bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


bitFlyerの「販売所」と「bitFlyer Lightning」

bitFlyerで仮想通貨を売買する場所として、ビットコインとアルトコインの「販売所」と「bitFlyer Lightning」の2つがあります。販売所はいわゆる相対取引であり、bitFlyerを相手に1対1の取引を行います。価格はbitFlyerが相場に応じて決めており、ユーザーから指定することはできません。一方のbitFlyer Lightningは相対取引ではなく、bitFlyerを利用するユーザー間で売買する場所になります。価格は自由に提示できますが、その価格で売買したいユーザーがいなければ約定しません。

販売所を利用するメリットは簡単に取引ができ、売買がすぐに成立することです。ただし、手数料分bitFlyer Lightningよりも買う時は高く、売る時は安くなってしまいます。bitFlyer Lightningを利用するメリットは販売所よりもお得に購入あるいは売却できることです。デメリットは販売所よりも売買方法が難しく、すぐに約定しないことがある点です。

bitFlyerの「アルトコイン販売所」でBitcoin Cashを売買する方法

メニューの「アルトコイン販売所」を開き、「ビットコインキャッシュ」を選択してください。後は売買したい数量を入力して購入あるいは売却をするだけです。注文は即座に成立します。おそらく初めての方でも迷う点はないかと思います。

bitFlyerの「bitFlyer Lightning」でBitcoin Cashを売買する方法

まずはメニューの「BCH/BTC」を選択します。bitFlyer Lightningでは、Bitcoin Cashを日本円で売買することはできず、ビットコイン建ての取引となります。つまり、Bitcoin Cashを購入するにはビットコインが必要です。Bitcoin Cashを売却すればビットコインが増えることになります。

次に注文です。基本は板を見ながら取引をします。大きく指値と成行という注文方法がありますが、指値は価格を指定して、指定した価格に達して始めて売買が成立します。指定した価格に達しない場合は注文が成立することはありません。注文が成立しない限りキャンセルはいつでもできます。成行は価格を指定せずに約定を優先させた注文です。例えば、1BTHの成行買い注文を出したとすると、売り板が下から消化されていき0.0683BTCで約定することになります。

bitFlyer Lightningを利用するのがおすすめ

販売所は購入価格が高く売却価格が安くなってしまうためbitFlyer Lightningを利用するのがおすすめです。投資の経験がない場合、最初は難しいかもしれませんが、仕組みを理解すれば簡単です。bitFlyer LightningではBitcoin Cashの現物取引以外に、ビットコインの現物取引、FX取引、先物取引、イーサリアムの現物取引もできます。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer Bitcoin Cash

関連する投稿


bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出へ

bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出へ

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカ進出することをcoindeskが報じました。既に米国34の州から認可を得ており、アメリカでのオフィスはサンフランシスコに構えます。アメリカでも主要な取引所として利用されるかもしれません。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰を続けています。8月17日までは3万円台で推移していましたが、18日に7万円程まで高騰すると、19日には10万円を突破し11万円程まで伸びました。24時間単位での取引量はビットコインを超えています。


bitFlyerのアプリがアップデート。年間チャートやBitcoin Cashの売買が可能に。

bitFlyerのアプリがアップデート。年間チャートやBitcoin Cashの売買が可能に。

bitFlyerのアプリがアップデートされました。チャートに年間チャートが加わり、アルトコイン販売所でBitcoin Cashの売買が可能になった他、iOSではウィジェット追加もできるようになりました。bitFlyerのアプリについて紹介します。


coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)でBitcoin Cashの取引が開始されました。これによりcoincheckでは13種類の仮想通貨が取引できるようになりました。国内では、主要な仮想通貨取引所がBitcoin Cashの取り扱いをしています。


coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。Bitcoin Cashの価格は予想通り下落しましたが、ビットコインの価格は上がっており、少し大方の予想とは違う結果となりました。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin