1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。


2017年のモナコイン相場

モナコインは2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録しました。年初の価格は2円程度でしたが、12月に一時2,300円まで高騰。実に1,000倍以上の価格上昇を記録しています。2017年の主な出来事としては、SegWit導入、半減期、bitFlyerへの上場などが挙げられますが、中でもbitFlyerへの上場はモナコインの認知度を圧倒的高めた出来事ではないでしょうか。

2018年は1,000円を割り込む展開。相場の行方は

2018年のモナコイン相場は1,000円台からスタートしましたが、1月6日に1,000円を割りました。現在は回復していますが、決していいスタートを切ったとは言えないでしょう。果たして今後どのような推移を辿っていくのでしょうか。

モナコインの特徴

モナコインはライトコインを元に開発されているため、機能的には大きく変わりません。最大の特徴はコミュニティにあります。特定のコミュニティで流通しており、決済はもちろん投げ銭などの文化が発達しています。投げ銭とは、大道芸人などに投げ与える金銭が元々の意味ですが、モナコインは掲示板サイト「Ask Mona」や「Monappy」、そしてtwitterなどで投げ銭が行えます。いわば「いいね」をする感覚でモナコインを送ることができます。多少大げさに言えば、自然とモナコインのネットワークは拡大していくのです。

特定のコミュニティに特化しているデメリットも

一方、特定のコミュニティに特化してしまっているため、従来の投資家層には受け入れられない可能性があります。ややオタクっぽい印象を持つ方も多いかもしれません。つまり、拡大を続ける日本人仮想通貨投資家の資金はモナコインに向かわないかもしれません。

ポテンシャルは大きい

現状、仮想通貨のほとんどは実需を伴わないものですが、モナコインは特定のコミュニティで普及しており、実需のある仮想通貨といえます。先ほど触れたように特定のコミュニティに特化していることはメリット・デメリットがあると思いますが、若年層や海外の方には受け入れやすいのではないでしょうか。モナコインは取引のほとんどが日本人であり、海外では取引できる取引所も限られています。主要な海外取引所に上場し、モナコインのコミュニティが認知されることで、一気に浸透する可能性もありそうです。

2018年のモナコイン相場に注目

2017年、約1,000倍の価格上昇を記録したモナコインですが、2018年はどうなるのでしょうか。他の仮想通貨にはない特徴を持った仮想通貨であり、ビットコインや主要なアルトコイン価格とはあまり連動しない傾向があるので、相場をチェックしてみるのは面白いかもしれません。

モナコインを扱う主な取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


モナコイン

関連する投稿


モナコイン(MONA)、底打ちし反転か

モナコイン(MONA)、底打ちし反転か

モナコイン(MONA)は、2017年に記録的な高騰を記録しました。年初2円台だった価格は12月に2,000円を突破しています。しかし、年末から下落が続いており、現在は300円~400円台で推移している状況です。強力なサポートラインに到達し、他の仮想通貨より早く底打ちした印象があります。


モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。連日高騰していましたが遂に大台を突破し、現在も1,000円を割ることなく取引されています。


モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

2017年11月22日、モナコイン(MONA)価格が高騰しました。前日330円台だった価格は440円まで高騰。100円以上の価格上昇を記録しています。400円台を付けたのは約1ヶ月ぶりです。


モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

10月25日~31日の間、モナコインのイベントである「秋葉原ジャック」が開催されています。秋葉原ラジオ会館と秋葉原UDXの大型ディスプレイでモナコインのプロモーション動画が放映されている他、パソコンショップアークではステッカーなどを配布しています。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で