coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。Bitcoin Cashの価格は予想通り下落しましたが、ビットコインの価格は上がっており、少し大方の予想とは違う結果となりました。


国内主要取引所でBitcoin Cashへの対応が完了

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。取引を開始していない取引所もありますが、bitFlyerやbitbank.cc、BTCBOXなどでは送受金・取引ともに対応しているため、ほとんどのビットコイン保有者がBitcoin Cashを動かせる状況にあると思います。

Bitcoin Cashの価格推移

Bitcoin Cashの価格は上場後直後に高騰しました。一時10万円に近づき0.3BTC程の価格になりました。しかし、その後は暴落。2万円台まで下げ、8月10日現在3.5万円程で取引されています。coincheckとZaifの対応により更に下落するとも考えられていましたが、価格は変わっておらず安定して推移するようになっています。ちょうどビットコインの1割、0.1BTC程の価格です。

ビットコイン保有者が利益を得る結果に

Bitcoin Cashが誕生する前までは、ビットコインもBitcoin Cashも価格を下げ、現在のレートにあわせ9:1や8:2になるといった予想が目立ちました。しかし結果は、ビットコイン価格が20%程上昇し、Bitcoin Cashもプラスされ30%程の利益となっています。

・事前の予想
ビットコインのレート30万円にあわせ、ビットコイン27万円:Bitcoin Cash3万円など

・結果
ビットコインのレートは36万円以上、Bitcoin Cashが3万円以上になり、30%程の資産アップ

Bitcoin Cashの今後

Bitcoin Cashは誕生直後、ブロック承認に数時間かかっていましたが、難易度調整が進み1時間に3~4ブロック承認されるようになっています。これにより価格も落ち着いてきたということでしょう。もはやビットコインとの互換性はない別の仮想通貨になるわけですが、ビットコイン内部ではSegWit2xとコア開発者で2Mハードフォークの問題で対立しており、Bitcoin Cashはさまざまな思惑で利用されることになるでしょう。11月に予定される2Mハードフォークが近づくにつれ、動きが出てくると考えられます。

Bitcoin Cashの行方に注目

Bitcoin Cashは難易度調整が進み安定してきました。価格も安定し始めています。今後はビットコインに予定される11月の2Mハードフォークの対立によって、どのような動きを見せていくかに注目です。価格にも大きな変化が生じる可能性があります。

Bitcoin Cashを扱う主な取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


coincheck Zaif Bitcoin Cash

関連する投稿


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰を続けています。8月17日までは3万円台で推移していましたが、18日に7万円程まで高騰すると、19日には10万円を突破し11万円程まで伸びました。24時間単位での取引量はビットコインを超えています。


coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)でBitcoin Cashの取引が開始されました。これによりcoincheckでは13種類の仮想通貨が取引できるようになりました。国内では、主要な仮想通貨取引所がBitcoin Cashの取り扱いをしています。


bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、Fintech事業を開発・運営する法人・個人を対象に、投資育成を通じて支援する「Coincheck investment program」を開始したことを発表しました。1件当たり最大5,000万円程度を目安に投資を行うようです。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin