DMM Bitcoinがサービスを開始。1000円プレゼントキャンペーンも

DMM Bitcoinがサービスを開始。1000円プレゼントキャンペーンも

DMMグループの株式会社DMM Bitcoinは、2018年1月11日より仮想通貨取引サイト「DMM Bitcoin」の取引サービスを開始しました。取引サービススタートを記念し、1,000円をプレゼントするキャンペーンも実施されています。


DMM Bitcoinがサービスを開始

DMMグループの株式会社DMM Bitcoinは、2018年1月11日より仮想通貨取引サイト「DMM Bitcoin」の取引サービスを開始しました。取引サービススタートを記念し、1,000円をプレゼントするキャンペーンも実施されています。対象は2018年1月11日から2018年3月31日の期間に、口座開設を完了した方で、トレード口座にもれなく1,000円が入金されます。

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペアの取引ができます。最大の特徴はレバレッジ取引の通貨ペアの豊富さです。他の仮想通貨取引所では、ビットコインのレバレッジ取引しかできずアルトコインのレバレッジ取引には対応していない場合がほとんどですが、DMM Bitcoinはイーサリアム、リップル、NEM、ライトコインなどのレバレッジ取引が可能になっています。

また、手数料の安さも特徴です。通常数百円取られる日本円の入金・出金手数料が無料、取引手数料も無料となっています。なおレバレッジ取引に関しては、建玉ごとに0.04%/日の手数料が発生します。

取引画面

取引画面は非常に見やすくなっており、スマホ対応もされています。Bid(売)とAsk(買)の2wayプライスとなっており、Bid(売)とAsk(買)の差であるスプレッド(SP)もわかりやすく表示されています。

取引所取引ではなく、coincheckやGMOコインと同様の販売所形式での提供です。取引所取引はユーザー同士が注文を出し合い取引をしていきますが、販売所は運営元(ここではDMM Bitcoin)と1対1の取引になります。提示された価格で約定するため、レバレッジ取引のような大きな取引をする場合に向いています。

アルトコインのレバレッジ取引をするなら唯一の選択肢

DMM Bitcoinは国内取引所でアルトコインのレバレッジ取引をするなら唯一の選択肢となります。仮想通貨取引所としては後発なので差別化は必須ですが、ニーズの高いポイントを押さえているのではないでしょうか。また、DMMはFX取引で多数のユーザーを抱えており、安心感も魅力と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの詳細はこちら

DMM Bitcoin | 今、ビットコイン取引を始めるならDMM

https://bitcoin.dmm.com/

まずは簡単メール登録!口座申込は最短約5分。ビットコインをはじめイーサリアムやネムなど7種の人気仮想通貨が取引可能※。様々なお取引の手数料も無料。365日24時間サポートで初心者でも安心!(※現物2種類 レバレッジ7種類)

関連するキーワード


DMM Bitcoin

関連する投稿


東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」に社名変更。14通貨ペアでレバレッジ取引可能

東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」に社名変更。14通貨ペアでレバレッジ取引可能

株式会社DMM.comは、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所が、2017年12月12日をもって株式会社DMM Bitcoinに商号変更を行い、平成30年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引システムサービスの口座開設申し込み受付を開始することを発表しました。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin