COMSAのCMSトークン。配布方法や時期、取引開始はいつ?

COMSAのCMSトークン。配布方法や時期、取引開始はいつ?

ICOプラットフォームCOMSAのICO(トークンセール)は、2017年11月6日に終了しました。総額で約110億円を調達し、大きな規模のICOとなりました。COMSAのCMSトークンの配布方法や仮想通貨取引所Zaifでの扱いについて紹介します。


COMSA「CMSトークン」のICOについて

テックビューロが運営するICOプラットフォームCOMSAのICO(トークンセール)は、2017年10月2日~11月6日まで開催されていました。プレセールで約30億円~40億円、トークンセールで約60億円を調達し、大きな規模のICOとなりました。CMSトークンはCOMSAが発行するトークンであり、COMSA上での2号案件以降のICOの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。

今後COMSAでは、米国VR/ARプラットフォーマー大手「CYBERLAB 9」、メタップスのタイムバンクのICO実施が確定しています。また、LooopやクリプトマイニングジャパンのICOも検討段階にあるようです。

CMSトークンの配布方法や時期

CMSトークンを受け取る方法は2つあります。「Zaif取引所で受取」または「各自のウォレットで受取」です。Zaif取引所での受取方法は後日発表すると記載があり、近い内にアナウンスがあるでしょう。ウォレットで受け取る場合は、「XEM mosaic、ETH ERC20」が取扱えるウォレットを用意する必要があり、代表的なものとしてMyEtherWalletやNano Walletがあります。アドレス登録可能時期は、11月中旬を予定しているようです。

CMSトークンの配布時期

トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しているようです。

CMSトークンの取引について

仮想通貨取引所 Zaifにて、CMSトークンの取扱い開始を予定しており、取引可能時期については11月末頃を予定しているようです。

CMSトークン購入者はZaif取引所への口座開設を

CMSトークン購入者は遅かれ早かれZaif取引所に口座開設することをおすすめします。受取はZaif取引所でなくてもできますが、売買するにはZaif取引所を利用する必要があるため、しばらくホールドを決めている場合を除けば、早めに作っておくのが賢明でしょう。口座開設は1週間~2週間程度は掛かってしまうため、早く売買したい場合はそろそろ準備を始める必要がありそうです。

Zaifの口座開設はこちら

CMSトークンの取引開始、今後のICOに注目

大きな注目を集めたCOMSA「CMSトークン」のICOが終了しました。取引開始となれば再び大きな注目を集めることになるでしょう。また、今後実施されるICOにも注目です。特にメタップスのICOは国内上場企業初のICOとなるため、仮想通貨市場以外での注目度も高まりそうです。

関連するキーワード


COMSA

関連する投稿


タイムバンクがCOMSAでのICOに合意。上場企業初のICOへ

タイムバンクがCOMSAでのICOに合意。上場企業初のICOへ

株式会社メタップスが運営する時間取引所「タイムバンク」が、テックビューロ株式会社が提供するCOMSAでのICO実施に合意しました。実施スケジュールは早ければ年内を予定しています。国内初の上場企業によるICOとなり注目を集めそうです。


テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

テックビューロ株式会社と、株式会社Looop、株式会社クリプトマイニングジャパンの3社は、それぞれの取引所、電力供給、仮想通貨マイニングのノウハウを持ち寄り、国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施します。また、LooopとCMJはCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画を発表します。


米国VR/ARプラットフォーマー大手「CYBERLAB 9」が2018年にCOMSAでICOを実施

米国VR/ARプラットフォーマー大手「CYBERLAB 9」が2018年にCOMSAでICOを実施

Zaif取引所やCOMSAを運営するテックビューログループは、「CYBERLAB 9」がインキュベートするvCommerceエンジン「VERSES」のICOを、2018年初頭に実施する事を発表しました。


COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO(トークンセール)は10月2日~11月6日まで開催されています。10月27日現在、調達額は約8,700万ドル相当に達し、100億円規模になりました。ICO史上トップ10に入る調達規模であり、注目度の高さが伺えます。


テックビューロ、CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

テックビューロ、CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

テックビューロは発行済みのZAIFトークン総数の25%と、COMSAのトークンセール終了後に発行予定のCMSトークン総数の33%について、エスクロー契約を用いたロックアップ(隔離)の計画を発表しました。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin