bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。


bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。

モナコインは国内で5社目の取扱い

モナコインは既にZaif、bitbank.cc、BitTrade、フィスコ仮想通貨取引所の4社が取扱いをしており、bitFlyerで5社目となりました。世界的に有数の取引所であるbitFlyerが取り扱うことで、取引量の増加が期待できそうです。

モナコインとは

モナコインは日本発の仮想通貨です。ライトコインを元に2013年に開発され、2014年から流通がスタートしました。巨大掲示板サイト2chから生まれた仮想通貨であり、掲示板内でチップのような役割もしています。モナコインが使えるサイトや店舗も多く、決済用仮想通貨として実需のある存在と言えるかもしれません。また、ビットコインで長年議論になっていたSegwitも実装しています。

bitFlyerでモナコインを取引する方法

bitFlyerにログインすると、「アルトコイン販売所」というメニューがあります。そこからモナコインを選択すると取引することが可能です。数量を入力すると価格が表示されますので、問題なければ「コインを買う」もしくは「コインを売る」を選択します。bitFlyerでは相対取引の販売所と取引所がありますが、モナコインは販売所のみで売買することができます。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

Zaifではイーサリアムの取扱いがスタートしました。Zaifはビットコイン、NEM、モナコイン、Bitcoin Cashに続いて5種類目の取扱いとなります。取引画面からETH/JPY(イーサリアムの日本円取引)、ETH/BTC(イーサリアムのビットコイン取引)を選択して取引することができます。

Zaifの詳細はこちら

各社が続々とホワイトリストの仮想通貨を取り扱うか

9月29日に金融庁から仮想通貨交換業者の登録が発表され、各取引所が扱う仮想通貨も公表されました。各取引所が扱う仮想通貨がホワイトリストという扱いになるため、今後各取引所が一斉に対応を始めるかもしれません。

関連するキーワード


bitFlyer モナコイン

関連する投稿


モナコイン(MONA)、底打ちし反転か

モナコイン(MONA)、底打ちし反転か

モナコイン(MONA)は、2017年に記録的な高騰を記録しました。年初2円台だった価格は12月に2,000円を突破しています。しかし、年末から下落が続いており、現在は300円~400円台で推移している状況です。強力なサポートラインに到達し、他の仮想通貨より早く底打ちした印象があります。


bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社と共同で、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始しました。bitFlyerは1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始すると代表の加納氏が発言し、リップルやNEMなどさまざまな仮想通貨が噂になっていました。


bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。米国事業開始に続く海外進出となります。


「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

大手仮想通貨取引所bitFlyerでスクウェア・エニックスとコラボした特別優待キャンペーンが開催されています。bitFlyerの「ビットコインをもらう」を経由して 「スクウェア・エニックス e-STORE」で買い物をすると、買い上げ金額の5%のビットコインがもらえる内容です。


最新の投稿


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で