仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨ではビットコインが圧倒的に有名ですが、ビットコイン以外の種類もたくさん存在します。ビットコイン以外は総称してアルトコインと呼ばれていますが、中でも時価総額が大きいのがイーサリアム(Ethereum)です。イーサリアムの特徴や価格、扱う取引所などを紹介します。

目次

  • 仮想通貨の種類
  • イーサリアムの特徴
  • イーサリアムの価格推移
  • イーサリアムを扱う取引所
  • イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨

仮想通貨の種類

仮想通貨はビットコインがあまりにも有名なので他の通貨はあまり目立ちませんが、実は700種類以上の通貨があります。ビットコイン以外の通貨はアルトコインと呼ばれます。アルトコインではイーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ライトコイン(Litecoin)、ダッシュ(DASH)などが有名ですが、時価総額でビットコインに次ぐ2位をずっと維持しているのがイーサリアムです。イーサリアムの時価総額は1,000億円前後で推移しています。ビットコインは1兆円前後で推移しているので、大体1/10の規模になります。

イーサリアムの特徴

イーサリアムはビットコインと同様にブロックチェーン技術を使っていますが、さらに機能を拡張している点が特徴です。中でもイーサリアムを象徴する機能と言えるのが「スマートコントラクト」です。スマートコントラクトは直訳すると「賢い契約」という意味になりますが、取引で行われる契約を自動的にブロックチェーン上に残すことをいいます。ビットコインでは取引記録がブロックチェーン上に残っていますが、イーサリアムは加えて契約内容まで残せるということです。

スマートコントラクトができる凄さ

イーサリアムはスマートコントラクトが最大の特徴になりますが、何が凄いのかよくわからないかもしれません。スマートコントラクトは中央管理者を介さずに契約内容を自動執行できます。その内容はブロックチェーンに記録されるので、不特定多数のデータベースに記録されることになります。つまりビットコインの取引記録同様に改ざんが極めて難しくなるのです。

従来の契約で中央管理者となっていた銀行や証券会社、裁判所、登記所などは必要なくなるので、コストと時間がかからないことになります。また、契約の際に必要な捺印や署名なども不要です。ビットコインの取引記録と同様に不特定多数の人の目にさらされている点が信頼性の高さになっているのです。

イーサリアムの価格推移

イーサリアムは2015年に公開されました。ちなみにビットコインはBTCと表記されますが、イーサリアムはETHと表記されます。公開直後は高騰しましたが、しばらくすると落ち着き数十円で推移しました。価格が一気に上昇したのは2016年に入ってからです。価格は1ETF1,000円を超え、6月には最高値である2,200円を記録しました。その後は落ち着き1,000円前後で推移することが多かったですが、2017年に入り高騰し3月20日の時点で約4,700円になっています。公開直後から見ると150倍程になっており、今後どこまで伸びるのか楽しみな仮想通貨です。

※5月31日更新
イーサリアム価格は2017年5月に1万円を突破すると、5月末には25,000円まで上昇しました。

※6月30日更新
イーサリアム価格は6月も高騰しました。一時48,000円台を記録し5万円に迫っています。6月末現在は35,000円前後で推移しています。

イーサリアムを扱う取引所

イーサリアムは第2位の仮想通貨だけであり扱っている取引所が多いです。日本では、bitFlyer(ビットフライヤー)、BITPoint(ビットポイント)、coincheck(コインチェック)、Quoine(コイン)、Kraken(クラーケン)などの取引所で売買ができます。

ビットフライヤーの場合

ビットフライヤーの場合は管理画面の「bitFlyer Lightning」からイーサリアムが売買できます。

クリックすると、上記の黒い取引画面に遷移します。赤枠で囲っている「ETF↓」をクリックするとイーサリアムの画面になるので、もう一つの赤枠の場所から数量を入力して売買を行ってください。この画面を開くとカチャカチャ音がしますが、気になる場合は音量をOFFにしましょう。

bitFlyerの詳細はこちら

イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨

イーサリアムはビットコインに次ぐ第2位の仮想通貨です。スマートコントラクトが最大の特徴でビットコインにはない機能があります。ビットコイン同様に価格の推移は激しいですが、着実に上昇しています。まだビットコインに比べて伸び代があるので、購入するなら今のうちがチャンスかもしれません。日本でも多くの取引所が扱っていて購入しやすい点も魅力です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧