ICO投資するなら必須?押さえておきたい海外取引所

ICO投資するなら必須?押さえておきたい海外取引所

ICOが海外を中心に活発化しており、ICO投資に関心がある方が増えていると思います。ICOはプロジェクトごとにトークンが発行されるわけですが、基本国内取引所に上場することはなく、海外のアルトコイン取引所が中心になります。つまり、ICO投資をしてトークンを売買するには、最終的に海外取引所を利用する必要があります。


ICO後、上場するのは海外取引所

企業やプロジェクトがICOを実施する際は、基本ビットコインやイーサリアムで投資をすることができます。そしてそのトークンを受け取ります。受け取る方法はプロジェクトによりますが、イーサリアムウォレット(MyEtherWallet)などが使われることが多いです。ただ、トークンを受け取ってもまだ売買することはできません。取引所にトークンが上場する必要があります。国内取引所にいきなり上場することはまずなく、海外のアルトコイン取引所が中心です。海外取引所に上場後、ウォレットからトークンを送金して売買が可能になります。

上場しないケースもある

全てのプロジェクト(トークン)が上場できるわけではありません。過去上場せずにうやむやになったプロジェクトは存在しています。こうなってしまうとトークンを売買できず、利益を期待することは難しくなります。ICOを実施するプロジェクトが増加しているため、今後上場できないリスクはさらに高くなるのではないでしょうか。

押さえておきたい海外取引所

ICOを経たプロジェクトがどこの取引所に上場するかはそれぞれですが、アルトコインを豊富に扱う取引所に上場する可能性が高く、あらかじめ口座を開設しておいた方がいいでしょう。以下、代表的な海外のアルトコイン取引所を紹介します。

Poloniex(ポロニエックス)

国内のユーザーも多い日本で最も有名な海外取引所ではないでしょうか。60種類程のアルトコインを扱っています。最近では分散型取引所プロトコルである0xやCivic、OmiseGOが上場しました。

Bittrex(ビットレックス)

Bittrexは200種類程のアルトコインを扱う取引所です。世界一のアルトコイン取引所と言え、Poloniexからポジションを奪いつつあります。ICOを経たトークンが最も上場する可能性の高い取引所と言えるかもしれません。

Liqui(リクイ)

Liquiは160種類程のアルトコインを扱う取引所です。ICOを経たばかりのトークンが上場することも多くなっています。イーサリアム建てで取引できるアルトコインが豊富な点が特徴です。

中国のアルトコイン取引所

中国のアルトコイン取引所では、BTER、Binance、Yunbiなどが有名ですが、中央銀行によるICO禁止により上場廃止のトークンが多数出ています。ただ、その後新たに上場しているトークンもあり、今後全く新規上場ができないといった状態ではなさそうです。

ICO投資するなら海外取引所の利用は必須

ICOを経たトークンがいきなり国内の取引所に上場することはまずなく、海外のアルトコイン取引所が中心になります。紹介した4つは中でも有名で利用者の多い取引所です。ICO投資をしてトークンを永遠に売却しないことはないと思うので、口座開設は必須と言えるでしょう。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICOを実施する企業やプロジェクトが増加し、ICO投資が活発になっています。今や毎日のようにトークンセールが実施されている状況です。関心を持っている方も多いかと思いますが、どのような投資なのかしっかり理解して始めることが重要です。


AnyPay(エニーペイ)が国内最大級のICOConferenceを開催

AnyPay(エニーペイ)が国内最大級のICOConferenceを開催

AnyPay株式会社は、2017年10月5日(木)に仮想通貨による資金調達方法であるICO(Initial Coin Offering)に関するカンファレンス「ICO Conference powered by AnyPay」を開催することを発表しました。


中国のICO禁止の影響と各国の状況

中国のICO禁止の影響と各国の状況

9月4日、中国人民銀行が中国国内におけるICOの禁止を発表しました。過去ICOを実施した案件についても全て調査し、ICOで調達した資金の返金も求めています。結果、相場が下落するなど影響が出ましたが、現在の状況や各国の状況を整理したいと思います。


AnyPayがICOコンサルティング事業に参入

AnyPayがICOコンサルティング事業に参入

AnyPay株式会社は、2017年9月より仮想通貨による資金調達方法、ICO(Initial Coin Offering)のコンサルティング事業へ参入することを発表しました。併せて仮想通貨発行システムの提供も開始し、ICO実施に必要な全ての業務をワンストップで提供します。


エストニアが国家初のICO、エストコイン発行を検討

エストニアが国家初のICO、エストコイン発行を検討

エストニア共和国が国家による初のICOを検討しています。エストニアは世界的なIT先進国として知られており、オンラインで行政サービスや銀行手続きを行える「E-resident」を展開しています。エストコインを通じてE-residentの更なる成長を目指すようです。


最新の投稿


【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

仮想通貨価格のチャートは複数の時間足で見ることができます。1日足、4時間足、1時間足、30分足...などありますが、初めての場合は何を見て取引すればいいのか迷ってしまうものです。基本的な時間足の見方を紹介します。


ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICOを実施する企業やプロジェクトが増加し、ICO投資が活発になっています。今や毎日のようにトークンセールが実施されている状況です。関心を持っている方も多いかと思いますが、どのような投資なのかしっかり理解して始めることが重要です。


【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

9月20日の仮想通貨相場は緩やかな値動きになっています。昨日結構戻した分、少し下落している感じでしょうか。中国の問題で混乱していましたが、大分落ち着いてきた印象です。今後の仮想通貨相場はどうなるのでしょうか。


Zaifが出来高ランキング総額1億円キャンペーンを開催

Zaifが出来高ランキング総額1億円キャンペーンを開催

仮想通貨取引所のZaifで出来高ランキング総額1億円キャンペーンが開催されています。2017年9月19日(火)00:00より開始されており、総額1億円がなくなるまでの間開催されます。


SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングス株式会社が米運用会社CoVenture Holding Company, LLC(本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州)との間で、仮想通貨関連の様々な事業において協業して取り組んでいくことで覚書を締結したと発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin