COMSAトークンのプレセールが開始

COMSAトークンのプレセールが開始

ICOプラットフォームCOMSAプロジェクトの第1弾として、10月2日からCOMSA自身のトークンセールが実施されますが、現在プレセールの受付が開始されています。プレセールは2017年9月20日14:00まで行われ、10万ドル以上から参加することが可能です。


COMSAトークンのプレセールが開始

ICOプラットフォームCOMSAプロジェクトの第1弾として、10月2日からCOMSA自身のトークンセールが実施されますが、現在プレセールの受付が開始されています。プレセールは2017年9月20日14:00まで行われ、10万ドル以上から参加することが可能です。プレセールでは20%のボーナスが付与されます。

10万ドル以上と参加のハードルが高いですが、10月2日以降のトークンセールでは購入下限がなく、いくらからでも参加可能です。

プレセールの流れ

COMSAトークンプレセール参加申請フォームから申込が可能です。申し込みにはCOMSA Token Sale Dashboardにて、COMSA IDの取得が必須となります。なお申込された方全員がプレセールに参加できるとは限りませんので注意してください。

COMSA Token Sale Dashboard

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=e2d8f23af16dc7201f654ef3f211ab22

- the ICO solution for centralized businesses to adopt blockchain technologies -

COMSA Token Sale Dashboardへの登録

COMSAプレセール参加申請フォーム

詳しい流れや注意事項は、上記「COMSAトークン プレセール参加方法のお知らせ」から確認できます。参加申請後、支払先アドレスと最低参加金額がメールで通知されますので、有効期限である48時間以内に最低参加金額以上を送金します。送金完了後、送金時のトランザクションIDと合わせてメールで返信し、プレセール購入証明書が発行されれば完了です。

注意事項

COMSAからも注意喚起がされていますが、購入後にトークン価格が上昇するとは限りません。COMSAのプレセールやトークンセールへの参加は、投資ではなくトークン購入であり、トークンの価格が購入価格よりも下がる可能性があります。また、COMSAのトークンを割引価格で買えるなど、有利な条件を謳った代行業にも注意喚起が出されています。詐欺行為の可能性もありますので、COMSAトークン購入の際は直接COMSAのプレセールかトークンセールに参加してください。

COMSAトークンのプレセールとトークンセール

COMSAトークンは10月2日から通常のトークンセールが開始されます。2017年9月20日14:00まで行われるのはプレセールです。プレセールは10万ドル以上からしか参加できません。そこまでの購入を考えていない場合は、通常のトークンセールまで待って購入するのがいいでしょう。当然どちらにも参加しない選択肢もありますので、さまざまな視点から検討した上で判断してください。

関連するキーワード


COMSA

関連する投稿


COMSAの登録者が15万人を突破。ZAIFトークンの取引高ランキングキャンペーンで付与も

COMSAの登録者が15万人を突破。ZAIFトークンの取引高ランキングキャンペーンで付与も

テックビューロが運営するICOソリューションCOMSAの登録者が15万人を突破しました。COMSAのホワイトペーパーダウンロード数も6万件以上を記録し、日に日に注目度が高まっています。また、ZAIFトークンの取引高ランキングに応じてCOMSAトークンが付与されるキャンペーンも開催されています。


千葉功太郎氏が「COMSA」のプレセールに100万USドル相当のビットコインを直接投資

千葉功太郎氏が「COMSA」のプレセールに100万USドル相当のビットコインを直接投資

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、個人投資家の千葉功太郎氏が「COMSA」のプレセールに100万USドル相当のビットコインを直接投資したことを発表しました。


COMSAトークンセールにおけるZaif利用者特典の予定

COMSAトークンセールにおけるZaif利用者特典の予定

国内大手仮想通貨取引所Zaifから、COMSAトークンセールへの特典についての現時点での予定と概要についての発表がありました。混乱のあったZAIFトークンに関する内容も発表されています。


NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabの3社は、ビットコインやXEM(NEM)といった仮想通貨に加え、テックビューロとそのICO顧客が「COMSA」ソリューションを用いて発行するトークンに対しても直接投資を開始することを発表しました。


テックビューロの「COMSA」、初日で登録者が1万人を突破

テックビューロの「COMSA」、初日で登録者が1万人を突破

2017年8月3日、テックビューロ株式会社はICOプラットフォーム「COMSA」を発表しました。大きな話題を集めましたが、初日でICOダッシュボード登録者が12,000人以上、COMSAホワイトペーパーのダウンロード数が7,000件以上にのぼったことがわかりました。


最新の投稿


【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

仮想通貨価格のチャートは複数の時間足で見ることができます。1日足、4時間足、1時間足、30分足...などありますが、初めての場合は何を見て取引すればいいのか迷ってしまうものです。基本的な時間足の見方を紹介します。


ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICOを実施する企業やプロジェクトが増加し、ICO投資が活発になっています。今や毎日のようにトークンセールが実施されている状況です。関心を持っている方も多いかと思いますが、どのような投資なのかしっかり理解して始めることが重要です。


【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

9月20日の仮想通貨相場は緩やかな値動きになっています。昨日結構戻した分、少し下落している感じでしょうか。中国の問題で混乱していましたが、大分落ち着いてきた印象です。今後の仮想通貨相場はどうなるのでしょうか。


SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングス株式会社が米運用会社CoVenture Holding Company, LLC(本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州)との間で、仮想通貨関連の様々な事業において協業して取り組んでいくことで覚書を締結したと発表しました。


仮想通貨の投資法5選。ローリスクからハイリスクまで

仮想通貨の投資法5選。ローリスクからハイリスクまで

仮想通貨はさまざまな投資方法があります。これから始める方は、どのような投資方法があるのかを知って、投資目的などに応じて自分に合う方法を選択するのがいいでしょう。ローリスクからハイリスクまで仮想通貨の投資法を5つ紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin