bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。メール内のリンクをクリックすると、偽の類似サイトに誘導されるため、IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。


bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。不審な電子メールとは上記画像のようなものです。おそらく偽サイトに誘導させてパスワード情報などを盗むことが目的と思われます。IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。

メールの宛先を確認しよう

仮想通貨が普及にすればするほど、こうした迷惑メールは増加することが考えられます。被害に遭わないためには、宛先の確認を徹底することが必要です。例えば、bitFlyerであればお知らせのメールなどは「~@bitflyer.jp、~@bitflyer.com」のアドレスから送信されます。@以下がこのドメインでない場合は偽メールの可能性があるのでリンク先をクリックしてはいけません。他の取引所も@以下のドメインが合っているか確認してください。

クリックしてしまった場合

メールでは気づくことができず偽サイトにアクセスしてしまった場合も、ドメインを確認するようにしましょう。bitFlyerであれば、「bitflyer.jp」か「bitflyer.com」が公式のドメインです。同じドメインを取得するのは不可能なので、「bitflyer.jp」もしくは「bitflyer.com」になっているか確認しましょう。「.jp」「.com」以下に続くURLは関係ありません。最近はサイトを巧妙に作りこんでおり、中身だけでは判断できない場合があります。必ずドメインを確認してください。

パスワード情報などを打ち込んでしまった場合はパスワード変更を

今回の偽メールでパスワードなどの情報を打ち込んでしまった場合は、すぐにパスワード変更をすることをおすすめします。後は二段階認証が必要です。二段階認証を設定していれば、仮にパスワードが流出しても被害を防げる可能性が高いです。

今後増加する恐れ、不審な電子メールに注意を

金融系サービスは不審な電子メールやウェブサイトによってパスワードが盗まれてしまう被害が多いです。仮想通貨も今後こうした被害が増える可能性があります。メールであってもウェブサイトであってもドメインの確認を徹底すれば、被害を防ぐことが可能です。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社と共同で、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始しました。bitFlyerは1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始すると代表の加納氏が発言し、リップルやNEMなどさまざまな仮想通貨が噂になっていました。


bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。米国事業開始に続く海外進出となります。


「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

大手仮想通貨取引所bitFlyerでスクウェア・エニックスとコラボした特別優待キャンペーンが開催されています。bitFlyerの「ビットコインをもらう」を経由して 「スクウェア・エニックス e-STORE」で買い物をすると、買い上げ金額の5%のビットコインがもらえる内容です。


bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を1月中を目処に導入します。SFDとは、「Swap For Difference」の略称で Lightning FX に適用されます。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で