ICO投資するなら必須?押さえておきたい海外取引所

ICO投資するなら必須?押さえておきたい海外取引所

ICOが海外を中心に活発化しており、ICO投資に関心がある方が増えていると思います。ICOはプロジェクトごとにトークンが発行されるわけですが、基本国内取引所に上場することはなく、海外のアルトコイン取引所が中心になります。つまり、ICO投資をしてトークンを売買するには、最終的に海外取引所を利用する必要があります。


ICO後、上場するのは海外取引所

企業やプロジェクトがICOを実施する際は、基本ビットコインやイーサリアムで投資をすることができます。そしてそのトークンを受け取ります。受け取る方法はプロジェクトによりますが、イーサリアムウォレット(MyEtherWallet)などが使われることが多いです。ただ、トークンを受け取ってもまだ売買することはできません。取引所にトークンが上場する必要があります。国内取引所にいきなり上場することはまずなく、海外のアルトコイン取引所が中心です。海外取引所に上場後、ウォレットからトークンを送金して売買が可能になります。

上場しないケースもある

全てのプロジェクト(トークン)が上場できるわけではありません。過去上場せずにうやむやになったプロジェクトは存在しています。こうなってしまうとトークンを売買できず、利益を期待することは難しくなります。ICOを実施するプロジェクトが増加しているため、今後上場できないリスクはさらに高くなるのではないでしょうか。

押さえておきたい海外取引所

ICOを経たプロジェクトがどこの取引所に上場するかはそれぞれですが、アルトコインを豊富に扱う取引所に上場する可能性が高く、あらかじめ口座を開設しておいた方がいいでしょう。以下、代表的な海外のアルトコイン取引所を紹介します。

Poloniex(ポロニエックス)

国内のユーザーも多い日本で最も有名な海外取引所ではないでしょうか。60種類程のアルトコインを扱っています。最近では分散型取引所プロトコルである0xやCivic、OmiseGOが上場しました。

Bittrex(ビットレックス)

Bittrexは200種類程のアルトコインを扱う取引所です。世界一のアルトコイン取引所と言え、Poloniexからポジションを奪いつつあります。ICOを経たトークンが最も上場する可能性の高い取引所と言えるかもしれません。

Liqui(リクイ)

Liquiは160種類程のアルトコインを扱う取引所です。ICOを経たばかりのトークンが上場することも多くなっています。イーサリアム建てで取引できるアルトコインが豊富な点が特徴です。

中国のアルトコイン取引所

中国のアルトコイン取引所では、BTER、Binance、Yunbiなどが有名ですが、中央銀行によるICO禁止により上場廃止のトークンが多数出ています。ただ、その後新たに上場しているトークンもあり、今後全く新規上場ができないといった状態ではなさそうです。

ICO投資するなら海外取引所の利用は必須

ICOを経たトークンがいきなり国内の取引所に上場することはまずなく、海外のアルトコイン取引所が中心になります。紹介した4つは中でも有名で利用者の多い取引所です。ICO投資をしてトークンを永遠に売却しないことはないと思うので、口座開設は必須と言えるでしょう。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」を運営する株式会社AMPLE(本社:東京都港区)は、2017年11月15日12:00〜11月30日11:59の期間中、AMPLE!コイン(ACO)のプレセールを開始します。12月5日からスタートするトークンセール時の約2/3の価格でACOを購入することができます。


金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

ICO(Initial Coin Offering)に関しては各国の規制当局が詐欺などの注意喚起を行っていますが、日本の金融庁からも10月27日に注意喚起が出されました。規制に関する内容にも触れられています。


ICO参加は長期的な視点も重要

ICO参加は長期的な視点も重要

ICOはInitial coin offeringの略で、実施する企業やプロジェクトが独自トークンを発行して世界中の人からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で出資をしてもらう仕組みです。ICOは上場後すぐに売り抜けることを考えがちですが、今後は長期的視点も重要になってくるでしょう。


COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO(トークンセール)は10月2日~11月6日まで開催されています。10月27日現在、調達額は約8,700万ドル相当に達し、100億円規模になりました。ICO史上トップ10に入る調達規模であり、注目度の高さが伺えます。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin