NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabの3社は、ビットコインやXEM(NEM)といった仮想通貨に加え、テックビューロとそのICO顧客が「COMSA」ソリューションを用いて発行するトークンに対しても直接投資を開始することを発表しました。


NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)、株式会社フィスコ、株式会社ABBALabは日本の投資ファンドとしては初となる仮想通貨とICOトークンへの直接投資を開始しました。ビットコインやXEM、COMSAトークン、COMSAにて発行される企業のトークンも投資対象となるようです。

NTVPはテックビューロのシード投資家であり、国内における、暗号通貨やブロックチェーン関連スタートアップ企業へのVC投資家としては先駆けとなります。その投資対象を対企業だけではなく、仮想通貨や「COMSA」のICO案件にまで拡大します。

フィスコは、傘下のグループ会社を通じて仮想通貨専門の投資ファンド「FISCO Crypto Currency Fund(仮称)」を10億円規模で組成します。

ABBALabも、その投資対象を企業から仮想通貨へ拡げるほか、同社が支援するIoTの分野を中心として、企業が「COMSA」のICOにて発行するトークンにも積極的に投資します。

仮想通貨へ直接投資する背景

仮想通貨の市場は急速な拡大を見せています。今や時価総額は10兆円を超えビットコイン以外の仮想通貨の成長も目立ちます。そして世界ではICOによる資金調達が増加しています。2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICOによる資金調達総額が、ベンチャーキャピタルによる資金調達総額を大幅に上回っているのです。こうした流れの中、今後仮想通貨への更なる流入が見込まれることから今回の直接投資へと至ったようです。

COMSAについて

COMSAは昨今話題になっているICOのためのプラットフォームです。ICOに必要なホワイトペーパーの整備から、ブロックチェーン技術導入プラン、国内外へのPR、トークンセールのツールまでをひとまとめに請け負うことによって、ICOの実施を完全サポートします。ビットコイン、イーサリアム、NEMと3つのパブリックブロックチェーンに対応し、複数の仮想通貨で資金調達ができます。

第1号案件として「COMSA」自身のICOが予定されており、ICOの参加者は1USD相当の購入に対して、1COMSA(CMS)トークンを取得できます。COMSAトークンはZaifで取引できるようになり、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されたり、特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与されたりする予定です。

COMSA Token Sale Dashboard

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=e2d8f23af16dc7201f654ef3f211ab22

- the ICO solution for centralized businesses to adopt blockchain technologies -

COMSAトークンセールの事前登録が可能です。

仮想通貨市場への影響は大きい

フィスコは既に仮想通貨専門の投資ファンドを10億円規模で組成すると発表しており、NTVPとABBALabもベンチャーキャピタルなので数億円規模での投資を行うのではないでしょうか。仮想通貨市場に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。今後他のファンドの動きにも注目です。

関連するキーワード


COMSA NEM

関連する投稿


テックビューロの「COMSA」、初日で登録者が1万人を突破

テックビューロの「COMSA」、初日で登録者が1万人を突破

2017年8月3日、テックビューロ株式会社はICOプラットフォーム「COMSA」を発表しました。大きな話題を集めましたが、初日でICOダッシュボード登録者が12,000人以上、COMSAホワイトペーパーのダウンロード数が7,000件以上にのぼったことがわかりました。


テックビューロがICOプラットフォーム「COMSA」を発表

テックビューロがICOプラットフォーム「COMSA」を発表

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社がICOプラットフォーム「COMSA」を発表しました。ICO第1号案件としてテックビューロの「COMSA」、第2号案件として東証二部上場の「株式会社プレミアムウォーターホールディングス」、第3号案件として「株式会社CAMPFIRE」が予定されています。


coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始。ハーベスティングに使える。

coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始。ハーベスティングに使える。

coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始しました。NEMはPOI(Proof of Importance)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、保有量や取引量に応じて報酬が受け取れます。coincheckで購入したNEMをハーベスティングに使ってみてもいいでしょう。


注目のアルトコイン。NEM(XEM)の売買ができる取引所一覧。

注目のアルトコイン。NEM(XEM)の売買ができる取引所一覧。

NEMは時価総額5位に位置するアルトコインです。通貨単位はXEMと表記されます。Proof of Importance(POI)というアルゴリズムに特徴があり、2017年に入って10倍以上の価格上昇を記録しています。今回はNEMの売買ができる取引所を紹介します。


ネム(NEM)/XEM価格が10円を突破。時価総額も5位に。

ネム(NEM)/XEM価格が10円を突破。時価総額も5位に。

ネム(NEM)/XEM価格の上昇が止まりません。5月7日に1XEM10円を突破すると、8日に15円台をつけ20円も射程圏内に捉えています。2017年当初、1XEM0.4円だったことを考えると30倍以上の伸びを記録しており、とんでもない勢いだとわかります。時価総額もDASHを抜き5位に浮上しました。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin