bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


bitFlyerの「販売所」と「bitFlyer Lightning」

bitFlyerで仮想通貨を売買する場所として、ビットコインとアルトコインの「販売所」と「bitFlyer Lightning」の2つがあります。販売所はいわゆる相対取引であり、bitFlyerを相手に1対1の取引を行います。価格はbitFlyerが相場に応じて決めており、ユーザーから指定することはできません。一方のbitFlyer Lightningは相対取引ではなく、bitFlyerを利用するユーザー間で売買する場所になります。価格は自由に提示できますが、その価格で売買したいユーザーがいなければ約定しません。

販売所を利用するメリットは簡単に取引ができ、売買がすぐに成立することです。ただし、手数料分bitFlyer Lightningよりも買う時は高く、売る時は安くなってしまいます。bitFlyer Lightningを利用するメリットは販売所よりもお得に購入あるいは売却できることです。デメリットは販売所よりも売買方法が難しく、すぐに約定しないことがある点です。

bitFlyerの「アルトコイン販売所」でBitcoin Cashを売買する方法

メニューの「アルトコイン販売所」を開き、「ビットコインキャッシュ」を選択してください。後は売買したい数量を入力して購入あるいは売却をするだけです。注文は即座に成立します。おそらく初めての方でも迷う点はないかと思います。

bitFlyerの「bitFlyer Lightning」でBitcoin Cashを売買する方法

まずはメニューの「BCH/BTC」を選択します。bitFlyer Lightningでは、Bitcoin Cashを日本円で売買することはできず、ビットコイン建ての取引となります。つまり、Bitcoin Cashを購入するにはビットコインが必要です。Bitcoin Cashを売却すればビットコインが増えることになります。

次に注文です。基本は板を見ながら取引をします。大きく指値と成行という注文方法がありますが、指値は価格を指定して、指定した価格に達して始めて売買が成立します。指定した価格に達しない場合は注文が成立することはありません。注文が成立しない限りキャンセルはいつでもできます。成行は価格を指定せずに約定を優先させた注文です。例えば、1BTHの成行買い注文を出したとすると、売り板が下から消化されていき0.0683BTCで約定することになります。

bitFlyer Lightningを利用するのがおすすめ

販売所は購入価格が高く売却価格が安くなってしまうためbitFlyer Lightningを利用するのがおすすめです。投資の経験がない場合、最初は難しいかもしれませんが、仕組みを理解すれば簡単です。bitFlyer LightningではBitcoin Cashの現物取引以外に、ビットコインの現物取引、FX取引、先物取引、イーサリアムの現物取引もできます。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer Bitcoin Cash

関連する投稿


bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社と共同で、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始しました。bitFlyerは1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始すると代表の加納氏が発言し、リップルやNEMなどさまざまな仮想通貨が噂になっていました。


bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。米国事業開始に続く海外進出となります。


「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

大手仮想通貨取引所bitFlyerでスクウェア・エニックスとコラボした特別優待キャンペーンが開催されています。bitFlyerの「ビットコインをもらう」を経由して 「スクウェア・エニックス e-STORE」で買い物をすると、買い上げ金額の5%のビットコインがもらえる内容です。


bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を1月中を目処に導入します。SFDとは、「Swap For Difference」の略称で Lightning FX に適用されます。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で