仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

OmiseGo(OMG)はイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。OmiseGoを展開するOmiseは2013年に設立、タイ・バンコクに拠点を置き東南アジア向けの決済プラットフォームを開発する会社です。日本人起業家長谷川潤氏がCEOを務めています。

目次

  • OmiseGo(OMG)の概要
  • 価格が高騰しているOmiseGo
  • OmiseGoの今後に注目

OmiseGo(OMG)の概要

OmiseGo(OMG)はイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。アジアにおいて、ケニアで成功を収めるモバイル送金サービスのM-Pesaのような存在になることを目指しているといいます。東南アジアは銀行口座を持っていない方が半数以上になるため、非常にポテンシャルの大きな市場と言えるでしょう。

Omiseについて

OmiseGoを展開するOmiseは東南アジア向けの決済プラットフォームを開発しています。2013年に設立され、タイ・バンコクに拠点を置き、日本人起業家長谷川潤氏がCEOを務める会社です。タイを中心にクレジットカード決済システムやC2C向けの決済アプリを提供しています。既に多くの導入実績があり、OmiseGoを展開する上でも大きな強みになっています。

価格が高騰しているOmiseGo

OmiseGOはICOから注目を集めていましたが、上場後も価格が高騰しています。上場後40円台だった価格は、8月12日に780円まで高騰しました。わずか1ヶ月で20倍程の価格上昇です。当然時価総額も拡大し、10位~15位前後に付けています。タイのマクドナルドで採用されるニュース、タイの金融庁で採用されるニュース、イーサリアム保有者に対してAirdropを行うニュースなどが影響したと考えられます。

OmiseGoを扱う取引所

OmiseGoは国内取引所では扱っておらず、海外のBittrexやYunbiなどで取引できます。Bittrexは世界的に有名な取引所であり日本人の利用者も多いです。200種類程のアルトコインを扱っており、アルトコイン取引には欠かせない取引所になってきています。

OmiseGoの今後に注目

OmiseGoは日本で活動していることもあり、ホワイトペーパーなども日本語で見ることができます。気になった方はホームページやホワイトペーパーをチェックしてみてはいかがでしょうか。SBIやSMBC、国内で有名なVCであるイーストベンチャーズなども出資しています。今後も注目を集めていく存在になっていきそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧