bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


bitFlyerの「販売所」と「bitFlyer Lightning」

bitFlyerで仮想通貨を売買する場所として、ビットコインとアルトコインの「販売所」と「bitFlyer Lightning」の2つがあります。販売所はいわゆる相対取引であり、bitFlyerを相手に1対1の取引を行います。価格はbitFlyerが相場に応じて決めており、ユーザーから指定することはできません。一方のbitFlyer Lightningは相対取引ではなく、bitFlyerを利用するユーザー間で売買する場所になります。価格は自由に提示できますが、その価格で売買したいユーザーがいなければ約定しません。

販売所を利用するメリットは簡単に取引ができ、売買がすぐに成立することです。ただし、手数料分bitFlyer Lightningよりも買う時は高く、売る時は安くなってしまいます。bitFlyer Lightningを利用するメリットは販売所よりもお得に購入あるいは売却できることです。デメリットは販売所よりも売買方法が難しく、すぐに約定しないことがある点です。

bitFlyerの「アルトコイン販売所」でBitcoin Cashを売買する方法

メニューの「アルトコイン販売所」を開き、「ビットコインキャッシュ」を選択してください。後は売買したい数量を入力して購入あるいは売却をするだけです。注文は即座に成立します。おそらく初めての方でも迷う点はないかと思います。

bitFlyerの「bitFlyer Lightning」でBitcoin Cashを売買する方法

まずはメニューの「BCH/BTC」を選択します。bitFlyer Lightningでは、Bitcoin Cashを日本円で売買することはできず、ビットコイン建ての取引となります。つまり、Bitcoin Cashを購入するにはビットコインが必要です。Bitcoin Cashを売却すればビットコインが増えることになります。

次に注文です。基本は板を見ながら取引をします。大きく指値と成行という注文方法がありますが、指値は価格を指定して、指定した価格に達して始めて売買が成立します。指定した価格に達しない場合は注文が成立することはありません。注文が成立しない限りキャンセルはいつでもできます。成行は価格を指定せずに約定を優先させた注文です。例えば、1BTHの成行買い注文を出したとすると、売り板が下から消化されていき0.0683BTCで約定することになります。

bitFlyer Lightningを利用するのがおすすめ

販売所は購入価格が高く売却価格が安くなってしまうためbitFlyer Lightningを利用するのがおすすめです。投資の経験がない場合、最初は難しいかもしれませんが、仕組みを理解すれば簡単です。bitFlyer LightningではBitcoin Cashの現物取引以外に、ビットコインの現物取引、FX取引、先物取引、イーサリアムの現物取引もできます。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer Bitcoin Cash

関連する投稿


bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、実店舗の出店を計画していることがわかりました。ビットフライヤーカフェというカフェ形式の店舗で、ビットコインがどんなものであるかや、どうやって買い物ができるかなどを体験できる施設だといいます。


ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュの開発チームはソフトウェア「Bitcoin ABC」の開発ロードマップを発表しました。ロードマップによると、2018年に2回のハードフォークが予定されており、相場含め注目を集めることになりそうです。


bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseも取得し、ニューヨーク州を含めて42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しています。


ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

流通向けソリューションおよびPOSレジ・POSシステム開発の株式会社ビジコムは、bitFlyerと連携しWindows POSレジ「BCPOS」での仮想通貨ビットコイン決済サービスを2017年11月28日(火)より提供開始することを発表しました。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

2017年11月22日~23日にかけて、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。13万円台で推移していた価格は一時18万円台まで高騰。現在は16万円~17万円で推移しています。高騰の理由として、ビットコインの難易度調整が挙げられています。


最新の投稿


仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨全体の時価総額が50兆円を突破しました。2017年初の時価総額は2兆円程でしたので、1年で25倍も拡大したことになります。特に11月からの伸びは凄まじく、1ヶ月で約2.5倍になりました。時価総額ランキング上位の顔ぶれに変化も生じています。


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin