Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは。取引所の対応は?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは。取引所の対応は?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、8月1日にビットコインからハードフォークして誕生する予定の仮想通貨です。SegWit2xやUASFとは全くの別物であり、新たなビットコインというよりは新しいアルトコインが誕生する理解が正しいでしょう。Bitcoin Cashの概要や取引所の対応を紹介します。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)について

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、8月1日にビットコインからハードフォークして誕生する予定の仮想通貨です。SegWit2xやUASFとは全くの別物であり、新たなビットコインというよりは新しいアルトコインが誕生する理解が正しいでしょう。マイニングプールのViaBTCを中心としたBitcoinABCによって行われます。

最も関心がある点は保有しているビットコインがどうなるかだと思いますが、保有するビットコインが減ることはありません。また、保有しているビットコインと同量のBitcoin Cashが付与されます。

Bitcoin Cashの特徴

あくまで公式サイトの記述にあるだけなのでまだどうなるかわかりませんが、Bitcoin Cash最大の特徴と言えるのがブロックサイズの拡大でしょう。ビットコインは現在1Mですが、Bitcoin Cashは最大8Mまで拡大します。そしてSegWitは導入されません。

【8月2日更新】国内取引所のBitcoin Cashへの対応

Bitcoin cashへの対応については、取引所のほとんどが加盟する日本仮想通貨事業者協会が対応を発表しています。発生するBitcoin Cashが誰に帰属するか、取り扱うかを各取引所が速やかにお客様に伝達するという内容です。では、取引所ごとの対応を見ていきます。

coincheck(コインチェック)

coincheckは取り扱いについては検討中ですが、取り扱いの対応を行う場合、保有しているビットコインと同量のBitcoin Cashを付与されます。

※8月2日にBitcoin Cashが付与されました。取引・送金・受金全てに対応しています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerはまだBitcoin Cashに対して正式な発表はありません。ただ、ビットコインのブロックチェーンがどのように分岐した場合でもお客様の資産の保護を最優先し各チェーンのコインを取り扱う予定(恒久的に持続可能だと判断した場合)と発表はしています。

※8月2日にBitcoin Cashが付与されました。取引・送金・受金全てに対応しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

ZaifはまだBitcoin Cashに対しての正式な発表はありません。日本仮想通貨事業者協会に加盟しているので、おそらく今週中には発表があると思われます。

※26日にBitcoin Cashはお客様に帰属し、分岐後のコインは原則として全て売買が可能と発表がありました。

※まだBitcoin Cashは付与されていませんが、リプレイアタック対策等の確認が済み次第、付与すると発表されています。取引に関しては引き続き状況を見ての判断となるようです。

※8月中旬から取引・送金・受金全てに対応しています。

BITPoint(ビットポイント)、bitbank.cc(ビットバンク)、BTCBOX

BITPoint、bitbank.cc、BTCBOXは発生するBitcoin Cashをお客様に帰属するものとし、売買取引も含め取り扱いをすると発表しています。

※BITPoint、bitbank.cc、BTCBOXともにBitcoin Cashが付与されています。bitbank.ccとBTCBOXは取引が開始されています。送金はBTCBOXのみが対応しています。

※3社ともに取引・送金・受金全てに対応しています。

Bitcoin Cashの価値

Bitcoin Cashの価値がどうなるかはまだわかりません。保有するビットコインと同量のBitcoin Cashが付与されるので、資産は増加するようにも思いますが、ハードフォーク後にビットコインの価値がどうなるかは市場次第です。どのような展開が予想されるか考えて対応を決めることが必要です。

利用している取引所の対応を確認

Bitcoin Cashを取り扱うかどうかは各取引所によって判断が分かれるでしょう。日本仮想通貨事業者協会は「ビットコインキャッシュの売買取引を取り扱わないこととする場合には、本件ハードフォーク発生後速やかにお客様の引出しに応じること。」と取り扱いない場合の対応についても要請しており、ひとまずは安心かと思います。

関連するキーワード


Bitcoin Cash

関連する投稿


ビットコインキャッシュ(BCH)が5月15日にハードフォークを予定

ビットコインキャッシュ(BCH)が5月15日にハードフォークを予定

ビットコインABC開発者であるAmaury Séchet氏は、5月15日にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークを予定していることを発表しました。ブロックサイズが32MBに拡張する予定です。


新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所「Coinex」がイギリスで誕生します。ビットコインキャッシュをサポートしているViaBTCが展開するもので、12月下旬から取引が開始される予定です。


ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュの開発チームはソフトウェア「Bitcoin ABC」の開発ロードマップを発表しました。ロードマップによると、2018年に2回のハードフォークが予定されており、相場含め注目を集めることになりそうです。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

2017年11月22日~23日にかけて、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。13万円台で推移していた価格は一時18万円台まで高騰。現在は16万円~17万円で推移しています。高騰の理由として、ビットコインの難易度調整が挙げられています。


ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)は世界中の仮想通貨取引所で取引することができます。ビットコインは日本円や米ドルの取引量が多いですが、ビットコインキャッシュはどうなのでしょうか。データを見ると、韓国ウォンが存在感を発揮していることがわかります。


最新の投稿


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


ニューヨーク州司法長官、13の仮想通貨取引所へ書簡を送付

ニューヨーク州司法長官、13の仮想通貨取引所へ書簡を送付

ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は、仮想通貨取引所13社に対して書簡を送付し、業務の詳細な情報を求めたことを明らかにしました。日本と同様にアメリカにおいても、規制のレベルを上げ投資家保護などを進めていることが伺えます。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で