仮想通貨「Siacoin(シアコイン)」とは。ストレージの空き容量を貸し出せる?

仮想通貨「Siacoin(シアコイン)」とは。ストレージの空き容量を貸し出せる?

Siacoin(シアコイン)は2015年に公開された仮想通貨です。通貨単位はSCと表記されます。ストレージの空き容量を貸し出し、対価としてSiacoin(SC)を受け取ることができます。貸し出す人だけでなく、利用者も従来よりも安価に使用することが可能です。


Siacoin(シアコイン)の概要

Siacoin(シアコイン)は2015年に公開された仮想通貨です。通貨単位はSCと表記されます。ストレージの空き容量を貸し出し、対価としてSiacoin(SC)を受け取ることができます。貸し出す人は空いているストレージを貸すだけで報酬を受け取れるメリットがあり、利用者は従来のクラウドストレージよりも低コストで利用できるメリットがあります。

Siacoin(シアコイン)の特徴

Siacoinは眠っているストレージを有効活用することができます。現在、主に企業向けのクラウドサービスのストレージは飽和状態になっています。一方、一般ユーザーのストレージは空き容量があることが多く、Siacoinはこの空き容量を利用してギャップを解消する狙いがあります。主に企業向けの利用を見込んでいるようです。

企業が利用するメリットとして、従来サービスよりも安価に利用できる点が挙げられますが、管理コストの軽減も可能です。ストレージの利用量に応じて自動的に計算を行ってくれ、口座から引き落としをしてくれます。引き落とされたお金はSiacoin(SC)として貸し出した人に払われる仕組みです。こうした点が評価され、注目度の高い仮想通貨になっています。

Siacoin(SC)の相場や扱う取引所

Siacoinは2017年に入り価格が高騰しています。2017年当初は1SCあたり0.02円台でしたが、5月に1円を突破し、現在も1円前後で推移しています。2017年だけで約50倍の価格上昇です。割安という点もあると思いますが、他のアルトコインに比べて上昇率は高く、注目度の高さがうかがえます。時価総額は10位~20位前後に位置しています。

国内の取引所では扱っておらず、売買するには海外の取引所を利用する必要があります。世界一のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)、イギリスのHitBTC、中国のYunbiなどで売買可能です。Poloniexが最も利用しやすいでしょう。

※6月30日更新
Siacoinは6月に2円を突破し、1.5円~2円前後で推移しています。

※7月31日更新
7月は価格が暴落し、一時0.6円台まで下落しました。7月末現在は1円前後で推移しています。

※9月30日更新
8月以降価格が低迷しており、0.4円~0.6円程で推移しています。

Siacoinの今後に注目

Siacoinはストレージの空き容量を有効活用することを目指す仮想通貨です。ストレージを貸し出す人、利用したい人双方にメリットのある仕組みになっています。MaidSafeCoinなどと似た仕組みで、同様の仮想通貨はいくつか存在しますが、いずれも時価総額上位になっているため、需要の高さと期待の高さが感じられます。Siacoinのビジネス利用や価格推移に注目です。

国内のアルトコイン取引所

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

国内でアルトコインを取引するなら、12種類を扱うcoincheckがおすすめです。国内で最多の取り扱い数になります。

関連するキーワード


Siacoin

最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin