Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは。取引所の対応は?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは。取引所の対応は?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、8月1日にビットコインからハードフォークして誕生する予定の仮想通貨です。SegWit2xやUASFとは全くの別物であり、新たなビットコインというよりは新しいアルトコインが誕生する理解が正しいでしょう。Bitcoin Cashの概要や取引所の対応を紹介します。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)について

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、8月1日にビットコインからハードフォークして誕生する予定の仮想通貨です。SegWit2xやUASFとは全くの別物であり、新たなビットコインというよりは新しいアルトコインが誕生する理解が正しいでしょう。マイニングプールのViaBTCを中心としたBitcoinABCによって行われます。

最も関心がある点は保有しているビットコインがどうなるかだと思いますが、保有するビットコインが減ることはありません。また、保有しているビットコインと同量のBitcoin Cashが付与されます。

Bitcoin Cashの特徴

あくまで公式サイトの記述にあるだけなのでまだどうなるかわかりませんが、Bitcoin Cash最大の特徴と言えるのがブロックサイズの拡大でしょう。ビットコインは現在1Mですが、Bitcoin Cashは最大8Mまで拡大します。そしてSegWitは導入されません。

【8月2日更新】国内取引所のBitcoin Cashへの対応

Bitcoin cashへの対応については、取引所のほとんどが加盟する日本仮想通貨事業者協会が対応を発表しています。発生するBitcoin Cashが誰に帰属するか、取り扱うかを各取引所が速やかにお客様に伝達するという内容です。では、取引所ごとの対応を見ていきます。

coincheck(コインチェック)

coincheckは取り扱いについては検討中ですが、取り扱いの対応を行う場合、保有しているビットコインと同量のBitcoin Cashを付与されます。

※8月2日にBitcoin Cashが付与されました。ただ、送金や取引はまだできません。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerはまだBitcoin Cashに対して正式な発表はありません。ただ、ビットコインのブロックチェーンがどのように分岐した場合でもお客様の資産の保護を最優先し各チェーンのコインを取り扱う予定(恒久的に持続可能だと判断した場合)と発表はしています。

※8月2日にBitcoin Cashが付与されました。取引をアルトコイン販売所で行うことができます。ただ、送金はできません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

ZaifはまだBitcoin Cashに対しての正式な発表はありません。日本仮想通貨事業者協会に加盟しているので、おそらく今週中には発表があると思われます。

※26日にBitcoin Cashはお客様に帰属し、分岐後のコインは原則として全て売買が可能と発表がありました。

※まだBitcoin Cashは付与されていませんが、リプレイアタック対策等の確認が済み次第、付与すると発表されています。取引に関しては引き続き状況を見ての判断となるようです。

BITPoint(ビットポイント)、bitbank.cc(ビットバンク)、BTCBOX

BITPoint、bitbank.cc、BTCBOXは発生するBitcoin Cashをお客様に帰属するものとし、売買取引も含め取り扱いをすると発表しています。

※BITPoint、bitbank.cc、BTCBOXともにBitcoin Cashが付与されています。bitbank.ccとBTCBOXは取引が開始されています。送金はBTCBOXのみが対応しています。

Bitcoin Cashの価値

Bitcoin Cashの価値がどうなるかはまだわかりません。保有するビットコインと同量のBitcoin Cashが付与されるので、資産は増加するようにも思いますが、ハードフォーク後にビットコインの価値がどうなるかは市場次第です。どのような展開が予想されるか考えて対応を決めることが必要です。

利用している取引所の対応を確認

Bitcoin Cashを取り扱うかどうかは各取引所によって判断が分かれるでしょう。日本仮想通貨事業者協会は「ビットコインキャッシュの売買取引を取り扱わないこととする場合には、本件ハードフォーク発生後速やかにお客様の引出しに応じること。」と取り扱いない場合の対応についても要請しており、ひとまずは安心かと思います。

関連するキーワード


Bitcoin Cash

関連する投稿


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は投資対象になり得るか

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は投資対象になり得るか

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生し1ヶ月半程経過しました。当初価格は乱高下を繰り返していましたが、最近は比較的安定し、6万円~7万円で推移していることが多いです。果たしてBitcoin Cashは投資対象になり得るのでしょうか?


BITPointがBitcoin Cash取引開始を記念し、Wチャンスキャンペーンを開催

BITPointがBitcoin Cash取引開始を記念し、Wチャンスキャンペーンを開催

BITPointがBitcoin Cashの取引開始を記念して、Wチャンスキャンペーンを開催しています。期間は2017年8月31日~2017年10月31日16時まで。まだ口座開設していない方もしている方も対象となる内容です。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰を続けています。8月17日までは3万円台で推移していましたが、18日に7万円程まで高騰すると、19日には10万円を突破し11万円程まで伸びました。24時間単位での取引量はビットコインを超えています。


coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)でBitcoin Cashの取引が開始されました。これによりcoincheckでは13種類の仮想通貨が取引できるようになりました。国内では、主要な仮想通貨取引所がBitcoin Cashの取り扱いをしています。


bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


最新の投稿


【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

仮想通貨価格のチャートは複数の時間足で見ることができます。1日足、4時間足、1時間足、30分足...などありますが、初めての場合は何を見て取引すればいいのか迷ってしまうものです。基本的な時間足の見方を紹介します。


ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICOを実施する企業やプロジェクトが増加し、ICO投資が活発になっています。今や毎日のようにトークンセールが実施されている状況です。関心を持っている方も多いかと思いますが、どのような投資なのかしっかり理解して始めることが重要です。


【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

9月20日の仮想通貨相場は緩やかな値動きになっています。昨日結構戻した分、少し下落している感じでしょうか。中国の問題で混乱していましたが、大分落ち着いてきた印象です。今後の仮想通貨相場はどうなるのでしょうか。


Zaifが出来高ランキング総額1億円キャンペーンを開催

Zaifが出来高ランキング総額1億円キャンペーンを開催

仮想通貨取引所のZaifで出来高ランキング総額1億円キャンペーンが開催されています。2017年9月19日(火)00:00より開始されており、総額1億円がなくなるまでの間開催されます。


SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングス株式会社が米運用会社CoVenture Holding Company, LLC(本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州)との間で、仮想通貨関連の様々な事業において協業して取り組んでいくことで覚書を締結したと発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin