coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。30,000Satoshiはビットコインのレートが90万円だとすると約270円です。既に本人確認が完了している、かつ初めて二段階認証をキャンペーン期間中に完了した取引アカウントが対象になります。キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がありますが、2017年11月17日以降、期限は設けずに開催するようです。

二段階認証の設定方法

coincheckの二段階認証は、メニューの「設定」から「二段階認証」を選択することで設定することができます。iOSもしくはAndroidアプリの「Google Authenticator」をダウンロードしてください。「Google Authenticator」とはGoogleが開発した二段階認証を行うソフトウェアです。

ダウンロード後、「設定する」をクリックするとQRコードとセキュリティコードを入力する画面が表示されます。Google Authenticatorを開いて表示されているQRコードを読み取ってください。読み取るとGoogle Authenticatorに6ケタの数字が表示されますので、coincheckの画面に入力します。これで二段階認証の設定は完了です。

設定後はログイン時に数字を入力

二段階認証を設定した後は、coincheckログイン時に二段階認証のコードを入力する必要があります。coincheckのIDとパスワードを入力した後、Google Authenticatorを起動。Google Authenticatorに表示される6ケタの数字を入力してください。

二段階認証は必須

二段階認証は不正ログインを防ぐために欠かせないセキュリティです。二段階認証を設定するだけで不正ログインのリスクが大幅に軽減できます。まだ設定していない場合は、早めに対応することをおすすめします。なおcoincheckでは、不正ログインによって不正取引されたことによる損害を補償(最大100万円)してくれるサービスがありますが、二段階認証を設定していなければ対象外です。最初はコードを打ち込むのが少々面倒に感じるかもしれませんが、不正ログインはいつ起きてもおかしくないため、コードの打ち込みは必要な工程と割り切るしかないでしょう。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


コインチェック、進捗状況の開示やお問い合わせの多い内容を開示へ

コインチェック、進捗状況の開示やお問い合わせの多い内容を開示へ

仮想通貨NEMの不正流出があったコインチェックが、情報開示体制の改善を目的とし、都度の進捗状況の開示やお問い合わせの多い内容に関して、継続的にお知らせさせていただく取り組みを開始すると発表しました。


コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

2月13日20時からコインチェックが記者会見を実施しました。会見ではNEMの補償や仮想通貨の出金・売買再開の時期に関する具体的な言及はなかったものの、目途は立っていると発表されました。


コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

2月13日、コインチェックの日本円出金が再開されましたが、金融庁からの業務改善命令に係る報告書も提出したことを発表しました。また、本日20時から同社で記者会見も行われる予定です。


コインチェック、2月13日に日本円出金再開へ

コインチェック、2月13日に日本円出金再開へ

仮想通貨NEMの不正流出事件を受けて一部機能を停止しているコインチェックが、2月13日に日本円出金を再開すると発表しました。なお仮想通貨の取引や出金に関しては、技術的な安全性等の確認・検証を行なっているため、安全性が確認でき次第再開する予定です。


コインチェックの仮想通貨流出に北朝鮮が関与?

コインチェックの仮想通貨流出に北朝鮮が関与?

韓国の国家情報院(NIS)は、コインチェックから仮想通貨NEMが不正流出した事件で、北朝鮮のハッカーらが画策した可能性を調査し始めたとBloombergが報道しました。北朝鮮が関与した証拠は今のところないようです。


最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で