安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

仮想通貨投資はハイリスク・ハイリターンと言われますが、投資は仮想通貨以外にもさまざまな種類があります。「アパート経営」は仮想通貨とは真逆。比較的ローリスクで、“ロングリターン”が可能な投資方法として注目を集めています。


アパート経営とは何か

アパート経営とは、アパートを建ててオーナーとなり、賃貸運用することをいいます。長期にわたり、毎月安定した家賃収入が見込めます。仮想通貨や株式、為替などに比べ、市場の影響を受けにくく、景気変動にも左右されにくいため、急激な収入変動がありません。また、時間に拘束されないため、日中働くサラリーマンの方でも気軽に始められるメリットがあります。

アパート経営のメリット

土地が資産として残る

アパート経営はローン完済後に無担保の土地が手に入ることになります。ローン返済は家賃収入から行いますので、手持ち資金からの支出がありません。

生命保険のかわりになる

アパート購入のためにローンを申し込む際、銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれています。このことで、オーナー様に万が一のことがあった場合、ローンの残額は生命保険によって完済されることになり、ご家族は無借金のアパートと毎月の家賃収入が残ります。

インフレ対策になる

東京オリンピックに向けてインフレが進むことが予想されます。インフレが進むとお金の価値が下がることになりますが、不動産(アパート)はインフレとともに価値が上がるため、インフレ対策として有効です。

アパート経営に必要な視点「収益稼働率」

アパート経営では「入居率」の高さが不動産投資会社を選ぶ基準の一つになっていますが、入居率が高いからと言って安定した家賃収入を得られるわけではありません。入居率とは、物件の部屋数に対する入居者の数のことで、フリーレントや家賃の値下げにより高めることができます。しかし、こうした方法を実施すると減収に繋がるため、安定した家賃収入は見込めません。

そこで大事なのが、「収益稼働率」です。収益稼働率とは新築時のプランにて提案された家賃設定が、年間完全満室状態とした場合の年間家賃収入を100%とし、それに対して、経年と共にどれだけ実際の家賃収入が落ちていくのかを集計したものです。つまり、100%に近いほど、安定した家賃収入を得ることができるわけです。

アイケンジャパンでは、8年経過後も収益稼働率96%を維持しています。当然、「入居率」に関しても98%と高い数字です。

 

アイケンジャパンについて

アイケンジャパンは「収益稼働率」にこだわった堅実なアパート経営を支援する企業です。業界でも高い収益稼働率を誇っている理由として、入居者に選ばれるアパートづくりをしていることが挙げられます。

防音・遮音性能、耐震対策、劣化対策、充実の設備、セキュリティ、厳選したエリア(駅から徒歩15分以内)など挙げればきりがありませんが、「入居者に喜ばれる」アパートづくりを実践しています。

仮想通貨とは違った「ローリスク・ロングリターン」のアパート経営

仮想通貨はボラティリティが大きく、ハイリスク・ハイリターンな投資として魅力的です。資産運用全体で考えると、仮想通貨投資と比較的ローリスクなアパート経営は相性が良く、仮想通貨で短期的に利益を作り、中長期的にアパート経営で安定収入を得るといった組み合わせができます。