Parityのイーサリアムウォレットにバグ。巨額のETHが凍結

Parityのイーサリアムウォレットにバグ。巨額のETHが凍結

Parityのイーサリアムウォレットにバグが見つかり、ウォレット内のETHが凍結されています。盗難や消失などの被害は確認されていませんが、凍結された金額は少なくとも60万ETH(約1億5000万ドル)に及び、影響が心配されています。


Parityのイーサリアムウォレットにバグ。巨額のETHが凍結

Parityのイーサリアムウォレットにバグが見つかり、ウォレット内のETHが凍結されています。盗難や消失などの被害は確認されていませんが、凍結された金額は少なくとも60万ETH(約1億5000万ドル)に及ぶようです。実際はより多額のETHが凍結されていると考えられます。

Parityの公式ツイートです。資金(ETH)は凍結されており移動は不可能な状態のようですが、凍結されているETHの総額についてはメディアの憶測と発表しています。

7月には153,000ETH(約34億円)が盗難

今回は盗難被害はないようですが、Parityでは7月に脆弱性をつかれ153,000ETH(約34億円)が盗まれる被害がありました。この件に関しては既にバグが修正されていますが、今回は修正後のコードに別のバグが含まれていたようです。

多方面に影響

この件により、多額のETHが凍結され移動できない状態となっています。つまりETHを売却したくてもできない状態です。相場にどの程度影響があるかは不明ですが、現在のETH価格は数%下落している状況です。また、ICOを実施したプロジェクトへの影響も懸念されます。調達した資金が使えないことになるため、開発の遅れなど少なからず影響が出るでしょう。

一刻も早い解決が望まれる

Parityのイーサリアムウォレットにバグが見つかり、ウォレット内のETHが凍結されています。多数の投資家やICOプロジェクトに影響が出ると考えられるため、一刻も早い解決が望まれます。凍結されているというもあり、相場への影響は限定的だと思いますが、ビットコインのSegWit2xのハードフォークも迫っており、難しい局面が訪れそうです。

最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で