coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。Bitcoin Cashの価格は予想通り下落しましたが、ビットコインの価格は上がっており、少し大方の予想とは違う結果となりました。


国内主要取引所でBitcoin Cashへの対応が完了

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。取引を開始していない取引所もありますが、bitFlyerやbitbank.cc、BTCBOXなどでは送受金・取引ともに対応しているため、ほとんどのビットコイン保有者がBitcoin Cashを動かせる状況にあると思います。

Bitcoin Cashの価格推移

Bitcoin Cashの価格は上場後直後に高騰しました。一時10万円に近づき0.3BTC程の価格になりました。しかし、その後は暴落。2万円台まで下げ、8月10日現在3.5万円程で取引されています。coincheckとZaifの対応により更に下落するとも考えられていましたが、価格は変わっておらず安定して推移するようになっています。ちょうどビットコインの1割、0.1BTC程の価格です。

ビットコイン保有者が利益を得る結果に

Bitcoin Cashが誕生する前までは、ビットコインもBitcoin Cashも価格を下げ、現在のレートにあわせ9:1や8:2になるといった予想が目立ちました。しかし結果は、ビットコイン価格が20%程上昇し、Bitcoin Cashもプラスされ30%程の利益となっています。

・事前の予想
ビットコインのレート30万円にあわせ、ビットコイン27万円:Bitcoin Cash3万円など

・結果
ビットコインのレートは36万円以上、Bitcoin Cashが3万円以上になり、30%程の資産アップ

Bitcoin Cashの今後

Bitcoin Cashは誕生直後、ブロック承認に数時間かかっていましたが、難易度調整が進み1時間に3~4ブロック承認されるようになっています。これにより価格も落ち着いてきたということでしょう。もはやビットコインとの互換性はない別の仮想通貨になるわけですが、ビットコイン内部ではSegWit2xとコア開発者で2Mハードフォークの問題で対立しており、Bitcoin Cashはさまざまな思惑で利用されることになるでしょう。11月に予定される2Mハードフォークが近づくにつれ、動きが出てくると考えられます。

Bitcoin Cashの行方に注目

Bitcoin Cashは難易度調整が進み安定してきました。価格も安定し始めています。今後はビットコインに予定される11月の2Mハードフォークの対立によって、どのような動きを見せていくかに注目です。価格にも大きな変化が生じる可能性があります。

Bitcoin Cashを扱う主な取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


coincheck Zaif Bitcoin Cash

関連する投稿


Zaifのコイン積立。積立額が前月比で65%増

Zaifのコイン積立。積立額が前月比で65%増

仮想通貨取引所のZaifで好評を集めている「コイン積立」。Zaifが12月27日に発表した内容によると、前月に比べ利用者が40%以上増加し、積立金額は65%以上増加していることがわかりました。


coincheckとbitbank.ccのアルトコイン取引の違い

coincheckとbitbank.ccのアルトコイン取引の違い

coincheckとbitbank.ccは種類豊富なアルトコインを取引できることで知られています。coincheckは12種類、bitbank.ccは5種類のアルトコイン取引が可能です。ただ、2社のアルトコイン取引は決定的な違いがあります。


Zaif運営のテックビューロ、仮想通貨やトークンをインセンティブとして給与に上乗せで付与する制度を導入

Zaif運営のテックビューロ、仮想通貨やトークンをインセンティブとして給与に上乗せで付与する制度を導入

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューログループは、Zaifで扱う5種類の仮想通貨と10種類のトークンから、役員・従業員を対象とし、インセンティブとして給与に上乗せで付与する制度を導入したことを発表しました。


「かまいたち×Zaif」の仮想通貨お笑い動画が、YouTubeにて配信中

「かまいたち×Zaif」の仮想通貨お笑い動画が、YouTubeにて配信中

2017年12月16日(土)より、キングオブコント2017で優勝したお笑いコンビかまいたちと仮想通貨取引所のZaifがタッグを組み、仮想通貨の世界を題材としたお笑い動画がYouTubeで配信されています。


coincheck(コインチェック)銘柄。2017年で最も高騰した仮想通貨は?

coincheck(コインチェック)銘柄。2017年で最も高騰した仮想通貨は?

coincheck(コインチェック)は国内最多13種類の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。2017年は主要な仮想通貨が軒並み高騰していますが、coincheck銘柄で最も高騰した種類は何なのでしょうか?


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin