株式会社デュアルタップが子会社のDualtap Property Managementを通じて不動産仲介事業においてビットコイン決済を開始すると発表しました。D-style+(ディースタイルプラス)秋葉原店が対応します。


上値抵抗線と下値支持線とは。高値・安値の目安

上値抵抗線と下値支持線とは。高値・安値の目安

価格が上昇あるいは下落するとき、どこまで上昇するのか下落するのか判断することは難しいです。上値抵抗線と下値支持線はその目安となる指標であり多くの投資家が参考にします。当然上値抵抗線と下値支持線を超えることもありますが、売りと買いの圧力は強まります。


仮想通貨が投資商品として人気を集める理由

仮想通貨が投資商品として人気を集める理由

2017年4月、改正資金決済法が施行され仮想通貨投資が活発になってきています。市場規模は短期間で3倍以上になり、既に10兆円を突破しました。仮想通貨が投資商品として人気を集める理由とは何なのでしょうか?


ビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順のまとめ。

ビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順のまとめ。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、取引所への口座開設が必要になります。口座開設には本人確認書類などが必要です。今回はビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順をまとめて紹介します。


ティーアンドティーがビットコイン決済に対応。客船業界で初。

ティーアンドティーがビットコイン決済に対応。客船業界で初。

オーシャニア・クルーズ、リージェント・セブンシーズ・クルーズなどの豪華客船のツアー販売を専門に手がける旅行会社である株式会社ティーアンドティーは、客船業界では初となるビットコイン決済への対応を発表しました。2017年7月1日から対応が始まります。


仮想通貨投資家の分類。株式やFXとは違う層も?

仮想通貨投資家の分類。株式やFXとは違う層も?

仮想通貨は株式やFXと違い、投資やトレード以外の目的で購入している層もいます。今回は仮想通貨投資家を4つに分類し、それぞれの特徴を紹介します。もちろん、一般論であり全ての人に当てはまるわけではありません。


仮想通貨取引所は、住信SBIネット銀行を使うとお得で便利。

仮想通貨取引所は、住信SBIネット銀行を使うとお得で便利。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、まず取引所口座に入金する必要があります。銀行口座から振り込むことが一般的であり、ほとんどの銀行口座から入金が可能ですが、住信SBIネット銀行を使うとお得で便利なことが多いです。


半値戻しと半値押しとは。相場の特徴を知ろう

半値戻しと半値押しとは。相場の特徴を知ろう

価格は一直線に上昇・下落することはなく、上昇・下落を繰り返しながらトレンドが作られていきます。大きく上昇もしくは下落した後は3分の1・2分の1・3分の2あたりまで戻すという経験則があり、どこまで戻ったかによってトレンドを掴むことが可能です。


【2017年】アルトコインの高騰。次に跳ね上がるのは?

【2017年】アルトコインの高騰。次に跳ね上がるのは?

2017年以降、アルトコインの多くが高騰しています。中にはリップルなど100倍程高騰したアルトコインもあり、億万長者も誕生していると思われます。今回は2017年高騰した主要なアルトコインを紹介します。


ビットコイン(仮想通貨)取引における「気配値」とは?

ビットコイン(仮想通貨)取引における「気配値」とは?

気配値とは買い手と売り手が希望する価格(指値)のことです。買い気配値と売り気配値があり、現在いくらでどのくらい売れそうか買えそうかを判断できます。「板」と呼ばれることが多く、リアルタイムに取引する際に欠かせない情報です。


coincheckの価格アラート機能を活用しよう。

coincheckの価格アラート機能を活用しよう。

coincheckには、価格アラートというサービスがあります。ビットコインなどcoincheckが扱う仮想通貨の価格変動をメールやSMSで通知してくれるサービスです。価格変動(%)と価格到達で自由に指定ができて便利です。


仮想通貨の価格変動が大きい理由

仮想通貨の価格変動が大きい理由

仮想通貨は価格変動(ボラティリティ)が大きいです。為替の数倍~数十倍です。価格変動が大きい投資商品は一般的にハイリスクハイリターンと言われますが、ある程度リスクが許容できれば魅力的な投資商品と言えます。仮想通貨の価格変動が大きい理由を紹介します。