ビットコインが過去最高価格を更新。57万円、5,000ドル突破へ

ビットコインが過去最高価格を更新。57万円、5,000ドル突破へ

2017年10月12日、ビットコインが過去最高価格を更新しました。日本円価格で58万円近くまで高騰し、ドル価格は5,000ドルを突破し5,200ドル程まで高騰しました。要因はさまざま考えられますが、ビットコインゴールドやSegWit2xの影響が大きいのではないでしょうか。


ビットコインが過去最高価格を更新

2017年10月12日、ビットコインが過去最高価格を更新しました。日本円価格で58万円近くまで高騰し、ドル価格は5,000ドルを突破し5,200ドル程まで高騰しました。現在も激しい値動きが続いており、60万円も視界に捉えています。前回過去最高価格を記録したのが9月2日でしたが、これまでの2ヶ月周期と違い、約1ヶ月で過去最高価格を更新したことになります。

ビットコイン過去最高価格更新の要因は?

要因はさまざまなところに求めることができますが、単純に考えると買われているからです。ビットコインが買われている一番の要因はビットコインゴールドやSegWit2xのハードフォークではないでしょうか。やはりビットコインキャッシュによる成功体験があること、次はその成功に乗りたい投資家が多いと考えられます。

その他のファンダメンタルズ的要因

他にも中国のICO禁止による混乱が落ち着き規制は一時的である可能性が高まっていることや、ゴールドマンサックスが仮想通貨取引に関心を持つなど機関投資家の参入が増加していることも影響しているかもしれません。

アルトコインの状況

12日はモナコインが高騰しているものの、主要なアルトコインに目立った動きはありません。これまでビットコイン高騰後にアルトコインが続く展開が見られましたが、今回はどうなるのでしょうか。ビットコインゴールドのハードフォークが予定されている10月25日まではビットコインに資金が集中しそうな印象があります。また、その後はSegWit2Xのハードフォークがある予定です。11月中旬頃に実行されそうですが、その状況によってはアルトコインに関心が向くまでに時間が掛かる可能性もありそうです。

今後のビットコイン価格に注目

ビットコインが約1ヶ月前に記録した過去最高価格を更新しました。仮にビットコインゴールドやSegWit2xの需要で価格が伸びているとすると、まだ期限まで時間があり、更に上昇する可能性もありそうです。ただ、ビットコインゴールドに関しては、主要な取引所が対応しない可能性も高く付与を受けるには海外のマイナー取引所を利用しなければならない可能性があります。

最新の投稿


GMOインターネット、本人確認を簡単・スピーディーに行える「KYC」を公開

GMOインターネット、本人確認を簡単・スピーディーに行える「KYC」を公開

GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第5弾として、「KYC」のオープンソースを2017年10月18日(水)より公開しました。


仮想通貨口座は複数社開設すべき?

仮想通貨口座は複数社開設すべき?

仮想通貨取引をするには取引所に口座開設する必要があります。何社使うかは人それぞれであり、1社に決めてもいいのですが、複数社開設した方が何かとメリットが多いです。今回は仮想通貨口座を複数社開設するメリットを紹介します。


【2017年10月19日】ビットコインの値動きが激しい、60万円割れから63万円へ回復

【2017年10月19日】ビットコインの値動きが激しい、60万円割れから63万円へ回復

10月19日の仮想通貨相場は値動きが激しい展開になっています。ビットコインは昨日の夜に60万円を割って57万円台まで下落しましたが、63万円まで急回復しています。Swellで注目されているリップルは連日下落となっています。


coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、10月25日にハードフォークが予定されるビットコインゴールドを付与すると発表しました。ビットコインの取引状況により付与される数量は異なりますが、基本保有しているビットコインと同数に近いビットコインゴールドが付与されます。


SBI、仮想通貨デリバティブ関連事業を展開する米BCause社(ビコーズ)へ出資

SBI、仮想通貨デリバティブ関連事業を展開する米BCause社(ビコーズ)へ出資

SBIホールディングス株式会社は、米国で仮想通貨のデリバティブ関連事業を行うBCause LLC社(ビコーズ)へ出資することを発表しました。出資比率は40%になります。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin