1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。


2017年のモナコイン相場

モナコインは2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録しました。年初の価格は2円程度でしたが、12月に一時2,300円まで高騰。実に1,000倍以上の価格上昇を記録しています。2017年の主な出来事としては、SegWit導入、半減期、bitFlyerへの上場などが挙げられますが、中でもbitFlyerへの上場はモナコインの認知度を圧倒的高めた出来事ではないでしょうか。

2018年は1,000円を割り込む展開。相場の行方は

2018年のモナコイン相場は1,000円台からスタートしましたが、1月6日に1,000円を割りました。現在は回復していますが、決していいスタートを切ったとは言えないでしょう。果たして今後どのような推移を辿っていくのでしょうか。

モナコインの特徴

モナコインはライトコインを元に開発されているため、機能的には大きく変わりません。最大の特徴はコミュニティにあります。特定のコミュニティで流通しており、決済はもちろん投げ銭などの文化が発達しています。投げ銭とは、大道芸人などに投げ与える金銭が元々の意味ですが、モナコインは掲示板サイト「Ask Mona」や「Monappy」、そしてtwitterなどで投げ銭が行えます。いわば「いいね」をする感覚でモナコインを送ることができます。多少大げさに言えば、自然とモナコインのネットワークは拡大していくのです。

特定のコミュニティに特化しているデメリットも

一方、特定のコミュニティに特化してしまっているため、従来の投資家層には受け入れられない可能性があります。ややオタクっぽい印象を持つ方も多いかもしれません。つまり、拡大を続ける日本人仮想通貨投資家の資金はモナコインに向かわないかもしれません。

ポテンシャルは大きい

現状、仮想通貨のほとんどは実需を伴わないものですが、モナコインは特定のコミュニティで普及しており、実需のある仮想通貨といえます。先ほど触れたように特定のコミュニティに特化していることはメリット・デメリットがあると思いますが、若年層や海外の方には受け入れやすいのではないでしょうか。モナコインは取引のほとんどが日本人であり、海外では取引できる取引所も限られています。主要な海外取引所に上場し、モナコインのコミュニティが認知されることで、一気に浸透する可能性もありそうです。

2018年のモナコイン相場に注目

2017年、約1,000倍の価格上昇を記録したモナコインですが、2018年はどうなるのでしょうか。他の仮想通貨にはない特徴を持った仮想通貨であり、ビットコインや主要なアルトコイン価格とはあまり連動しない傾向があるので、相場をチェックしてみるのは面白いかもしれません。

モナコインを扱う主な取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


モナコイン

関連する投稿


モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。連日高騰していましたが遂に大台を突破し、現在も1,000円を割ることなく取引されています。


モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

2017年11月22日、モナコイン(MONA)価格が高騰しました。前日330円台だった価格は440円まで高騰。100円以上の価格上昇を記録しています。400円台を付けたのは約1ヶ月ぶりです。


モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

10月25日~31日の間、モナコインのイベントである「秋葉原ジャック」が開催されています。秋葉原ラジオ会館と秋葉原UDXの大型ディスプレイでモナコインのプロモーション動画が放映されている他、パソコンショップアークではステッカーなどを配布しています。


注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

モナコインは10月中旬に価格が7倍以上に高騰し、大きな注目を集めました。モナコインは日本発の仮想通貨として知られ、複数の国内取引所が取り扱っています。各社の手数料などを比較して紹介します。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin