bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。メール内のリンクをクリックすると、偽の類似サイトに誘導されるため、IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。


bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。不審な電子メールとは上記画像のようなものです。おそらく偽サイトに誘導させてパスワード情報などを盗むことが目的と思われます。IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。

メールの宛先を確認しよう

仮想通貨が普及にすればするほど、こうした迷惑メールは増加することが考えられます。被害に遭わないためには、宛先の確認を徹底することが必要です。例えば、bitFlyerであればお知らせのメールなどは「~@bitflyer.jp、~@bitflyer.com」のアドレスから送信されます。@以下がこのドメインでない場合は偽メールの可能性があるのでリンク先をクリックしてはいけません。他の取引所も@以下のドメインが合っているか確認してください。

クリックしてしまった場合

メールでは気づくことができず偽サイトにアクセスしてしまった場合も、ドメインを確認するようにしましょう。bitFlyerであれば、「bitflyer.jp」か「bitflyer.com」が公式のドメインです。同じドメインを取得するのは不可能なので、「bitflyer.jp」もしくは「bitflyer.com」になっているか確認しましょう。「.jp」「.com」以下に続くURLは関係ありません。最近はサイトを巧妙に作りこんでおり、中身だけでは判断できない場合があります。必ずドメインを確認してください。

パスワード情報などを打ち込んでしまった場合はパスワード変更を

今回の偽メールでパスワードなどの情報を打ち込んでしまった場合は、すぐにパスワード変更をすることをおすすめします。後は二段階認証が必要です。二段階認証を設定していれば、仮にパスワードが流出しても被害を防げる可能性が高いです。

今後増加する恐れ、不審な電子メールに注意を

金融系サービスは不審な電子メールやウェブサイトによってパスワードが盗まれてしまう被害が多いです。仮想通貨も今後こうした被害が増える可能性があります。メールであってもウェブサイトであってもドメインの確認を徹底すれば、被害を防ぐことが可能です。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

大手仮想通貨取引所bitFlyerの代表取締役である加納氏が、多摩大学ルール形成戦略研究所が創設した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」に専門的助言をする技術アドバイザーとして参画しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカに続き欧州に進出することが日本経済新聞の報道でわかりました。ルクセンブルクに子会社を設立し、欧州連合(EU)各国でサービスを提供するようです。


「bitFlyer FX」とは。国内ビットコイン取引量の7割以上を占める

「bitFlyer FX」とは。国内ビットコイン取引量の7割以上を占める

大手取引所のbitFlyerには、Lightning FXというサービスがあります。通称「bitFlyer FX」と呼ばれ、証拠金を預入れ差金決済によるビットコインの売買が行えるサービスです。bitFlyer FXでの取引は、国内ビットコイン取引量の7割以上を占めています。


bitFlyer(ビットフライヤー)が顧客数100万人カウントダウンキャンペーンを開催

bitFlyer(ビットフライヤー)が顧客数100万人カウントダウンキャンペーンを開催

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、間もなく顧客数が100万人を突破することを記念し、カウントダウンキャンペーンを開催しています。記念すべき100万人目の顧客には、Nintendo Switchがプレゼントされます。


bitFlyer(ビットフライヤー)、ビットコイン決済で日本ユニシスと連携

bitFlyer(ビットフライヤー)、ビットコイン決済で日本ユニシスと連携

大手仮想通貨取引所のbitFlyerとシステム開発大手の日本ユニシスが仮想通貨ビットコインの決済サービスで連携することが日本経済新聞の報道でわかりました。2017年内に日本ユニシスの電子決済サービスでビットコインを利用できるようにするようです。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin