GMOコインが「スプレッド300円DAY」を開催

GMOコインが「スプレッド300円DAY」を開催

仮想通貨取引所のGMOコインは、2017年9月5日(火)より週に1回、スプレッドが300円に縮小される「スプレッド300円DAY」を開催することを発表しました。ビットコインでのFX取引(仮想通貨FXでの取引)のスプレッドが縮小されます。


GMOコインが「スプレッド300円DAY」を開催

仮想通貨取引所のGMOコインは、2017年9月5日(火)より週に1回、スプレッドが300円に縮小される「スプレッド300円DAY」を開催することを発表しました。開催日はGMOコインホームページのトップページに掲載されるカレンダーで確認可能です。9月は5日、12日、19日、26日と全て火曜日に予定されています。スプレッドが縮小されるのは開催日の9:00~21:00となり、対象はビットコインでのFX取引(仮想通貨FXでの取引)です。

スプレッドとは

スプレッドは直訳すると「広がり」「幅」などの意味がありますが、売り値と買い値の差を意味する言葉です。当然スプレッドが狭い程利益を出しやすくなります。仮に10%スプレッドがあったすると、最低でも10%の価格変動がない限り利益を出すことはできません。GMOコインにおける仮想通貨FXの通常スプレッドは900円程です。

GMOコインの仮想通貨FX取引方法

GMOコインの仮想通貨FXはシンプルでわかりやすいです。Bid/Askの2way表示となっており、取引価格が明瞭です。最低0.001BTCから発注可能で最大25倍(原則5倍)のレバレッジが効かせられます。追証はなくロスカットルールのみ採用されています。ロスカット基準は証拠金維持率が75%以下です。売買手数料は無料で、レバレッジ手数料が0.05%/日発生します。

注文方法は、成行・指値・IFD・OCO・IFD-OCOの5種類から選べます。成行は約定優先、指値は価格指定でお馴染みですが、IFDは新規注文と決済注文を同時に出す注文方法、OCOは2つの注文(指値注文と逆指値注文)を同時に出す注文方法、IFD-OCOはIFD注文とOCO注文を掛け合わせた注文方法です。

GMOコインの「スプレッド300円DAY」を活用

GMOコインでは、2017年9月5日(火)より週に1回、スプレッドが300円に縮小される「スプレッド300円DAY」が開催されています。GMOコインの仮想通貨FXは外国為替証拠金取引(FX)と同じような感覚で取引ができるため、FXに慣れた方には使いやすいかもしれません。300円DAYでなくてもスプレッドは900円程度なので、安心して利用することができます。

GMOコインの詳細はこちら

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインが10月25日からライトコインの取り扱いを開始しました。GMOコインでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次いで4通貨目の取り扱いとなります。これを記念し、スプレッド大幅縮小キャンペーンも開催されています。


GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

仮想通貨取引所のGMOコインは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリを提供しています。仮想通貨取引所はアプリの提供をしていますが、レバレッジ取引はできないことが多く、GMOコインのアプリは珍しい存在です。


GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコインでは、2017年9月より「スプレッド300円DAY」を実施してきました。このキャンペーンが顧客から好評だったたため、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドが800円→300円に変更されます。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin