bitFlyer(ビットフライヤー)、イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱いか

bitFlyer(ビットフライヤー)、イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱いか

bitFlyerは7月12日からライトコインの取り扱いを開始しましたが、新たにイーサリアムクラシックを取り扱う可能性がありそうです。理由は「お取引レポート」の「残高履歴」にイーサリアムクラシック(ETC)が追加されているためです。


bitFlyer、イーサリアムクラシックを取り扱いか

bitFlyerは新たにイーサリアムクラシックを取り扱う可能性がありそうです。理由は「お取引レポート」の「残高履歴」にイーサリアムクラシック(ETC)が追加されているためです。まだ正式な発表はありませんが、システムに反映されているということは取り扱う日が近いと想像できます。bitFlyerは7月12日にライトコインの取引を開始しましたが、イーサリアムクラシックも追加されれば4通貨目となります。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアムクラシックは取り扱う取引所が少ない

イーサリアムクラシックはイーサリアムから派生した仮想通貨です。時価総額は5位~7位あたりに付けていることが多く、イーサリアムとほぼ同じ特徴を持っています。主要な仮想通貨の一つではありますが、国内で扱う取引所は少なくcoincheckでしか売買できません。仮にbitFlyerが扱えば2社目になります。イーサリアムクラシックは最近中国の大手取引所に立て続けに上場するなど、世界的にも取り扱う取引所が増加しています。価格も堅調に推移している状況です。

coincheckの詳細はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

国内取引所の新規仮想通貨取り扱いが増加している

bitFlyerのライトコインもそうですが、他の国内取引所でも新規仮想通貨の取り扱いが増加しています。例えばbitbank.cc。5月にリップルとライトコインの取り扱いを開始し、7月にはイーサリアムの取り扱いも開始しました。モナコインにも対応予定です。これまで国内のアルトコイン取引といえば12種類を扱うcoincheckでしたが、徐々にビットコイン・イーサリアム以外の仮想通貨を扱う取引所が増えている状況です。ホワイトリストの関係もありマイナーな仮想通貨の取り扱いは期待できませんが、主要な仮想通貨にはほとんどの取引所が対応する状況になるかもしれません。

上場により価格上昇は期待できる?

新規上場による価格への影響は何とも言えません。上昇するときもあれば変化がないことも多いです。中国の取引所にイーサリアムクラシックが上場した際は高騰しましたが、bitFlyerにライトコインが上場した際は変化がありませんでした。おそらく国内取引所で既に取り扱いがある場合は、そこまでの影響がないのかもしれません。ただし、coincheckにNEMが上場した際に高騰した例はあります。いずれにしろ取引が活発になるのは間違いないです。

取引所の新規仮想通貨取り扱いに注目

bitFlyerがイーサリアムクラシックを取り扱うかもしれません。イーサリアムクラシックはcoincheckでしか扱っていないこともあり、取引できる場所が増えればプラス材料になるでしょう。各取引所が新規仮想通貨の取り扱いを積極的に行っており、市場がますます活性化することを期待したいです。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


SBCメディカルグループ(湘南美容クリニック)がビットコイン決済導入

SBCメディカルグループ(湘南美容クリニック)がビットコイン決済導入

湘南美容クリニックを運営するSBCメディカルグループがビットコイン決済を導入しました。湘南美容クリニックを始めとしたSBCメディカルグループ国内全74院で利用することができます。決済機能を提供するのはbitFlyerです。


bitFlyer(ビットフライヤー)、ウェブニウムを完全子会社化

bitFlyer(ビットフライヤー)、ウェブニウムを完全子会社化

bitFlyer(ビットフライヤー)は、4月2日付でウェブニウム株式会社の発行済全株式を取得し完全子会社化したことを発表しました。ウェブニウムは最新のAPI開発、UI・UX、Microsoft Azureインテグレーションに関する高い技術力を生かし、UI・UXコンサル、モダンなWebアプリケーション開発を行っています。


bitFlyer代表の加納裕三氏が、G7イノベーション大臣会合に参加

bitFlyer代表の加納裕三氏が、G7イノベーション大臣会合に参加

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)代表の加納裕三氏が、2018年3月27日、28日にカナダ(モントリオール)で開催されたG7イノベーション大臣会合に参加しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、じぶん銀行との「リアルタイム入出金」サービスを提供開始

bitFlyer(ビットフライヤー)、じぶん銀行との「リアルタイム入出金」サービスを提供開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)とじぶん銀行は、2018年3月28日よりbitFlyerアカウントとじぶん銀行口座間で24時間365日即時に入出金ができる口座振替サービス「リアルタイム入出金」を開始しました。


サマンサタバサ、ロペライオ、bitFlyerのビットコイン決済サービス導入

サマンサタバサ、ロペライオ、bitFlyerのビットコイン決済サービス導入

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は、サマンサタバサとロペライオへのビットコイン決済サービス提供を発表しました。3月26日・27日と相次ぐ発表となり、ロペライオに関しては1億円相当のビットコインを上限に支払いが可能になります。


最新の投稿


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


ニューヨーク州司法長官、13の仮想通貨取引所へ書簡を送付

ニューヨーク州司法長官、13の仮想通貨取引所へ書簡を送付

ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は、仮想通貨取引所13社に対して書簡を送付し、業務の詳細な情報を求めたことを明らかにしました。日本と同様にアメリカにおいても、規制のレベルを上げ投資家保護などを進めていることが伺えます。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で