仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所「Coinex」がイギリスで誕生します。ビットコインキャッシュをサポートしているViaBTCが展開するもので、12月下旬から取引が開始される予定です。

目次

  • ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生
  • ビットコインキャッシュが基軸通貨になる意味
  • ビットコインキャッシュの決済導入も進む

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所「Coinex」がイギリスで誕生します。ビットコインキャッシュをサポートしているViaBTCが展開するもので、12月下旬から取引が開始される予定です。取り扱う通貨ペアは、BTC/BCH、ETH/BCH、LTC/BCH、ZEC/BCH、DASH/BCHの5種類。ビットコインキャッシュの需要が増加する出来事となるかもしれません。

基軸通貨とは

基軸通貨と言えば米ドルを想像すると思います。為替や国際金融取引で基準として採用されている通貨のことです。仮想通貨の世界ではビットコインが該当します。アルトコインの多くはビットコインのように日本円や米ドルなどの法定通貨で取引することはできず、ビットコインでしか取引できません。また、最近ではイーサリアムを軸に取引できる取引所も増えており、イーサリアムも基軸通貨になりつつあると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュが基軸通貨になる意味

大半のアルトコインはビットコイン建ての取引しかできないため、仮想通貨相場はビットコイン次第のところがあります。ビットコインに大きな影響を受けてしまうわけです。ただ、イーサリアムを始め他の仮想通貨での取引量が増加すればビットコインの影響は受けにくくなります。今後、ビットコイン以外の仮想通貨を基軸にする取引所が増加すれば、これまでとは違った相場になっていくでしょう。

ビットコインキャッシュの需要増

ビットコインキャッシュ建てでの取引量が増えてくれば、当然ビットコインキャッシュ自体の需要は増加します。ビットコインキャッシュを軸に他の仮想通貨と交換したり法定通貨と交換したり流れが加速するでしょう。ビットコインが暴落すれば、仮想通貨は全体的に暴落するのがこれまでの常識ですが、今後はビットコインキャッシュに避難する投資家が増えビットコインキャッシュの価格は上昇するといったことも起きるかもしれません。

ビットコインキャッシュの決済導入も進む

ビットコインは価格高騰により送金手数料の高騰が指摘されています。対するビットコインキャッシュは0.001BCH程なので非常に安いです。決済通貨として導入する企業も増えており、仮想通貨デビットカードを展開するBitPay社もビットコインキャッシュの対応を始めることを発表しました。ビットコインはライトニングネットワークが話題になっていますが、実用化はまだ大分先。しばらくはビットコインキャッシュが決済の主役となるかもしれません。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧