QUOINEX(コインエクスチェンジ)、QASHトークンの取引を11月21日から開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、QASHトークンの取引を11月21日から開始

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE株式会社は、先日完了したICOで発行したQASHトークンを2017年11月21日より「QUOINEX」および「QRYPTOS」にて上場することを発表しました。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、QASHトークンの取引を11月21日から開始

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE株式会社は、先日完了したICOで発行したQASHトークンを2017年11月21日より「QUOINEX」および「QRYPTOS」にて上場することを発表しました。金融庁(関東財務局)へQASHトークンをQUOINEXで取り扱うことに関する変更届出を提出し受理されています。

QASHトークンとは

QASHトークンはQUOINEが発行するトークンになります。11月6日から実施されていた仮想通貨取引の流動性を改善するためのプラットフォームであるLIQUID(リキッド)のトークンとして発行されました。 LIQUIDプラットフォームは、世界中の流動性を集約した単一の取引プラットフォーム(ワールドブック)と、これに付帯する一連のサービス(プライム・ブローカレッジ)で構成され、これらが一体となって世界で最高水準の流動性を提供し、新たなクリプト経済が提供する機会や富に誰もがアクセスできるようになります。

ICOでは数日で100億円以上を集める

11月6日から11月30日までの予定で実施されたLIQUID(QASH)のICOは、初日から購入が殺到しわずか3日で終了しました。130億円を集めたと発表されています。世界98か国、合計4,988名がQASHトークンを購入したようです。金融庁登録を受けた仮想通貨交換業者による世界初のICOでもあり、事前にシステム増強等を行った結果、頻発している大きなシステム障害・盗難もなく無事に完了しています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)について

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は既に金融庁登録を受けた仮想通貨取引所です。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの取引ができ、11月21日からQASHが加わることになります。ICO時の1QASH価格は約30円でしたが、上場後にどんな価格を付けるのでしょうか。日本ではCOMSAが注目を集めていますが、QASHはCOMSAよりも早期に100億円以上を調達しており、上場後も注目を集めそうです。

QUOINEXの詳細はこちら

今後の動向に注目

2017年11月21日より「QUOINEX」および「QRYPTOS」にてQASHトークンの取引がスタートします。価格がどうなるかわかりませんが、注目を集めることは間違いなさそうです。また、LIQUIDの開発や運営状況にも注目です。流動性は仮想通貨取引の課題であり、解決するようなプラットフォームになることを期待したいです。

関連するキーワード


QUOINEX

関連する投稿


QUOINE、ジブラルタル証券取引所グループと戦略的事業提携、欧州展開を発表

QUOINE、ジブラルタル証券取引所グループと戦略的事業提携、欧州展開を発表

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE株式会社およびその子会社であるQUOINE Pte Ltd.は、ジブラルタル証券取引所グループとの戦略的事業提携に関する基本合意を締結したと発表しました。また、同時に欧州展開を開始したことも発表しています。


QASHトークンの取引がスタート。ICO価格を大きく上回る

QASHトークンの取引がスタート。ICO価格を大きく上回る

2017年11月21日、QUOINEX(コインエクスチェンジ)でQASHトークンの取引がスタートしました。ICOで多額の資金調達に成功したため高い注目を集めていましたが、上場後価格はICO価格を大きく上回る結果になりました。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設・本人確認・入金方法。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設・本人確認・入金方法。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本に本社を置きグローバルに展開する仮想通貨取引所です。ビットコイン・イーサリアム・Bitcoin Cashの現物取引に加え、レバレッジ取引も充実しています。今回はQUOINEXの口座開設・本人確認・入出金方法を紹介します。


仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」とは。特徴や評判を紹介。

仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」とは。特徴や評判を紹介。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本に本社を置きグローバルに展開する仮想通貨取引所です。元々はシンガポールに本社がありましたが、ジャフコなどからの資金調達をきっかけに本社機能を日本法人に移しました。QUOINEXの特徴や評判を紹介します。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で