BITPoint(ビットポイント)がライトコインとリップルの取り扱いを開始

BITPoint(ビットポイント)がライトコインとリップルの取り扱いを開始

仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)が、ライトコインとリップルの取り扱いを開始します。ライトコインは2018年1月14日(日)から、リップルは2018年2月18日(日)から取引開始予定です。


BITPoint(ビットポイント)がライトコインとリップルの取り扱いを開始

仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)が、ライトコインとリップルの取り扱いを開始します。ライトコインは2018年1月14日(日)から、リップルは2018年2月18日(日)から取引開始予定です。追加される通貨ペアは「LTC/JPY」及び「XRP/JPY」で、両通貨ともに日本円での取引となります。現物取引のみの提供でレバレッジ取引の対応はありません。

BITPointで取引できる仮想通貨は5種類に

BITPointは現在、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを取り扱っています。ライトコインとリップルが加わることで、5種類の仮想通貨が取引できることになります。

BITPointについて

BITPointは2016年からサービスを開始している仮想通貨取引所です。東証二部に上場するリミックスポイントの子会社として設立されました。数少ない上場企業系仮想通貨取引所としての信頼感や安心感から着実にユーザー数を伸ばしてきました。仮想通貨取引所では対応しているところが少ない電話でのカスタマーサポートや、FX取引でお馴染みの取引ツールであるMT4を使ったレバレッジ取引など他社にはないサービスを提供しています。

また、ウォレットアプリも展開しており、ビットコインに加えイーサリアム決済にも対応しています。韓国や台湾の現地企業と合弁で仮想通貨取引所を設立するなど、海外展開にも積極的です。

BITPointの詳細はこちら

各取引所が主要なアルトコインに対応

これまでは仮想通貨取引所によって、取り扱うアルトコインにかなりの差がありましたが、各取引所がアルトコインの対応を始め差はなくなってきています。今回はBITPointが取り扱うライトコインとリップルは既に5社程の取引所で取引することができます。今後、各取引所がアルトコインに対応し、取り扱い通貨においては差のない状況になっていくでしょう。

関連するキーワード


BITPoint

関連する投稿


ビットポイントジャパン、株式の一部を香港の上場企業に譲渡

ビットポイントジャパン、株式の一部を香港の上場企業に譲渡

仮想通貨取引所BITPointを運営する株式会社ビットポイントジャパンは、株式の一部を香港証券取引所のグロース・エンタープライズ・マーケットに上場するMadison Holdings Group Limited(MH社)に譲渡することで合意したと発表しました。


BITPointが仮想通貨取引アプリをリリース

BITPointが仮想通貨取引アプリをリリース

仮想通貨取引所BITPointを運営するビットポイントジャパンが、スマートフォンに対応した仮想通貨取引アプリをリリースしました。2018年4月2日(月)12:00よりiOS版がダウンロード可能になり、2018年6月中旬にAndroid版がリリースされる予定です。


BITPointの仮想通貨マイニング事業。香港のPassion Progress Limitedと連携へ

BITPointの仮想通貨マイニング事業。香港のPassion Progress Limitedと連携へ

先日、仮想通貨取引所のBITPointが仮想通貨マイニング事業に参入するとお伝えしましたが、詳細が発表されました。マイニング事業において豊富なノウハウを保有する香港のPassion Progress Limited社と連携して開始します。


BITPoint(ビットポイント)がマイニング事業に参入

BITPoint(ビットポイント)がマイニング事業に参入

仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)が、マイニング事業に参入することが日本経済新聞の報道でわかりました。数十億円を投資し、2月中に開始するようです。アジアや中東、北欧、カナダなどにサーバーなどを置き展開する方針です。


BITPoint(ビットポイント)が仮想通貨の税金セミナーを開催

BITPoint(ビットポイント)が仮想通貨の税金セミナーを開催

仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)が、2018年2月10日(土)に、東京・六本木において仮想通貨の税金セミナーを開催します。公認会計士・森井じゅん先生による「仮想通貨の課税元年に、知っておきたい税の話」、BITPoint取締役の林千春氏による「弊社が描く仮想通貨の未来」の2講演を予定しています。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で