bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタート

bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタート

bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタートしました。板方式でビットコインでの売買(ETH/BTC)が可能です。ビットコイン、リップル、ライトコインに続く4通貨目の取り扱いとなり、近くモナコインの取り扱いも予定されています。


bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタート

bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタートしました。板方式でビットコインでの売買(ETH/BTC)や入出金が可能です。ビットコイン、リップル、ライトコインに続く4通貨目の取り扱いとなり、近くモナコインの取り扱いも予定されています。リリースではその他仮想通貨も順次追加する予定と記載があり、今後新たな仮想通貨の取り扱いも期待できそうです。

イーサリアムの売買方法

イーサリアムを取引するには、左上にある「ETH/BTC」ペアを選択します。するとイーサリアムの取引画面に遷移します。

後は右の注文画面から注文するだけです。指値と成行での注文ができる他、資産の10%・20%・50%・100%を指定した売買も可能です。仮に10万円が口座にあって50%で買い注文した場合は、5万円分のイーサリアムを購入できます。

bitbank.ccについて

bitbank.ccはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。bitbank tradeに次ぐ新しいブランドとして2017年に開設されました。bitbank.ccは紹介した4つの仮想通貨の現物取引(通常取引)ができ、bitbank tradeはレバレッジ取引が可能です。bitbank tradeでは現物取引はできません。なおbitbank.ccとbitbank tradeはアカウント連携ができ、口座残高などを連携することができます。

bitbank.cc最大の特徴は、全ての仮想通貨で板方式での取引ができる点です。つまり、bitbank.ccを利用するユーザー間で取引ができます。

bitbank.ccの詳細はこちら

イーサリアムを扱うその他取引所

イーサリアムは他の取引所も数多く扱っています。bitFlyer、coincheck、BITPoint、QUOINEX、みんなのビットコインなどです。ただ、イーサリアムに加えてリップルとライトコインも扱っているのはbitbank.ccとcoincheckのみになります。

bitbank.ccの今後の展開に注目

bitbank.ccはイーサリアムの取り扱いを開始し、4通貨の取引が可能になりました。モナコインも7月上旬と発表されているので、すぐに5通貨となるでしょう。国内では2番目に多くの仮想通貨が取引でき、全て板方式な点が魅力です。その他仮想通貨も順次追加する予定とされているので、今後の展開に注目が集まります。

関連するキーワード


bitbank イーサリアム

関連する投稿


ビットバンク、iPhoneアプリに続きAndroidアプリもリリース

ビットバンク、iPhoneアプリに続きAndroidアプリもリリース

仮想通貨取引所bitbank.ccを運営するビットバンクが、iPhoneアプリに続きAndroidアプリもリリースしました。iPhoneアプリはAppStoreファイナンスカテゴリ無料1位 & 全体9位(2018年4月13日時点)に入るなど人気を集めています。


bitbank.ccが「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始予定

bitbank.ccが「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始予定

仮想通貨取引所のbitbank.ccが、「仮想通貨を貸して増やす」サービスを4月より提供開始予定であることを発表しました。ビットバンクと利用者が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。


bitbank.ccを装ったフィッシングメールに注意

bitbank.ccを装ったフィッシングメールに注意

仮想通貨取引所のbitbank.ccがブログを更新し、bitbank.ccを装ったフィッシングメールが送信されているという報告を多数受けているということで、注意喚起を行いました。


イーサリアムのゲームアプリが人気。CryptoKitties、CryptoCountries...

イーサリアムのゲームアプリが人気。CryptoKitties、CryptoCountries...

イーサリアムのブロックチェーン上で展開される分散型アプリ(Dapp)は数多くありますが、昨年末あたりから「ゲーム」が話題になっています。仮想子猫を育成・売買するCryptoKittiesが代表的な存在ですが、他にもたくさんのゲームが登場しています。


bitbank.cc(ビットバンク)がコールドウォレット・マルチシグの運用体制を発表

bitbank.cc(ビットバンク)がコールドウォレット・マルチシグの運用体制を発表

仮想通貨取引所bitbank.ccを運営するビットバンク株式会社が、コインチェックで発生した仮想通貨の不正流出を受けて、コールドウォレット・マルチシグの運用体制について発表しました。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で