Parityのイーサリアムウォレットにバグ。巨額のETHが凍結

Parityのイーサリアムウォレットにバグ。巨額のETHが凍結

Parityのイーサリアムウォレットにバグが見つかり、ウォレット内のETHが凍結されています。盗難や消失などの被害は確認されていませんが、凍結された金額は少なくとも60万ETH(約1億5000万ドル)に及び、影響が心配されています。


Parityのイーサリアムウォレットにバグ。巨額のETHが凍結

Parityのイーサリアムウォレットにバグが見つかり、ウォレット内のETHが凍結されています。盗難や消失などの被害は確認されていませんが、凍結された金額は少なくとも60万ETH(約1億5000万ドル)に及ぶようです。実際はより多額のETHが凍結されていると考えられます。

Parityの公式ツイートです。資金(ETH)は凍結されており移動は不可能な状態のようですが、凍結されているETHの総額についてはメディアの憶測と発表しています。

7月には153,000ETH(約34億円)が盗難

今回は盗難被害はないようですが、Parityでは7月に脆弱性をつかれ153,000ETH(約34億円)が盗まれる被害がありました。この件に関しては既にバグが修正されていますが、今回は修正後のコードに別のバグが含まれていたようです。

多方面に影響

この件により、多額のETHが凍結され移動できない状態となっています。つまりETHを売却したくてもできない状態です。相場にどの程度影響があるかは不明ですが、現在のETH価格は数%下落している状況です。また、ICOを実施したプロジェクトへの影響も懸念されます。調達した資金が使えないことになるため、開発の遅れなど少なからず影響が出るでしょう。

一刻も早い解決が望まれる

Parityのイーサリアムウォレットにバグが見つかり、ウォレット内のETHが凍結されています。多数の投資家やICOプロジェクトに影響が出ると考えられるため、一刻も早い解決が望まれます。凍結されているというもあり、相場への影響は限定的だと思いますが、ビットコインのSegWit2xのハードフォークも迫っており、難しい局面が訪れそうです。

最新の投稿


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

1月18日の仮想通貨相場は、昨日までの暴落から一転し急回復しました。ビットコインは一時100万円を割りましたが、140万円台まで回復しています。アルトコインは下落率の大きかった種類ほど回復率も高いのが特徴です。この回復は一時的なのでしょうか、それとも再び上昇に向かうのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin