bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


bitFlyerの「販売所」と「bitFlyer Lightning」

bitFlyerで仮想通貨を売買する場所として、ビットコインとアルトコインの「販売所」と「bitFlyer Lightning」の2つがあります。販売所はいわゆる相対取引であり、bitFlyerを相手に1対1の取引を行います。価格はbitFlyerが相場に応じて決めており、ユーザーから指定することはできません。一方のbitFlyer Lightningは相対取引ではなく、bitFlyerを利用するユーザー間で売買する場所になります。価格は自由に提示できますが、その価格で売買したいユーザーがいなければ約定しません。

販売所を利用するメリットは簡単に取引ができ、売買がすぐに成立することです。ただし、手数料分bitFlyer Lightningよりも買う時は高く、売る時は安くなってしまいます。bitFlyer Lightningを利用するメリットは販売所よりもお得に購入あるいは売却できることです。デメリットは販売所よりも売買方法が難しく、すぐに約定しないことがある点です。

bitFlyerの「アルトコイン販売所」でBitcoin Cashを売買する方法

メニューの「アルトコイン販売所」を開き、「ビットコインキャッシュ」を選択してください。後は売買したい数量を入力して購入あるいは売却をするだけです。注文は即座に成立します。おそらく初めての方でも迷う点はないかと思います。

bitFlyerの「bitFlyer Lightning」でBitcoin Cashを売買する方法

まずはメニューの「BCH/BTC」を選択します。bitFlyer Lightningでは、Bitcoin Cashを日本円で売買することはできず、ビットコイン建ての取引となります。つまり、Bitcoin Cashを購入するにはビットコインが必要です。Bitcoin Cashを売却すればビットコインが増えることになります。

次に注文です。基本は板を見ながら取引をします。大きく指値と成行という注文方法がありますが、指値は価格を指定して、指定した価格に達して始めて売買が成立します。指定した価格に達しない場合は注文が成立することはありません。注文が成立しない限りキャンセルはいつでもできます。成行は価格を指定せずに約定を優先させた注文です。例えば、1BTHの成行買い注文を出したとすると、売り板が下から消化されていき0.0683BTCで約定することになります。

bitFlyer Lightningを利用するのがおすすめ

販売所は購入価格が高く売却価格が安くなってしまうためbitFlyer Lightningを利用するのがおすすめです。投資の経験がない場合、最初は難しいかもしれませんが、仕組みを理解すれば簡単です。bitFlyer LightningではBitcoin Cashの現物取引以外に、ビットコインの現物取引、FX取引、先物取引、イーサリアムの現物取引もできます。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer Bitcoin Cash

関連する投稿


bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行

bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行しました。バンドルカードで有名な株式会社カンムと提携し提供します。ビットコインを円建てチャージでき、VISA加盟店で利用することができます。


bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。


おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所は?注目したい5社。

おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所は?注目したい5社。

ビットコイン(仮想通貨)取引所は国内に15社程あります。取引所ごとに特色がああるので、自分に合う取引所を見つけることが重要です。今回は中でもおすすめできる5社の特徴や評判などを紹介します。


bitFlyerが全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」パートナーベンダーに選定

bitFlyerが全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」パートナーベンダーに選定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実証実験環境を提供するパートナーベンダーとして選定されたことを発表しました。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は投資対象になり得るか

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は投資対象になり得るか

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生し1ヶ月半程経過しました。当初価格は乱高下を繰り返していましたが、最近は比較的安定し、6万円~7万円で推移していることが多いです。果たしてBitcoin Cashは投資対象になり得るのでしょうか?


最新の投稿


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。


【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

ビットコインは円、ドル、ユーロなどさまざまな通貨で取引することができますが、最も大きな割合を占めるのが日本円です。2017年までは中国の人民元が9割以上を占めていましたが、規制により取引量が減少。日本円の存在感が際立ち始めています。


ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

10月25日にビットコインゴールド(BTG)のハードフォークが予定されています。国内取引所は対応についての発表が既にされていますが、主要な海外取引所はどのように対応するのでしょうか?


【2017年10月23日】ビットコインは70万円に迫り、アルトコインは低迷

【2017年10月23日】ビットコインは70万円に迫り、アルトコインは低迷

10月23日の仮想通貨相場はビットコインが好調です。予想通り、土日で高騰し70万円に迫りました。取引所によっては70万円を超えました。23日は68万円台で推移しています。アルトコインはビットコイン集中のため微妙ですが、仕込み時と考えることもできるかもしれません。


注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

モナコインは10月中旬に価格が7倍以上に高騰し、大きな注目を集めました。モナコインは日本発の仮想通貨として知られ、複数の国内取引所が取り扱っています。各社の手数料などを比較して紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin