セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。まずは社内カフェにて運用が開始されます。

開発の背景や目的

セゾン情報システムズは、実業務におけるブロックチェーン技術の利活用に向けた研究・開発を社内の研究開発組織「ブロックチェーンラボ」にて進めています。また、セゾン情報システムズでは働き方改革を推進しており、人事プログラムの刷新やテレワークの導入など、様々な施策を講じています。11月20日に移転した新オフィスでは、専門のバリスタが常駐するカフェ「innoBase」を設置し、就業時間中は誰でも利用できるようになりました。

そこで、ブロックチェーン技術を働き方改革の取り組みに活用することを目的に、社内仮想通貨およびスマートフォンアプリを開発し、試験運用することとしたようです。利用者は、社内活動などへの貢献により、個人ごとに社内仮想通貨を貯め、スマートフォンアプリによりカフェで使用できます。

今後の展開

今後は、セゾン情報システムズの福利厚生の充実を目指し、社内システムと連携するなどしてさらなる利便性向上を図るとともに、来訪者も体験できるよう準備を進めていくようです。また、ブロックチェーン技術を活かした新たなサービス提供など今後の事業化へ向けた検討も進めていく方針です。

意外に多い社内仮想通貨の導入事例

社内仮想通貨は他の企業でも発行されています。例えば、カブドットコム証券。「OOIRI(オオイリ)」という社内仮想通貨で、残業しなかった場合、1日で1万歩以上歩いた場合など働き方改革や健康経営の観点で導入されています。今後は社外にも広げていく方針のようです。他にもいくつか導入事例がありますが、働き方改革などある目的を実現するための「ツール」として活用されている場合が多いです。

最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で