QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。0.001ETHはイーサリアムレートが3万円だとすると30円になるため、約150億円の調達が目標ということになります。

LIQUID(リキッド)とは

QUOINE LIQUIDプラットフォームは、世界中の流動性を集約した単一の取引プラットフォーム(ワールドブック)と、これに付帯する一連のサービス(プライム・ブローカレッジ)で構成されています。これらが一体となって世界で最高水準の流動性を提供し、新たなクリプト経済が提供する機会や富に誰もがアクセスできるようになります。

トークンであるQASHは、QUOINEが提供するあらゆるサービスを動かすための燃料です。QUOINEは既に、分散化プラットフォームに参入しようとしている金融機関やパートナー企業に対し、今後彼らが提供する又は既存の金融サービスにおいて推奨されるトークンとしてQASHを採用してもらうよう協議を行っています。QASHが支払いや送金をはじめとするさまざまな目的のために、金融業界およびその他の業界で幅広く利用される未来を思い描いているといいます。

LIQUID/QASHのICO(トークンセール)詳細

LIQUIDのICOは11月6日から11月30日まで実施されます。11月6日~9日は20%割引、11月9日~12日は10%割引、11月12日以降は通常価格での購入となります。トークンの配分は経営陣やQUOINEX株主が20%、コミュニティ・エコシステムが30%、販売が50%です。資金使途は流動性(50%)、開発(20%)、運営(15%)、リーガル・規制対応(15%)となっています。

現在QASHトークンの購入はQRYPTOSアカウントを通じてのみ可能ですが、日本に居住している場合はICOに参加することができません。日本法人であるQUOINE株式会社のQASH取り扱いに対して金融庁の許可があった場合、仮想通貨取引所であるQUOINEXを通じてQASHを購入可能とする予定です。

11月6日までに許可が下りればトークン購入可能

11月6日までにQASH取り扱いに対して金融庁の許可が下りれば、日本居住者もICO参加が可能になります。仮想通貨取引所QUOINEXを通じてQASHが販売される予定なので、気になる方は予め口座開設しておいてもいいかもしれません。

QUOINEXの口座開設はこちら

LIQUID(リキッド)のICOに注目

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。QUOINEXは仮想通貨取引所として実績があり、世界的に利用者も多いため、どのような結果になるか注目を集めそうです。

LIQUIDの詳細

関連するキーワード


QUOINEX

関連する投稿


QUOINE、ジブラルタル証券取引所グループと戦略的事業提携、欧州展開を発表

QUOINE、ジブラルタル証券取引所グループと戦略的事業提携、欧州展開を発表

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE株式会社およびその子会社であるQUOINE Pte Ltd.は、ジブラルタル証券取引所グループとの戦略的事業提携に関する基本合意を締結したと発表しました。また、同時に欧州展開を開始したことも発表しています。


QASHトークンの取引がスタート。ICO価格を大きく上回る

QASHトークンの取引がスタート。ICO価格を大きく上回る

2017年11月21日、QUOINEX(コインエクスチェンジ)でQASHトークンの取引がスタートしました。ICOで多額の資金調達に成功したため高い注目を集めていましたが、上場後価格はICO価格を大きく上回る結果になりました。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、QASHトークンの取引を11月21日から開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、QASHトークンの取引を11月21日から開始

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE株式会社は、先日完了したICOで発行したQASHトークンを2017年11月21日より「QUOINEX」および「QRYPTOS」にて上場することを発表しました。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設・本人確認・入金方法。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設・本人確認・入金方法。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本に本社を置きグローバルに展開する仮想通貨取引所です。ビットコイン・イーサリアム・Bitcoin Cashの現物取引に加え、レバレッジ取引も充実しています。今回はQUOINEXの口座開設・本人確認・入出金方法を紹介します。


仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」とは。特徴や評判を紹介。

仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」とは。特徴や評判を紹介。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本に本社を置きグローバルに展開する仮想通貨取引所です。元々はシンガポールに本社がありましたが、ジャフコなどからの資金調達をきっかけに本社機能を日本法人に移しました。QUOINEXの特徴や評判を紹介します。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で