堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


イーサリアムの現状と今後

イーサリアムは2017年5月~6月にかけて高騰しました。4月に5,000円程だった価格は一時5万円に迫るほどになり、短期間で約10倍の高騰を演じました。高騰の理由としてはICOによるイーサリアム需要の高まりが挙げられます。実施されるICOの多くはイーサリアムでの投資が必要なためです。しかし、ICO実施後にプロジェクト側が調達したイーサリアムを大量に売却したり、ICOプロジェクトがハッキングにあったり、ビットコインの分岐騒動にも影響を受けたりし、7月は価格が暴落しました。

8月以降は堅調に推移

8月以降は仮想通貨相場が上昇しており、イーサリアムも堅調に推移している状況です。3段階目のアップデートとなるメトロポリスも9月下旬に実施される予定であることがわかりました。今後は少し上値が重い印象もありますが、出来高が減っているにも関わらず上昇しているため本格的な上昇トレンドに入っていく可能性はありそうです。

ライトコインの現状と今後

多くのアルトコインが5月~6月にかけて高騰し7月に暴落しましたが、ライトコインは毎月過去最高価格を更新し非常に安定している状況です。8月も一瞬でしたが、一時6,400円を超えて過去最高価格を更新しました。ビットコインの分岐問題における避難先になっていたという見方が多いですが、ビットコインの問題が落ち着いた後も堅調と言える推移となっています。

Bitcoin Cashの登場

ライトコインがビットコインの避難先として買われていたとすると、Bitcoin Cashの存在は今後の相場に影響を与えそうです。ビットコインはSegWitがアクティベートされSegwit2xがどうなるかという状況ですが、再び混沌とした状況になった場合ライトコインではなくBitcoin Cashが買われる可能性があります。ただ、ビットコインのSegWitアクティベートはライトコインにとって好材料でもあるためプラスに動くことも考えられるでしょう。

イーサリアムとライトコインを扱う取引所

イーサリアムとライトコインはcoincheck、bitFlyer、bitbank.ccで取引可能です。アルトコインを代表する存在のため、扱っている取引所も多くなっています。coincheckでは全13種類、bitFlyerでは5種類、bitbank.ccでは6種類の仮想通貨を取引できます。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitbank.ccの詳細はこちら

イーサリアムとライトコインの今後に注目

複数のアルトコインが数倍に高騰する中、イーサリアムとライトコインは堅調な推移となっています。今後どうなるかはわかりませんが、市場が反応しやすい状況になっており、両者の動向に注目が集まります。

関連するキーワード


イーサリアム ライトコイン

関連する投稿


ライトコイン(LTC)が連日高騰。2万円に迫る勢い

ライトコイン(LTC)が連日高騰。2万円に迫る勢い

ビットコインや他のアルトコインの高騰に隠れ、あまり目立っていない印象がありますが、ライトコイン(LTC)が高騰しています。12月8日まで1万円前後で推移していましたが、9日に1.9万円台まで急騰。現在も1.9万円前後で推移しており、2万円間近に迫っています。


GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインが10月25日からライトコインの取り扱いを開始しました。GMOコインでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次いで4通貨目の取り扱いとなります。これを記念し、スプレッド大幅縮小キャンペーンも開催されています。


ビットコインゴールドのハードフォークに伴うライトコイン(LTC)の動き

ビットコインゴールドのハードフォークに伴うライトコイン(LTC)の動き

ライトコインはビットコインキャッシュのハードフォークの際、ビットコインへの不安から買いが集まり、暴落するアルトコインの中で唯一上昇した仮想通貨でした。24日にビットコインゴールドがハードフォークしましたが、ライトコインの動きを振り返りたいと思います。


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


最新の投稿


アルトコインの短期売買に適した取引所は?

アルトコインの短期売買に適した取引所は?

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。日本では15種類程のアルトコインを取引することが可能です。ただ、アルトコインの短期売買に適した取引所はそれ程多くなく、取引所ごとの特徴を知ることが重要です。


ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行は、「デジタル通貨で生まれる新たな世界」をテーマとしたハッカソン「Fintech Challenge 2018-Color the world, color your life #MUFGCOIN-」を開催することを決定し、1月15日より一般募集を開始しました。


仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

2018年1月16日夕方から、仮想通貨相場が暴落しています。ビットコインは20%程、主要なアルトコインは30%前後下落している状況です。ロイターが報じた中国人民銀行副総裁の仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解がきっかけになっているかもしれません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin